働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

3608

【3歳5歳の子供をもつママが実践中】早寝早起きのメリットと家事のコツを紹介

私には3歳の息子と5歳の娘がいます。お昼寝をしてしまった日やパパが早く帰宅をした日、休日などは21時過ぎに就寝することもありますが、息子は7時に起床(娘は6時に起床)、夕食は17時、お風呂は18時、就寝は20時前と心掛けています。

子供の早寝早起きを習慣化して生活のリズムを整えると、とっても健康的!そして、子供が早く寝てくれれば、ママの”おひとり様の時間”を確保できるので、心の余裕を持つことができます。
今回は私が実践している、子供が早寝早起きをするための家事の工夫と早寝早起きのメリットをお教えします。

効率良く家事をこなすことが、ママと子供の早寝早起きを習慣づけるコツ

ご飯

子供たちの早寝早起きを実行するために、私が1番大切にしていることは”家事を効率良くこなすこと”です。

掃除、洗濯、料理…とやらなければならないことが沢山あります。本当に大変ですよね。そのため私はなるべく午前中に夕食の下準備まで済ませてしまうようにしています。
午前中に食の下準備まで済ませておけば、突然、ママ友から当日に「今日の午後、幼稚園が終わった後に遊ばない?」と連絡が来ても、夕方帰ってきて子供達が疲れてお昼寝をしてしまう前に、スムーズに夕食を食べさせることができます。

家事を効率的にこなす際におすすめなのが、白米を5合炊いてしまい、子供たちの1食分をタッパーに小分けをして、冷凍保存をしておくこと。

小さなタッパーに小分けをして冷凍保存をすれば、食べ残しの無駄がなく、バタバタしている日は簡単なお味噌汁と副菜、サラダ、果物などを準備すれば、短時間で夕食を出すことができます。

また、幼稚園の昼食がお弁当の方は1食分の白米のストックが冷凍庫にあると、ご飯を炊くことを忘れてしまった忙しい朝に重宝しますよ!

他にも、うどん、パスタなどの”乾麺”も短時間で調理ができるので、バタバタした日に備えて常備をしておくこともおすすめします。

家事のメイン「洗濯物と掃除」のコツ

large (68)

翌日に予定がギッシリと詰まっている日は、洗濯物を前日の夜にしてしまいます。
夜に洗濯機を利用すると、ご近所の方から苦情がくる場合があるので、洗濯機の音が迷惑にならないママさんはぜひお試しください。

私は以前、部屋干しに抵抗がありましたが、最近は部屋干しをしても臭くならない洗剤が販売されているので、前日に洗濯物を干してしまうと朝の時短になります。

そして、バタバタしている時に一押しの掃除方法。それは子供たちが寝た後に床を水拭きすること!

子供達が起きている時に掃除をすると、「ママのお手伝いをしたい!ママと一緒に床を拭きたい!」と掃除に参加してくれるので、嬉しい反面、水拭きにかかる時間が増えてしまうことも…。

掃除機は音が気になるので、カーペットの掃除はできませんが、階段やフローリングだけでも水拭きをすると気持ちもスッキリします。

子供の早寝早起きをするメリットは?

早寝

昔から「早寝早起きは三文の得」と言われるように、6時からお弁当作りや洗濯、夕食の準備をしてしまうと、9時にはほぼ1日の家事が片付きます。

そのため、自分の時間を有効に使うことができ、スッキリとした気分で1日を有意義に過ごすことができます。

また、朝は脳が1番集中する時間と言われており、「情報の整理がしやすい、情報を吸収しやすい」という研究結果も出ています。また、脳内から「幸せホルモン」と呼ばれる、セロトニンで出てくるそうです。セロトニンは精神が安定し、記憶力が向上するそうで、良いことがいっぱい!

早寝早起きはメリットが沢山あります。子供たちもぐっすりと寝た翌日は、スッキリと気持ち良く起きるので、寝起きの悪さもなく、ママの負担も減ります。

子供の早寝早起きには、ママの手抜きも必要!

large (69)

今までママの頑張りばかり書いてきましたが、子供の早寝早起きを習慣づけるためには、ママの手抜きも必要です。
疲れてしまった日はスーパーでお惣菜を買って、常備してある冷凍ご飯、スーパーのお惣菜、サラダ、果物で夕食を済ませてしまうこともあります。

外食はお金がかかってしまうので、節約のために天ぷらを買ってうどんにトッピングしたり、簡単、時短になる「ミックス野菜」などを積極的に利用しています。

ミックス野菜

全ての家事を完璧にこなしながら、子供の早寝早起きを習慣づけるのは大変なので、手抜きもしてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
午前中に家事を済ませてしまえば、ママも気持ち良く1日を過ごすことができ、供が早く寝てくれたら、その後はママのおひとり様時間がやってきます。

完璧な家事をしながらの早寝早起きはママ自身が疲れてしまうので、ママも手抜きができる部分は手抜きをし、パパがお休みの日はパパにも協力してもらいながら、早寝早起きを実践しましょう。

子供の早寝早起きを習慣づけると、毎日健康的に、ママの時間を有効に使うことができるので、ぜひ実践してみてくださいね。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事