働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

1096

【ママ友のススメ】ママ友はもういらない!と思っているママ友難民さんへ

ママ友を作らなければと感じている方がいる反面、ママ友はあえて必要ないと思っている方もいます。ママ友は必要ないと思っている方は、色々なサイトや生のママ友トラブル情報で、沢山の不安や恐怖、先入観などを持っているのでしょう。
そこで、息子の保育園入園前に「ママ友なんていらない」と考えていた私がママ友がいて良かったエピソードや実体験をお伝えし、あなたの不安や心配を少しでも緩和出来ればと思います。

そもそも、なぜあなたはママ友をいらないと思っていますか?

068_1

あなたがママ友を必要ないと思っているのはどうしてでしょう?

確かに絶対に必要かと言われれば、そうとは答えることは出来ません。

ただ、これまでの人生で沢山の素晴らしい友人と出会ってきていると思います。深い信頼関係が築けたのは、同じ時間を共有して、様々な経験を一緒に積んできたからですよね。お子さんが出来て、これからあなたと更にお子さんの人生には様々な出来事が待っています。楽しいことも、辛いこともあるでしょう。

そう言った経験をみんな乗り越えていくと考えると、同じ母親の立場として、共感し、励まし合い、助け合えることも出てくると思います。
どんな場面でも、仲間がいるのは心強い。学生時代の友人でも、お互いの環境が違ってくると考え方や理解度も変わってきます。人生の同じステージにいるママ友は、学生時代の友人が理解出来ない事も易々と理解してしまったりするのです。

ママとのトラブルは、あなたに起こるのでしょうか?

ママ友_02

「ママ友 トラブル」とインターネットで検索すると、それはそれは様々なトラブルが出てきます。

子供同士の喧嘩で相手のお子さんのママと関係が悪くなった、用事があって断りたいのにお茶会参加を強要される、何も理由がわからないのに無視される…。

人間は生来、危険回避を常に考えています。
ですから、自分に起こるかはっきりしないことでも知識として入ってくると、「こんなことが起こったらどうしよう、どう対処したらいいのだろう…」など考え始めてしまいます。

しかしトラブルは実際にあなたにも起こるのでしょうか?
人は自然と自分と似た価値観を持った人を引き寄せます。
価値観や考え方が似ているということは、トラブルも起きにくいと言えます。
子供を持ったから、相手がママ友だからと、不安や心配ばかりが膨れ上がってしまいますが、先入観を持たないことも必要です。

ママ友がいて良かったことのエピソード

ママ友_03

実は、私も息子が保育園入園前はママ友トラブルの数々を耳にして、「そんな面倒臭い関係は、こっちからお断りよ」と思っていました。

入園してみると、子供の病気や、怪我、更に成長過程での悩みなど、今まで未経験のことが自分に降りかかります。そんな時、兄弟姉妹がいるお母さんが対処法を教えてくれたり、良い病院を紹介してくれたり、助けてもらえることが予想以上に多かったです。

急いで欲しい情報をすぐにもらえたり、大変な時にお迎えをし合えたりもします。
ママ友を必要としない人は、普段から自分の力で問題を解決してきた強さを持った人でもありますが、すでに経験をしている先人がすぐ側にいるのも、ママ友ならではです。

あなたもこう考えればママ友と無理なく付き合える

ママ友_04

「ママ友」なんて言葉で括ってしまうので、今までの人生で出会うことがなかった未知の人物像を想像してしまうかも知れませんが、付き合いの仕方も今までのそれと大した差はありません。

それに、自分が母親としても、一人の人間としても成長していくためには、人間関係から学ぶことは沢山あります。
一人では人間関係は学べません。ママ友との人間関係では辛いことばかりではなく、楽しいこと、嬉しいこともたくさんあるはずです。

どんな人とどう付き合うかは、あなたが選択できる

ママ友_05

ママ友同士の共通点は、「子供がいる」ということでしかありません。

しかし、子供がいること、母親であることを除き一人の人間同士として考えると、生涯の大親友がその中にいるかも知れません。
誰と仲良くなるか、ならないかは付き合ってみないと判りませんし、どの人とどのように付き合うかは、相手もあなたも選択することが出来るのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
あなたらしく素敵に生きて行くための成長に必要な人間関係を育める素敵なママ友と出会えるよう、楽しんでみるのをおすすめします。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事