働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 10840

いつの間に!?子育て世帯は見逃せない4月からの変更点チェックリスト

子育て世帯は見逃せない制度の変更や、家計にダメージが及びそうな“あの商品”が値上げになるなど、この4月から変わったものがたくさん! あなたはいくつ知っていましたか?

まずは子育て世帯にうれしい制度の変更をチェック!

2人目の保育費用が無料に!

住民税非課税世帯への支援策として、第2子以降の幼稚園や保育園の保育料が無料になります。

返済不要の奨学金が創設

低所得世帯の大学生らを対象とする返済不要の国の『給付型奨学金』が始まり、月3~4万円給付されます。

雇用保険料が減額

雇用保険料が賃金の0.8%から0.6%に下がり、年収400万円の会社員の場合、年4,000円負担が軽くなります。

すべての子育て世帯に関係するわけではありませんが、幼児教育の無償化拡大はありがたい話ですね!

一方で家計の負担増につながる制度変更も…

児童扶養手当が引き下げ

ひとり親家庭向けの児童扶養手当と、障害のある子どもを育てる親への特別児童扶養手当などが4月分から(実際の受け取りは8月から)0.1%引き下げに。

国民年金の保険料が引き上げ

国民年金の保険料が段階的な引き上げにより、230円増で月1万6,490円に。

学資保険など保険料が値上げに

マイナス金利の影響で、生命保険各社が終身保険や学資保険の保険料を値上げします。

タワーマンションの固定資産税が引き上げ

高さ60メートル超のタワーマンションで、上の階ほど固定資産税が高くなる新ルールが適用されます。

ひとつひとつは大きな負担でなくても、重なると家計に響きそうですね…。

身近なあの食品も値上げ!

食用油

日清オイリオグループが食用油の価格を見直し、オリーブオイルを約10%値上げし、菜種・大豆油は1キロあたり20円以上値上げします。

紙製品

原材料のパルプや古紙の輸入価格が上がったため、コピー用紙やトイレットペーパー、ティッシュを10%以上値上げに!

原油高や円安が進んだことが響いているそうです…。

実はこんなにも変わっていたんですね。気づいていないと損してしまうこともあるかも…?自分に関係のあるものはないかチェックしておきましょう!

PHOTO/ESB Professional/Shutterstock
参照/
東京新聞「4月から暮らし こう変わる 社会保障での負担次々」
毎日新聞「値上げ 家計に厳しい春 日用品、原油高や円安響く」
朝日新聞デジタル「4月から暮し、こう変わる」

提供元:mamaPRESS -ママプレス-

mamaPRESS -ママプレス-

「ママになっても楽しみたい!輝きたい!」という方たちのためのWEBサイト、それがmamaPRESSです。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事