働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

240

これは助かる!子供の送り迎えに協力的なパパへ変えるワザ

共働きをしていても、子供の保育園や習い事への送り向かえはママに任せっきりという家庭は少なくありません。ママも働いているので、パパが休日の時には送り迎えを手伝ってほしいですよね。そこで子供の送り迎えに協力的なパパに変える方法をご紹介します。

子供を保育園へ送る時は必要なことを簡潔にお願いする

No121_2送り迎え

出典:https://www.pakutaso.com/

3歳未満の子供を預ける時は特に、体温を測ったり今朝までの様子を連絡帳に書き込んだりなど作業がいろいろあります。慣れないパパにとってはそれらの作業が面倒と思ってしまうことも。なのでまずは、検温や連絡帳の記入はママがやり、パパは保育園へ送るだけでOKの状態にしましょう。連絡帳やメモを先生に渡せば大丈夫の状態にして保育園へ送ることから慣れてもらい、初めからやることを全部させないことがポイントです。

1人で送り迎えさせる前に二人で行く

No121_3送り迎え

出典:https://www.pakutaso.com/

保育園へあまり顔を出したことのないパパであれば、どうすれば良いかわからず面倒になってしまうこともあるでしょう。そこで、行事以外の時に2人でお迎えに行く機会を作り、流れをパパに知ってもらいます。

また、送る時に今日はパパが迎えにくることを先生に伝え連絡事項は口頭で伝えてもらう他に連絡帳やメモにも書いてほしいとお願いしておくと聞き忘れが防げます。

パパへの感謝の気持ちをとにかく大げさに伝える

No121_4送り迎え

出典:https://www.pakutaso.com/

パパはママに感謝されるととてもうれしいもの。なので、子供の送り迎えに協力してくれた時は「すごく助かった」「ありがとう」「頼りになるね」などの言葉がけを忘れずに行うことです。パパが送り迎えに前向きになってくれると次を頼みやすいので、共働きなんだから当然という気持ちはそっと隠して笑顔で感謝の言葉を伝えるのがポイントです。

まとめ

子供の送り迎えに協力的なパパにする方法をご紹介しました。これで少しでもママの負担が軽くなると良いですね。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事