働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 14408

【調理師ママが教える】オーブン不要の甘くないケーキ「スモーガストルタ」

【スモーガストルタ】は北欧で特別な日のおもてなし料理として作られる伝統料理。切り口もカラフルで見た目はデコレーションケーキのようですが、実はサンドイッチ!甘いものではなく、食事としていただくのが基本です。
オーブンなどの機器や難しいテクニックも不要なので手軽にトライできます。今年のバレンタインに、おしゃれなサンドイッチケーキ【スモーガストルタ】はいかがですか?

【サンドイッチケーキ】の材料と作り方

sc02

材料 <約9×20×高さ8cm1台分>

食パン(8枚切り)8枚

★チーズクリーム
・クリームチーズ 300g
・マヨネーズ 大さじ2
・レモン汁 大さじ1

★えび&スプラウト
・むきえび 120g
・バター 小さじ2
・塩、こしょう 各少々
・ブロッコリースプラウト 1パック

★卵サラダ
・ゆで卵 3個
・玉ねぎ(みじん切り)大さじ2
・マヨネーズ 大さじ11/2
・塩、こしょう 各少々

★きゅうりサラダ
・きゅうり 2本
・塩 小さじ1/4
・マヨネーズ 大さじ1
・ベビーリーフ 適量
・パプリカ(黄・オレンジ)各1/4個

①チーズクリームを作ります。
クリームチーズは常温(室温)に戻して柔らかくしてから練りましょう。マヨネーズとレモン汁を加えて混ぜ合わせます。

②えびを炒めます。
えびはあれば背わたを除いて塩、こしょうをふり、熱したフライパンにバターを溶かして炒めます。

③卵サラダを作ります。
ゆで卵はフォークでくずします。
玉ねぎはみじん切りにしてふきんで包み、そのまま水の中でもみ洗いして水気を絞ります。
マヨネーズで和え、塩、こしょうで味を調えましょう。

④きゅうりサラダを作ります。
きゅうりは薄い輪切りにして塩をまぶし、10分ほどおいてしんなりしたら水気を絞ってマヨネーズで和えてください。

⑤組み立てます。
食パンの耳を落とします。
長方形になるように2枚並べ、チーズクリームを薄く塗ります。

mamapla20170103

⑥②のえび(飾り用に少し残しておく)とスプラウトを均等にのせ、新たな2枚のパンの両面にチーズクリームを薄く塗って上にかぶせましょう。

sc04

⑦重ねていきます。
卵サラダ→パン→きゅうりサラダ→パン(一番上のパンは片面のみチーズクリームを塗る)の順に重ねていきましょう。

sc05

⑧冷蔵庫で寝かせます。
ラップをかぶせて、バットなど軽い重石をのせ、冷蔵庫で30分間〜1時間寝かせます。

⑨チーズクリームを上面と側面に塗ります。

sc06

⑩えび、ベビーリーフ、パプリカのみじん切りを飾ります。
1時間ほど冷蔵庫で冷やし、クリームが落ち着いたら、切り分けて完成です!

sc07

スイーツ系がお好みの方には【 フルーツサンドイッチケーキ】

sc08

サンドイッチ用の食パンで、フルーツ(いちご、オレンジ、キウイフルーツ)と8分立てに泡立てた生クリーム(1カップに対して砂糖大さじ1加えたもの)をサンドしました。
生クリームの半量を、マスカルポーネチーズに置き換えるとさらに深みのある味わいに、逆に水きりしたヨーグルトを※に置き換えると、さっぱりと仕上がります。

※ボウルにザルをのせてペーパータオル(不織布タイプ)を敷き、プレーンヨーグルト1カップを入れてラップをし、冷蔵庫に一晩おいたもの

子供と一緒に【ハートサンドケーキ】

sc90

サンドイッチ用の食パンをハートの抜き型で抜き、それぞれチョコレートクリーム、泡立てた生クリーム、ジャム、クリームチーズを塗り、順に重ねます。
チョコレートクリームは市販のものでも構いませんが、簡単に手作りできます。

「チョコレートクリーム」の作り方

①生クリーム1/4カップを耐熱ボウルに入れて、ラップをかけずに電子レンジ20〜30秒で沸騰直前まで加熱します。

②製菓用チョコレート(スイート)または一般の板チョコレート(ブラック)50gを刻んだものを加えて、3分ほどおきます。

③チョコレートが柔らかくなったら、ゴムベラで全体を混ぜてなめらかにしましょう。
ピーナッツバターぐらいの固さを目安に、冷蔵庫で20〜30分冷やし、ゴムベラで全体をよく混ぜれば完成です。

サンドイッチケーキ作りのポイント

sc01

■パン
サンドイッチ用のパンは焼き立てよりも半日〜1日おいた方が、パンが落ち着いていて切りやすいです。

■油脂
パンにバターやマヨネーズ、クリームチーズなどの油脂を塗ってコーティングすることにより、野菜などの水分がパンにしみ込むのを防ぎます。
また、パンと具材を密着させ、風味を高める効果もあります。

■具
時間が経っても美味しさが変わらないように、野菜の水気をしっかりきること。具は切り口の彩りや切りやすさをイメージして並べ、パンと馴染むようにおきます。

■切り分け
・サンドイッチを切り分ける包丁はパン切り包丁よりも刃先が長く、よく切れる包丁の方がベター。パン切り包丁は刃が波打っているため、具がずれやすいです。

・包丁の刃先を少し立てるようにして入れたら、包丁を前後に小さく動かしながら手前に引くようにして切り、包丁が汚れたときはそのつどペーパータオルでふきながら切るときれいに切れます。表面がクリームでデコレーションされているものは、包丁を熱湯につけて温めて切るとなおよいですね。

まとめ

具や形、大きさなどにも決まりはありませんので、お好みに合わせたオリジナルのサンドイッチケーキで食卓を飾ってみてはいかがでしょうか。甘いものが苦手なパパへのバレンタインのプレゼントにも喜ばれそうですね。

Kyoko Takamatsu

管理栄養士・調理師・製菓衛生師。調味料メーカーでのメニュー開発の経験を活かし、現在はレシピ開発や栄養コメント執筆の他、調理師専門学校や料理教室で講師を務める。自宅にて少人数制の料理教室を主催。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事