働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 21576

梅雨でも傷みにくい!衛生的なお弁当の作り方とレシピで食中毒対策

湿度や温度が高くなるこれから時期、1年の中でも6月から8月は、お弁当が傷みやすく、食中毒にも注意が必要です。今回は、梅雨や夏場でも傷みにくい、衛生的なお弁当の作り方のポイントとレシピをお伝えします。

傷みにくいお弁当作り「3つの基本」とは?

①清潔な手・お弁当箱

人間の手には、目に見えないたくさんの細菌が付いています。目に見えないからこそ、基本とも言える手洗いが重要です。調理の前はもちろん、調理中のおむつ替え、ペットに触れた時など、こまめな手洗いを心掛けましょう。肉や魚などに触れた後や、調理前の食材を触った手のまま、調理後のおかずやご飯をお弁当に詰めないようにも注意が必要です。

また意外と見落としがちなのが、スポンジの汚れです。梅雨の時期は、食器を洗うスポンジも菌が繁殖しやすくなります。古くなったままのスポンジや、ずっと使い続けているスポンジでは、きれいに洗ったつもりのお弁当箱も汚れているかもしれません。使う度に、しっかりスポンジの水を切り、清潔な状態を保つよう心掛けましょう。さらに、除菌のできる洗剤などを使い、スポンジも除菌するのがおすすめです。
そして、出来上がったものをお弁当へ詰める際には、しっかりお弁当箱を乾かした状態で詰めることも大切です。

②しっかり火を通す

唐揚げ、鮭の塩焼き、卵焼きなどお弁当の定番とも言えるおかずたち。しかし、肉、魚、卵などには、食中毒の原因にもなる細菌がついています。それらの細菌による食中毒を防ぐためには、清潔な手で調理する他、しっかり火を通すことも重要なポイントです。しっかり火を通していないと、傷みやすいどころか食中毒になりかねません。火を通していない、生野菜や果物は傷みやすいので避けましょう。また、お弁当作りに使う方も多い、ハムやカニかまぼこも実は傷みやすい食材のひとつです。傷みやすい時期は避けるか、火を通した調理法にするなど工夫しましょう。

③冷ましてから詰める

お弁当のご飯やおかず、冷ましてから詰めていますか?温かいままお弁当箱に入れて蓋をすると、冷めた時にお弁当箱の中に水滴が溜まり、細菌が増殖しやすい環境になります。また、汁気の多いおかずは汁気をよく切ってから詰めるようにしましょう。おかずから出た水分が溜まることで、細菌が増殖しやすくなり、お弁当の中身が傷む原因に繋がります。

傷みにくいお弁当作りのポイントは、カレー味!

子供が大好きなカレー味。実はカレー粉には、防腐効果があるとされています。その他にも酢、梅干し、わさびなどにも同様の効果が期待できます。その中でも、子供用のお弁当ならカレー粉が大活躍しますよ。カレーアレンジ自由自在のカレー粉を使った簡単レシピをご紹介します。

①肉を使ったカレー粉レシピ

子供達に人気の高いお弁当メニューの唐揚げ、ミートボール、照り焼きチキンなど。いつもの定番メニューもカレー味にすることで、子供も喜ぶ食中毒対策メニューになります。

・唐揚げ×カレー粉
いつも通りに、醤油やにんにくなどで下味を付けます。その後、小麦粉や片栗粉などの粉を付ける際に、粉の中にカレー粉を混ぜましょう。あとは普通に揚げるだけで出来上がりです。

・ミートボール×カレー粉
ミートボールにかける餡をカレー味にします。作り方は、市販のミートボールにカレー粉を少量加えて加熱するだけ。その他、照り焼きチキンやウインナーもカレー粉で味付けすると美味しいですよ。

②魚を使ったカレー粉レシピ

カレー粉を使うことで、臭みが消えて、魚が苦手な子供でも食べやすくなり、防腐効果も期待できます。

・白身魚×カレー粉
ムニエルのように小麦粉にカレー粉を加えて焼いたり、魚の香草焼きのようにカレー粉を混ぜたパン粉を付けたものを焼いたり、などのアレンジ方法があります。
香草焼きの場合、カレー粉にと一緒に、粉チーズを混ぜるのもおすすめ。粉チーズは、子供の成長に必要なカルシウムが豊富な食材です。傷みにくいだけでなく、身体の成長を手助けするお弁当になりますよ。

・青魚×カレー粉
青魚(サバ・いわしなど)は白身魚に比べてクセがあるので、苦手な子供も多いと思います。そんな青魚もカレー粉を使うことで食べやすくなり、傷みにくいお弁当のおかずになります。
青魚は、竜田揚げなどの揚げ物がおすすめ。いつも通りに下味を付け、片栗粉などにカレー粉を混ぜて揚げれば出来上がりです。

③野菜を使ったカレー粉レシピ

・じゃがいも×カレー粉
じゃがいもとカレー粉のおすすめレシピは、ポテトサラダです。
本来は茹でて潰したじゃがいもにマヨネーズを混ぜて作りますが、マヨネーズには卵が使われているので心配ですよね。食中毒対策として、マヨネーズは和えずに炒め油として使いましょう。

まず、茹でたじゃがいも(レンジで柔らかくしても可)を潰さず角切りにします。その後、フライパンに油の代わりのマヨネーズを入れ、じゃがいもを炒めます。仕上げにカレー粉を少々。これで、傷みにくいカレーポテトサラダの完成です。
マヨネーズで炒めることで、簡単にコクが生まれますし、子供が好きな味になりますよ。じゃがいもと一緒にベジタブルミックスなどを加えれば、お弁当の彩りにも役立ちます。

・きのこ×カレー粉
お好みのきのことカレー粉を組み合わせて炒めるだけ。という簡単メニュー。お好きなきのこ(数種類組み合わせても可)をバターで炒め、その後カレー粉を少々加えるだけで完成です。きのこは火の通りが早いので、お弁当の隙間を埋めるのにも役立ちます。

カレー粉には防腐効果があるとは言われていますが、細菌を死滅させるわけではありません。そのため、お弁当作りの「3つの基本」を厳守しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
これからの時期、食中毒が心配だったママも基本をしっかり守れば、傷みにくく衛生的なお弁当を作る方法はたくさんあります。100円均一などのお弁当コーナーでも、かわいい形をした防腐シートなど便利グッズが売られています。簡単にできるポイントを抑え、安心・安全なお弁当作りを心掛けてみてください。

kazuyo

栄養士、ベジフルビューティーセルフアドバイザー、ジュニアファスティングコンシェルジュ。2児のママ。食事で美しく・健康になりたい女性をサポートすべく、美容・健康・妊活・育児などのコラム執筆、食提案など幅広く活躍中。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事