働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 792

パティシエ絶賛!1000円台で本格派「デパ地下バレンタインチョコ」3選

日テレ『ヒルナンデス!』で紹介されたデパ地下で購入できる義理チョコ価格の本格派チョコに加えて、2017年注目のデパ地下チョコもまとめてご紹介しちゃいます。まだバレンタインの準備をしていない方も必見ですよ!

プロがおすすめ!デパ地下チョコ

先日の日テレ『ヒルナンデス!』の放送では、もうじきバレンタインということで、プロのパティシエいちおしのチョコレートを特集していました。 高島屋、大丸東京などのデパ地下で購入できる義理チョコ価格の本格派チョコをテーマに、全部で3つの商品が紹介されていたのですが、みなさんはご覧になられましたか?プロがおすすめする厳選品ということもあり、スタジオ内でも出演者が実際に試食をして大好評だったようです。 今回ははそれらのチョコレートをひとつひとつご紹介していきたいと思います。まだバレンタインの準備をされていない方は必見です。ぜひご参考にどうぞ!

武藤修司シェフのおすすめは?

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ内の「ドーレ」でペストリーシェフを務める武藤修司シェフ。2006年にはお菓子のワールドカップとも言われる「ワールド・ペストリー・チャンピオンシップ」で準優勝に輝いたトップレベルのパティシエです。 素材にこだわったさまざまなペストリーだけでなく、バレンタインの時期にはシェフオリジナルのショコラも取り扱っています。シンプルなルックスとは裏腹に、複雑な味が絡み合う濃厚で高品質な仕上がりのチョコレートが自慢です。そんな彼がおすすめするのは……?

ジャン=ポール・エヴァン「タブレット レ キャラメル カンカン」

出典:www.instagram.com

「タブレット レ キャラメル カンカン」897円

「ジャン=ポール・エヴァン」は、フランスパリ発祥の人気ショコラブランドで、高級チョコレートブームのパイオニアとしても有名なお店です。日本には2002年に初上陸を果たし、伊勢丹新宿に本店を構えています。 その年のテーマがチョコレートの裏側に描かれているのが特徴で、今年のテーマはずばり「フレンチタッチ」とのこと。武藤シェフおすすめの「タブレット レ キャラメル カンカン」には、フレンチ カンカンを踊るダンサーがチョコレートの裏面にあしらわれており、「生きる喜び」を表現しているそうです。
バターとキャラメルの風味が香るミルクチョコレートをベースに、ノワムティエール産の塩がほのかにアクセントとなった一品。スタジオで試食をした小島瑠璃子さんの感想は、「塩の食感も感じる!おいしーです!」とのことでした。

辻口博啓シェフのおすすめは?

自由が丘にある人気パティスリー「モンサンクレール」のオーナーシェフを務めるのが辻口博啓氏。数々の大会で華々しい受賞歴を誇り、世界の注目を集めているトップパティシエのひとりです。 旬のフルーツや世界各国の食材を使用した多種多様なガトーが自慢で、お店には常時150種類を超えるアイテムが並んでいます。シェフは和菓子屋で生まれ育ったということもあり、和の素材を使用したお菓子作りでフランス菓子界に革命を起こしたカリスマでもあります。 そんな彼がおすすめするのは……?

レザベイユ「レザベイユ・ショコラ」

出典:www.instagram.com

「レザベイユ・ショコラ」1,512円

そんな辻口シェフが太鼓判を押すいちおしのチョコレートが、パリに本店を構えるハチミツ専門店「レザベイユ」の「レザベイユ・ショコラ」。表参道のショップでは「レザベイユ」の全商品を取り扱っているそうですが、横浜タカシマヤなどのデパ地下でも一部商品を購入できるそうです。

「レザベイユ・ショコラ」は日本のバレンタインの時期だけに作られるオリジナルショコラで、フランス産の高品質なハチミツを惜しげもなく使用した贅沢な一品。西洋ひまわり・アカシア・木いちごの3種類のハチミツが入ったチョコレートの詰め合わせになっています。 番組内で試食の権利をゲットしたハリセンボンの箕輪はるかさんは、ひと口かじった瞬間「中がとろっとしてハチミツの甘みとチョコの甘みが...アイツにあげよう!」と豪語。SNSによるとお口の中でゆっくりと溶かして食べるのもおすすめだそうです。

高木康政シェフのおすすめは?

