働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 24928

【ベビーガード・ベビーゲート】選び方をポイント別にまとめてみました!

ハイハイやつかまり立ちをし始めたら、ママは心配で仕方がありませんよね。家事をしながら育児をすると1日中気が休まりません。そこで、おすすめの赤ちゃん用ベビーガードと選び方のポイントをまとめました!

赤ちゃん用ベビーガードの種類と選び方

baby

ベビーガードは「扉の有無」「素材」「機能性」で大きく3つの種類に分けられます。扉があるものがベビーゲート、扉が無いものがベビーフェンスです。どちらを選ぶかは、大人が扉を開けて通るか、またいで通るかによって変わります。

ベビーガードの素材には天然木、プラスチック、金属などがあり、材質によって見た目が大きく変わります。選ぶ際には、取り付け場所の壁や床などに合わせて、違和感のない素材を選ぶようにします。

最後に機能性ですが、設置場所周囲のスペースによって、引き戸にするか前後どちら向きに扉を開けるかなどが決まります。ロックの強度は何歳まで使うかによって変わるため、いつまで使うかを考えたうえで必要な機能の付いたものを選びましょう。

「ベビーフェンス」と「ベビーゲート」それぞれのチェックポイント

「ベビーフェンス」と「ベビーゲート」のどちらを選ぶかは、大人が通る時に扉を開けて通るのか、またいで通るのかということで決まります。ですから、どこに設置するかによって選び分けましょう。

「ベビーフェンス」は赤ちゃんを危険な場所に近寄らせないようにするためには便利ですが、パパやママが赤ちゃんを抱っこしたまま何度も出入りするような場所に設置すると危険です。ですから、キッチンの出入り口に設置するなら「ベビーフェンス」、階段の上などに設置するなら扉を開け閉めして通る「ベビーゲート」を選ぶというような使い分けが重要です。

また、「ベビーゲート」を選ぶときは扉の向きと可動範囲に注意が必要です。扉がどちらにどのくらい動くかを考えて安全に使えるものを選びましょう。

①【横にスライド!スルする~とゲイト!】

ga-do2
日本育児 nihonikuji ベビーゲート スルする~とゲイト

【横にスライド!スルする~とゲイト!】は、巻き取り式のロールネットを採用しているため、115cmまでであればどんな広さの場所でも取り付けられます

ロックを外したいときは、タイマーロックのボタンを押したまま横にスライドさせて8秒間だけロックを解除します。大人なら簡単に開けられるロックですが、小さい子どもの力では開けられない作りになっているため安心です。

ロールネットは斜めにも引き出すことができるため、間口が斜めになっているせいで他のベビーゲートが設置できないような場所にも取り付けることができます。また、足元に段差を作らずに設置できるため、赤ちゃんを抱っこしたまま通るような場所や、階段の上などに設置してもつまずく心配がない点も魅力的です。

②扉開閉タイプ!【ベビーズゲイトホワイト】

ga-do4

日本育児 nihonikuji ベビーゲイト ベビーズゲート ホワイト

とても取り付けやすい扉開閉タイプのベビーガードです。【ベビーズゲイトホワイト】は、赤ちゃんがいる明るいお部屋にぴったりなホワイトカラー。そして余計な素材を使っていないスチール製のベビーガードです。

開けた後は自動で閉まるオートゲートタイプなので、赤ちゃんを抱っこしたまま通り抜けると勝手にしまってくれます。片手で扉は簡単に操作ができるのも、ママにはうれしいポイントです。それだけ簡単に開いたら赤ちゃんも簡単に開けてしまうのでは?と心配されるかもしれませんが、ダブルロックシステムが装備されているのでご安心を!

ペット用として使う方や、リビングとキッチンの扉を外して使っているママさんもいます。いろんなシーンで活躍してくれる便利なベビーゲートです。

③自動で閉まる!【オートバックウッドベビーゲート123】

ga-do3

カトージ ウッドスルーオートゲート S ナチュラル 63840

【オートバックウッドベビーゲート123】は、安心・安全・便利の3つを重視して作られたベビーガードです。
オートクローズ機能が付いているため、ラクに開け閉めできる上に、閉め忘れの心配がありません。しかも、ワンタッチで開閉できるのでストレスなく出入りができます。扉が前にも後ろにも開くので、通り抜けに手間がかかりません。
左右の壁に突っ張る形で設置するため、壁や柱に傷をつけなくて済むのも魅力。別売りの拡張フレームを使用すれば、設置場所の広さに合わせることも可能です。
定番の茶色カラーから、ホワイト×ブラック、ブラック×ブラックなどシンプルでかっこいいデザインもあるので、赤ちゃんがいてもおしゃれな部屋にしたいと考えている方におすすめです。

