働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 11760

悩めるママ友とのお付き合い!陥りがちなトラブルとその対処法とは?

「ママ友」という言葉を聞くと、あまりいいイメージはないかもしれません。しかし付き合い方さえ間違わなければ、ママ友は夫よりもはるかに子育ての大変さを共感し合える存在になりえます。孤独を感じることもある子育てにおいて、心の支えになることも。今回はママ友との付き合い方のポイントと、ありがちなトラブル例をご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

ママ友とは?友達との違い

「ママ友」とはその名の通り、ママになってからの友達のこと。
子供の年齢が近かったり、子育て中だったり、子供同士仲が良くて親しくなった人が多いでしょう。

独身時代から継続している友人は、自分と共通の趣味があったり、性格が似ていたり、性格が真逆であっても尊敬し合える部分があり、時間をかけて関係を築いてきた人が多いのではないでしょうか。

このように文章にしてみると、同じ友達でも「ママ友」と「ママになる前からの友人」は全く別物である事がわかりますよね。

ママ友は「子供」を中心に、ママになる前からの友人は「自分」を中心に築かれる人間関係です。これを混同してしまう事で、トラブルに巻き込まれてしまう事もありますし、自分自身がママ友から嫌われてしまう事だって十分考えられます。

ママ友は「孤育て」の救世主となることも

「ママ友」と聞くとあまり良い印象を持たない人も多いかもしれません。
しかし悪いところばかりではなく、孤独になりがちな子育てにおいてママ友はとても心強い存在です。

特に地方から嫁いだ場合だと、知らない土地で友人もいない、実家も遠い、夫は仕事で不在という状況は珍しくありません。夫以外と会話をする事なく1日が終了してしまうこともあります。
そんな時、同じように子供を育てるママと知り合い、交流する事で「悩んでいるのは自分だけじゃない」と安心する事も。

夫にはなかなか理解してもらえない育児の不安や日々のストレスも、ママ友なら共感を得られやすく孤独な生活の中で心のよりどころとなる事も多いでしょう。

ママ同士の友達付き合いはトラブルの元?

ママ友付き合いにはメリットもありますが、付き合い方次第ではトラブルを招いてしまうこともあります。

ママ友は女性の集団。女性の集団と言えばある程度は想像出来ると思いますが、さっぱりとしたお付き合いとはいかないことも。思ってもいない事に賛同したり、他の人の悪口を言ったり、誰かを仲間外れにしたりと陰湿なイメージが付きまといます。

そんな集団に無理をして入っているようではストレス解消どころか、ママ友付き合いがストレスの元となってしまうでしょう。

ママ友との付き合いで大切なことは?

ママ友付き合いで大切なのは適度な距離を保つこと。
近すぎず、遠すぎずの関係がいいでしょう。言葉にすると簡単ですが実際は難しいかもしれませんね。

「今日は疲れているから家でゆっくり過ごしたいな」と思っていた時に、ママ友から「ランチに行こう!」というお誘いがあったとします。自分と子供の状況を話してお誘いを断る事が出来る人と、何となく断りづらくて「面倒だな」と思いつつ付き合ってしまう人。ママ友付き合いがうまくで出来る人は前者です。

「断りづらいから…」という人も、言い方次第で相手に嫌な印象を与えずに断る事が出来ますよ。
ポイントは誘ってくれた事への感謝と、また誘って欲しいというお願い。断る理由はその2つの間に挟んで伝える事です。
同じママという立場ですので、正直に話せば事情はわかってもらえるはず。これで付き合いをやめたり、仲間外れや意地悪をしたりするようなママ友は後々トラブルメーカーになる可能性が高いので、ストレスを抱えてまで無理に付き合いをする必要はありません。

周囲に流される事なく、自分と子供を優先して考えられるかどうかが「適度な距離感」を必要とするママ友の世界においては重要です。

身近に潜む、ありがちなママ友トラブル例3つ

ここではよくあるママ友トラブルと、その対処法を考えていきましょう。

【トラブル①】SNSへ勝手に写真を投稿

SNSでなかなか会えない友人とつながっている人も多いでしょう。自分の子供はともかく、他の人の子供が写っている写真を許可なく公開していませんか?
全く気にしない人もいれば、SNSではなるべく子供の顔を載せないようにしている人もいます。自分が気にしないからと安易な気持ちで写真を投稿してしまうのは危険です。必ずママ友の許可を得てから写真を使用するようにしましょう。

逆に勝手に公開されて「嫌だな」と感じている人は、はっきりと伝えましょう。言いづらければ「夫が嫌がるから」という言い方にしても良いと思います。「子供の顔が写っている写真は公開しないようにしようって夫と約束しているんだよね。ごめんね。」という言い方をしてみてはどうでしょうか。

【トラブル②】噂話や悪口、自慢話など口を滑らせた事によって仲間はずれに

ママ友に限らず人の自慢話は聞いていてあまりいい気持ちはしないものです。頑張りを評価される事のないママはついつい誰かに自分を評価してほしいと思いがちですが、知らず知らずのうちに相手に不快な思いをさせているかもしれませんね。

その場にいない人の悪口を言っていると、後々自分がいない時に「○○さんが△△さんをこう言っていた」という噂が広まり、孤立してしまうかもしれません。

トラブルに巻き込まれたくなければ、思った事を何でもおしゃべりのネタにするのは避けた方が無難です。人は人、自分は自分という意識を常に持ちましょう。

【トラブル③】厚かましいママ友の要求を断りきれない

このトラブルはよくあるケースです。
例えば相手の都合を無視して家に来て長時間居座ったり、用事があるからと子供を何時間も預けたり、ひどいケースでは運動会の場所取りをお願いしたり。「え、そんな事まで?」と思うかもしれませんが、厚かましいママ友の対応に悩んでいる人は結構多いんです。

被害にあいやすいのは気持ちが優しく困っている人を放っておけない、そしてはっきり意思表示が出来ないタイプ。断りづらいからとそのままにしていると、要求はどんどんエスカレートしていきます。困ったときに助け合える関係は素晴らしいのですが、限度がありますよね。

一番大事なのはママ友ではなく、自分と子供です。
出来る事と出来ない事、しっかり線を引いて関わるようにしましょう。

まとめ

ずっと友人として付き合っていけるか、ママ友として距離を保ったお付き合いにとどめておくか、しっかり見極めるまでは一線を引いて関わる事をおすすめします。
ポイントは「適度な距離感」と「意思表示」です。これを忘れずにいる事で面倒なママ友トラブルを未然に防ぐ事が出来るのではないでしょうか。

kao

保育士。子供を出産後、保育士として現場復帰した男の子ママ。保育士向けメディアや子育て中のママ向けメディアで活動中。 子供と過ごす時間を大切に、楽しく過ごすためのヒントをお伝えしていきたいと思っています。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事