世田谷区深沢にある「ル パティシエ タカギ」のオーナーシェフ・高木康政氏は、世界的に有名な日本を代表するパティシエです。ヨーロッパでもっとも権威のあるコンクール「ガストロノミック アルパジョン」を日本人最年少記録で優勝するなど輝かしい経歴の持ち主でもあります。 そんな高木シェフは、日本人パティシエで唯一カカオ豆の選別のみならず、調合・焙煎方法まで全てをプロデュース。彼が作り出すオリジナルショコラは世界を知っているからこその至極の逸品ばかりで、そのクオリティの高さに根強いファンも多いそうです。 そんな彼がおすすめするのは……?

ラ・メゾン・デュ・ショコラ「トリュフプレーン」

出典:www.instagram.com

「トリュフプレーン」982円

ヨーロッパ中のショコラを食べ歩いたという高木シェフのおすすめは、フランスを代表するチョコレート専門店「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」からノミネート。ブランドを取り仕切るニコラ・クロワゾー氏は、日本で言うところの人間国宝にあたる逸材だそうです。 高木シェフが自分のチョコレートよりもおいしいと語るこちらの「トリュフプレーン」は、滑らかな口どけのガナッシュムースをパリッとした食感のダークチョコレートでコーティングした一品。仕上げに香り高いカカオパウダーをまぶした究極のショコラです。

仕込みから保存まで20℃以下に保つよう、徹底した品質管理の元に作られているというこだわりのチョコレート。試食できたラッキーなゲストはまたまた箕輪はるかさんだったのですが、「口どけがとろっとしてる!」と笑顔で頬張っていました。

※今回ご紹介した「トリュフプレーン」は通販での販売が終了しています

今年注目!デパ地下バレンタインチョコ

番組で紹介されたチョコレート以外にも、デパ地下で購入できるおすすめのバレンタインチョコをいくつかご紹介しておきたいと思います。今年注目の商品が目白押しなので、こちらも合わせてチェックしておいてくださいね。

アルノー・ラエール「ショコラ・アソート グランショコラ」

出典:www.instagram.com

「ショコラ・アソート グランショコラ」2,916円

モンマルトルにある人気パティスリー「アルノー・ラエール」。カラフルな作品が持ち味のショコラティエですが、今回おすすめするのはシンプルなフォルムの「ショコラ・アソート・グランショコラ」。 世界各国から厳選した6種のカカオを使用し、それぞれの国の特徴を生かしたボンボンガナッシュの詰め合わせです。よーく見るとチョコレートには1から6までナンバーが振ってあり、この順番に食べていくことでそれぞれのカカオの産地を旅しているような気分になれるとのこと。

ペルー産、サオトメ産、アンドネジ(インドネシア)産、コロンビア産、ベネズエラ産、マダガスカル産のカカオを使用したショコラがラインナップしています。

セバスチャン・ブイエ「ショコラ・ア・マキエ」

出典:www.instagram.com

「ショコラ・ア・マキエ」2,484円

菓子職人の国際協会「ルレ・デセール」のメンバーで、今注目されているパティシエ兼ショコラティエの一人でもある「セバスチャン・ブイエ」。本店とショコラ専門店をベースにフランスで6店舗、日本でも3店舗ほどショップを構えている人気ショコラブランドです。 ご紹介する「ショコラ・ア・マキエ」は、なんともかわいらしいルージュ型のショコラと、本物そっくりなコンパクト型のショコラがセットになった一品。遊び心たっぷりのハイセンスなチョコレートです。

リアルな光沢感と鮮やかな発色が自慢の商品で、パッケージもまるでコスメブランドかのような本格的な仕上がり。女性にプレゼントしたら喜ばれること間違いなしのアイテムです。

