働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

1160

トマトは食べる日焼け止め?ママの美容効果が期待できる「夏野菜」で紫外線対策!

夏になると気になるのが紫外線ですよね。子供と遊んでいると、毎日しっかり日焼け止めを塗ったつもりでも、いつの間にか焼けていることありませんか?夏野菜の定番とも言えるトマトは「食べる日焼け止め」とも言われています。今回は、そんな素晴らしいトマトと期待できる美容効果についてお伝えします。

トマトが食べる日焼け止め?ママも子供も一緒に食べておきたい驚くべき効果とは?

トマト

夏野菜の代表とも言えるトマト。トマトのあの真っ赤な色は、「リコピン」というカロテノイドの一種でありβ-カロテンの仲間です。
カロテノイドは、高い抗酸化作用があるとされています。老化の理由は体が酸化し、錆び付いてしまうこととも言われていますよね。トマトに含まれるリコピンは、酸化を抑える、抗酸化作用が高いとされるカロテンの2倍、ビタミンEの100倍の抗酸化作用があると言われています。

イギリスで発表された研究によると『トマトを多く食べる女性は肌の保護効果が高まり、日焼けで肌が赤くなることやUVによってDNAが損傷を受ける影響を軽減する。』と発表されています。
トマトを食べた女性は食べなかった女性よりも平均33%日焼けによる赤みが少なかったそうです。また、リコピンは皮膚に蓄積する働きもあり、毎日摂取することは1.3SPFの日焼け止めに相当するそう。
トマトはまさにママにも子供にも安心な”食べる天然の日焼け止め”と言えそうです。

他にもまだある!ママが知っておきたいトマトの美容効果とは?

美容

トマトには、まだまだママ必見の期待できる美容効果があると言われています。

①シミ予防
トマトに含まれるビタミンC、リコピンには、活性酸素を除去する働きがあると言われ、シミ予防に効果的です。また、しみの原因となる「メラニン」の活性を抑制する働きもあるとされています。さらにビタミンEと組み合わせて摂取することで、メラニンの生成を抑制する効果も高まるとされています。

②シワ、たるみ予防
トマトにはビタミンACE(エース)と呼ばれるアンチエイジングには欠かせないビタミンがすべて含まれています。シワやたるみなどの原因にもなる、活性酸素を除去する効果や、紫外線によるシワの要因となる光老化などのアンチエイジングにも効果的です

③むくみ解消
利尿作用が高くむくみ対策に効果的なカリウムも多く含まれています。女性は男性に比べ筋肉量が少なくむくみやすいとされています。夏は、ついつい冷たい飲み物を多く摂りがちですが、冷房の効いた部屋に1日中いたり、あまり汗をかかない女性は、水分が滞ってむくみの要因につながります。

③脂肪燃焼
トマトでも特にトマトジュースの中に脂肪燃焼作用を有する「13-OXO-ODA」という成分を有することも研究で発表されており、ダイエット中のサポートとしても一役かってくれそうです。

このようにトマトは、美肌にも健康にも効果的で、まさにママの強い見方とも言えそうです。

ママが知っておきたい、トマトの効果的な食べ方

効果

せっかくトマトを食べるなら、ママも子供も最大限にトマトの効果を活かしたいですよね。

トマトに含まれる「リコピン」は、生で食べよるり加工して食べる方が2~3倍のリコピンを吸収しやすいと言われています。油との相性が良く、油と一緒に摂取した方が吸収率が高まります。トマトは熱調理をしても比較的熱に強い性質を持っているので、「パスタ」や「ミートソース」なんかもおすすめです。
生のまま食べるのも美味しいですが、「トマトジュース」や「トマト缶」などの加工品をうまく活用して調理するのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
トマトを食べるだけで、ママも子供も紫外線予防ができるなんて嬉しいですよね。是非、毎日の生活へ上手に取り入れてみてください。
アレンジ自由自在なトマトを使った美肌常備菜も「あの夏野菜を使って簡単料理!働くママにもおすすめな美肌常備菜」で紹介しているので、是非参考にしてみて下さい。

<参照文献>
カゴメ株式会社
*京都大学「トマトから脂肪肝、血中中性脂肪改善に有効な健康成分を発見:効果を肥満マウスで確認

RELATED POST

あなたにおすすめの記事