働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

37032

片付け収納アドバイザーが語る!忙しいママを楽にする収納のコツ3つ

使ってはまた戻し、とモノの出し入れをせっせと繰り返す毎日。少しでも楽に、もっと時間をかけずに収納ができたらなんて思ったことはありませんか。
整った暮らしは、少しのテクニックと日々の家族の協力でもっとスムーズに手に入ります。
本日は我が家でも実践している簡単な片付け収納のコツについてお話します。

①しまう場所を決めておく

買ったのはいいけれど、「これどこにしまおう?」「取りあえずここに置いておこうかな。」と置きっぱなしになっているモノはありませんか?

すべてのモノに定位置が決まっていないと片付けをするのに時間がかかってしまいます。
モノは必ず住所を決めるようにして、迷い子がないようにしておかなくてはなりません。

今収納棚からあふれ出してしまっているモノについては「いる・いらない」を考えたら、収納する場所をきちんと確保しましょう。
定位置が決まったら、使いやすく片付けやすい収納を考えていきます。

②どこに何があるか一目でわかるようにする

例えば引出し収納なら、引き出した時に中に入っているモノがすべて見渡せることが、使いやすく片付けやすい収納のポイントです。イメージは上から見てすべてのものが確認できる状態

そのためにはモノが重なり合ったりしないように箱などで仕切りをつけたり、同じ種類のモノは一緒にまとめます。倒れてしまうようなモノは、自立するように仕切りやブックエンドなどを利用して立たせるといいですよ。

一目で確認ができると、しまいこんで忘れてしまうなんてことも防げます。

棚も同じで、前に立ってどこに何があるのか一目で見渡せるようにすると使いやすくなります。

③グループごとにまとめて収納

モノを収納する時は、同じジャンルや同じ用途で使うものごとにグルーピングしておくと収納にまとまりが出て使いやすくなります。
例えば古紙や新聞紙をまとめる時にヒモとハサミを同時に使うのであれば、同じ場所にしまっておくようにしましょう。
我が家でも玄関横の収納に荷造りセットとしてハサミ、ヒモ、ガムテープ、カッターをひとまとめにして収納しています。
単体で収納するのではなく関連付けて収納すれば、子供でも収納場所を覚えやすくなりますし、あちこち動き回らなくて済むので時短にもなります。

しまう場所と収納方法が決定したら、家族がわかりやすいようにラベルなどをつけて示してあげることも、ママが一人で片付けをしなくてすむようになるコツです。
またモノの定位置が決定して各自しっかり戻すことができれば、管理もしやすくなります。

まとめ

「しまう場所が不明瞭なモノを無くす。」
「収納は、なるべく隅々まで見渡せるように工夫してしまう。」
「家族と話し合ってグルーピング収納を考える。」

この3つを心がけると、出しっぱなしや「ねーあれどこ?」が減るかもしれません。

ママは忙しい…だったら家族も巻き込んで、簡単に維持できる仕組み作りに取り組んでみてはいかがでしょうか?

RELATED POST

あなたにおすすめの記事