働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

544

働くママが覚えておきたい!白スニーカーを綺麗に保つためのコツ

仕事や育児、家事などで忙しい働くママは、頻繁にスニーカーを洗えるわけじゃないですよね?とくに汚れが気になるのが白スニーカー。春になると履きたい衝動にかられるのに、汚れやすいから避けている方も多いのでは?実は白スニーカーをいつまでも綺麗に保てる方法があるんです!洗う頻度が少なくても済む方法を3つ紹介します。

対策1・買ったら直ぐに防水スプレーをかける!

065_1

出典:http://weheartit.com/

新品の白スニーカーを買ったら、履く前にまず防水スプレー。防水スプレーは梅雨時や冬のみしか使っていない方も多いはず。実は撥水機能を高めるだけでなく、汚れも付着しにくくする効果があるんです!

防水スプレーは靴から15cmほど離して使用し、全体にいき渡るようにかけてください。近すぎたり、量が多いとシミになり目立つことがあるため注意しましょう。

防水スプレーは使用したら1晩寝かせること。そのほうがニオイが取れます。そして頻度は基本1週間に一度が目安です。

対策2・ベビーパウダーを振りかけておく

065_2

出典:https://www.instagram.com/

キャンパス生地の白スニーカーにはベビーパウダーが有効です。付属のパフを使い生地の部分に馴染ませておくと、粉が繊維の中に入り込み汚れ防止になるんです。泥汚れが付着するのを防ぐため、子供と一緒に公園に出かけるときにも便利ですね。

ベビーパウダーは色がついていないためスニーカーの上から直接つけても大丈夫です。付着させたら余分な粉をよく落として出かけましょう。ベビーパウダーなら肌が弱い人でも使えます!

対策3・履いたらブラシをかけておく

065_3

出典:https://www.instagram.com/

白スニーカーを履く人なら靴ブラシを1つは持っておきたい。普段靴が汚れる原因で多いのが泥やホコリですよね。付着したらその都度落としておくのが一番の対策になります。靴ブラシを持っていない方は歯ブラシでも代用できます。

靴ブラシを選ぶ場合は毛先がやわらかい天然毛のものがおすすめ。毛を生地に当ててブラッシングしておくと、繊維の間に入り込んだホコリや泥汚れが除去できます。履いたらブラシをかける習慣をつけて。

まとめ

白スニーカーの汚れ防止対策はどれも簡単ですから、新しい靴を買ったら試してみてくださいね。防水スプレーはプロも採用する方法なんですよ。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事