④自立タイプ!【おくだけとおせんぼ】

ga-do1

日本育児 おくだけとおせんぼ Mサイズ

【おくだけとおせんぼ】のスマートワイドタイプは、テレビボードの周りなどにガードを置くことで、テレビや観葉植物など触らせたくない物から赤ちゃんを守ります。
最大90度まで曲がるジョイントロックで、3つのガードの角度を自由に決めて、囲いたいところだけ囲うことができます。サイドスタンドが採用されているので、安定感もあります。

カラーはブラウンドットとライトグレードット2種類です。中央はメッシュ生地が張られているため、通気性が良く中も見やすいベビーフェンスです。

⑤自立タイプ!持ち運び可能な【ちょっとおくだけとおせんぼM】

ga-do

日本育児 おくだけとおせんぼ Mサイズ

【おくだけとおせんぼ】は自立タイプのベビーガードでいろんな種類がありますが、こちらのタイプは持ち運びが可能で、自立してガードしてくれるタイプになります。生活シーンに合わせて、必要な時にちょっと置くだけで使えて便利です。もちろん持ち運んで、赤ちゃんの危険に寄り添うこともできます。

おすすめポイントは「使いたい場所に設置できること」「折りたたみができて収納が簡単なこと」「中央のネットがメッシュ生地になっていて、見通しが良く通気性も良いこと」の3つです。
ベビーガードはそれ自体の重さで安定して自立しているので、子供がガードにつかまって立っても倒れる心配がありません。つかまり立ちを始めた赤ちゃんがいる家庭におすすめです。

⑥幅調整タイプ!【スマートゲイト2】

tobira

日本育児 nihonikuji ベビーゲート スマートゲイトII Smart Gate 2

「スマートゲイト2」は、両開きの扉で出入りがとても楽だと人気です。扉を開けたままにすることが可能で、拡張フレームを使えば取り付けたい場所のサイズに合わせることもできます。取り付けは幅木にも対応しています。
ダブルロックで赤ちゃんが勝手に開けることもなく、ステップカバーでつまずきも防止します。扉の開け閉めはとても簡単で、ロックスイッチをスライドして解錠したら扉があきます。扉をしめたらカチっとロックがかかるので、ロックスイッチをしめたら終わりです。いずれも片手で開閉できます。
落ち着いた茶色とベージュはどんな部屋でもマッチするため設置場所を選びません。扉の前、キッチンまでの間に、廊下に、階段の登り口に。どんな場所でも使えます。

⑦広々ガード!【キッズパーテーション】【木製ワイドゲイトウッドピア】

gado6
日本育児 nihonikuji ベビーゲート キッズパーテーション

【キッズパーテーション】という、カラフルなプラスチック製のベビーガードがあります。部屋の雰囲気に合わせて選べるので、しっかり頑丈に設置して安全性を高くしたいという方におすすめです。
【木製ワイドゲイトウッドピア】は、しっかり取り付けられるソケット付きの頑丈なベビーガード。ダブルロックシステムが上下についているので、赤ちゃんが勝手に開け閉めをすることはできません。また、扉をあけたままにできるドアなので出入りも楽々です。

⑧ベビーサークルになる!【自立型スーパーワイドゲイト】

ga-do6

日本育児 スーパーワイドゲート

【自立型スーパーワイドゲイト】は、最大で横幅が358cmまで広がるワイドサイズのベビーガードです。扉が付いていますが、好みの幅に調節して使えるため、ベビーフェンスとしてもベビーサークルとして活用できます。

表面がメッシュネットでできているので、仲が良く見え、子供の様子を簡単に確認でき点も安心です。
中央部分にはワンタッチで開閉できる扉が付いているので、大人も簡単に出入りできます。持ち運びもできるため、家中どこでも大活躍してくれます。

まとめ

いろんなタイプのベビーガードがありましたが、ベビーガードは置き場所や用途によって合うものと合わないものがあります。赤ちゃんが過ごす部屋、ママが家事をする部屋、赤ちゃんを入れたくない場所などを実際によく見て、ガードを置いたときのイメージを頭に思い描いてみると、使い勝手のよいベビーガードを選べるはずです。赤ちゃんが過ごす場所にはどんな危険があるのかをよく考えて、お店で実物の使い勝手を確かめながら選ぶようにするとよいでしょう。

ママプラ編集部

ママプラ編集部は全員ママとパパ。子供たちと過ごす日常をより面白くしたいと日々考えています。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事