働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 7632

夫が知らないへそくりも?夫婦のお小遣い事情!

結婚して夫婦になると、家庭内のルールが必然的に出来上がっていきますね。
特にルールを明確にしなければならないのがお金の使い方で、夫婦間できちんと管理していく必要があります。
自由に使えるお金はお小遣いとして割り振りしている家庭もありますが、お小遣いをどのように管理しているのでしょうか?夫婦のお小遣いについて、本音を踏まえてご紹介します。

妻は0円が多い!夫婦間のお小遣いルール

お小遣いのルールは家庭によって異なりますが、妻が専業主婦の場合、夫だけにお小遣いがあるというのが主流のようです。
妻がパートをしている場合でも妻にはお小遣いがないことが多く、お互いにフルタイムで働いていれば、夫婦ともにお小遣い制だという家庭もあります。

働き方によってお小遣いの一般ルールがあるようですが、夫の収入が多ければ妻が専業主婦でもお小遣いがあるという場合も考えられます。
毎月の収入から生活費を除いてどのくらいの余裕があるかで、夫婦のお小遣いの金額も変わるのではないでしょうか。

へそくりもオープンに?我が家のお小遣い事情

我が家は会社員とフリーランスの共働きではありますが、夫の方は付き合いなどの出費が断然多いため、夫だけお小遣い制にしています。
私自身はお小遣いがないことになりますが、夫の収入を生活費や貯金・夫のお小遣いなどに充てて、私の収入は家族が欲しいものや必要なものを買う雑費として扱っています。

雑費は毎月使う金額が一定ではないので、足りなくならないように節約し、余った場合は自動的に私のへそくりにしています。
ただへそくりは暗黙の了解といった感じなので、実際には貯金と同じ意味合いです。すべてのお金の管理は私がしていますが、夫にも使いみちはきちんと伝えています。

お小遣いがないとはいえ、買いたいものは雑費から買っているので特にお金のことで不満もなければ、喧嘩になることもありません。
お互いに平等だと感じていれば、お小遣いのある・なしは関係ないのかもしれませんね!

夫はお小遣いを何に使う?

旦那さんがお小遣いを毎月何に使っているか知っていますか?毎月決めた額を渡しているのに、「今月は足りなくて」と言われた経験もあるかと思います。
お小遣いの使いみちを把握していれば快く足りない分を渡せますが、使い道を知らなければ「どうして足りないの?」と夫婦ゲンカの原因になってしまうことも少なくありません。

どこまでをお小遣いの範囲とするかによっても変わりますが、我が家の場合は昼食や飲み物代、飲み会などの付き合いと夫の娯楽にかかる分をお小遣いとして毎月渡しています。
夫が節約するほどお小遣いが余って、その分娯楽に使えるという仕組みになっているので、お小遣いは浪費を防ぐというメリットもあります。気にならないので追及はしませんが、もしかしたら余ったお小遣いをへそくりにしているかもしれませんね。

家庭によってお小遣いの定義が異なるので一概には言えませんが、お小遣いの使いみちはある程度把握しておいた方が、お金のことでケンカにならずに済むのではないでしょうか。

お小遣いはお給料の10%くらいが妥当

サラリーマンの平均月収は30万円前後とされていますが、一般的にお小遣いは月収の10%くらいが妥当と言われています。月収が30万円であればお小遣いは3万円ですね。

お小遣いを何も考えず自由に使えるお金とするならば、3万円という額は多いかもしれませんし、我が家のように昼食費などを含めるなら少ないかもしれません。

どこまでをお小遣いの範囲にするかによっても、この金額が妥当かどうかは変わってきます。月収の10%という数値はあくまでも目安として考えましょう。

まとめ

お小遣いという名目にとらわれずお互い自由に使えるお金があれば別ですが、妻の働き方の違いで夫にだけお小遣いがあるのは不公平かもしれません。
夫婦の事情はさまざまですが、夫も妻も公平な立場でありたいものですね。これを機に、夫婦でお小遣いについて話し合ってみませんか?

Shuka

好奇心旺盛なアラフォーフリーランス(ライター/ブロガー)。夫・高1の娘・小3の息子の4人家族です。読みやすく、ためになる記事を心がけています。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事