トシ・ヨロイヅカ「エクアドルコレクション」

出典:www.instagram.com

「エクアドルコレクション」1,901円

京都府宇治市出身のパティシエで、「トシ・ヨロイヅカ」のオーナーシェフでもある鎧塚俊彦氏。2002年にブランドを立ち上げて以来、恵比寿のショップを皮切りに東京に4店舗、小田原に1店舗を展開しています。2010年にはエクアドルに「ヨロイヅカファーム」を開設し、無農薬栽培の農園でカカオを栽培しているそうです。

「トシ・ヨロイヅカ」の作品の中から今回ご紹介するチョコレートは「エクアドルコレクション」。4種類のボンボンの詰め合わせとなっており、金胡麻、最中、柚子&レモンのほか、エクアドルのヨロイヅカファームで採れた5分ローストのカカオを使用したガナッシュも入っています。 こだわりのカカオと香川県産の和素材を合わせたオリジナルのショコラで、和と洋のマリアージュが見事に融合した絶妙な仕上がり。シックで重厚感のあるボックスに入っています。

パティスリー・サダハル・アオキ「AOKI 2017」

出典:www.instagram.com

「AOKI 2017」3,348円

パリを拠点に世界で活躍する日本人パティシエ・青木定治氏。パリのショコラ品評会にて6年連続最高位を受賞したというトップパティシエでもあります。彼が手掛ける「パティスリー・サダハル・アオキ」ではマカロンを定番商品としたコンテンポラリーなスイーツが大人気です。

そんな中でも今年のバレンタインに特におすすめしたい商品が「AOKI 2017」。口どけのよいガナッシュや、ナッツの香ばしさを閉じ込めた自家製プラリネなどの詰め合わせとなっており、見た目もカラフルでアート感たっぷりの個性豊かなチョコレートです。 2016年のフランスショコラ愛好会(C.C.C.)で最高位を獲得した、ミルティーユ・バンブー・ワサビ・ヴァランシアの4種すべてがご堪能いただける贅沢な一品。

ブボ・バルセロナ「ブレイクマイハート」

出典:www.instagram.com

「ブレイクマイハート」8,748円

繊細な味わいと美しさを兼ね揃えたスペイン発の高級デザイナーズパティスリー「ブボ・バルセロナ」。今年の2月に日本にも初上陸を果たし、念願の1号店を表参道にオープンしました。今後期待が高まるショコラブランドなので、ご存知ない方は要チェックです。 斬新でオリジナリティあふれるショコラが特徴の「ブボ・バルセロナ」ですが、今回ご紹介する「ブレイクマイハート」も遊び心とサプライズ感たっぷりのチョコレート。その名の通り、真っ赤なハート型のチョコレートを付属のハンマーで叩き割るという仕組みで、中からは色とりどりの小さなハートチョコがあふれ出します。

ミニハートチョコは全部で3種類、それぞれ4個ずつ合計で12個入っています。ホワイトチョコにマカダミアナッツとクレープを混ぜた「マカダミア」、ピーカンナッツとビターチョコレートでできた「ブラウニー」、ホワイトチョコにヘーゼルナッツと口の中ではじけるアメをプラスした「ポップロック」。カラフルな見た目もキュートです。

バレンタインチョコはデパ地下で!

プロのパティシエがおすすめするバレンタインチョコレートと、2017年大注目のチョコをまとめてご紹介させていただきました。どれもデパ地下で購入できる品々なので、気になる商品が見つかった方はさっそくゲットしに行きましょう。 とことんおいしさを追求したチョコレートを贈りたいという方や、見た目にもちょっとこだわりたいという方など、人によって求めているものは違うかもしれません。しかし今回ご紹介した数々のチョコレートはみなさまのご要望にお応えできるものばかり。これらの中から選んでいただければきっとご満足いただけると思いますよ!

※今回ご紹介したチョコレートは高島屋・大丸東京などの百貨店で購入できますが、在庫がない場合もあるため、あらかじめお問い合わせください

提供元:macaroni[グルメニュース]

macaroni[グルメニュース]

最新のトレンド、スイーツ、レストラン、レシピ、お役立ち情報まで、グルメに関するおいしい情報を見つけて発信するニュースメディアです。新発売情報やイベント情報も簡単に見つけることができます。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事