働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

6768

赤ちゃん用ベビーガードの選び方を8つのポイント別にまとめてみた!

ハイハイやつかまり立ちをし始めたら、ママは心配で仕方がありませんよね。机であごを打ってしまったら、テレビを倒しそう。テーブルの下に入っていっちゃう。家事をしながら育児をすると気が休まりません。

そんな家の中での危険な場所から、赤ちゃんを遠ざけちゃいましょう!おすすめの赤ちゃん用ベビーがーとと選び方のポイントを8つにまとめました!

赤ちゃん用ベビーガードの種類と選び方

ベビーガード0

出典:https://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/10/20/18/57/furniture-998265_960_720.jpg

ベビーガードには種類があります。大きく分けると3つの種類に分けられますが、「扉があるかないか」「素材」「機能性」で分けることができます。

扉があるかないかは、大人が通る時にどうするかで決まります。扉を開けて通るのか、それともまたいで通るのか。この2つのタイプはお部屋のレイアウトによって選び分けます。

次に素材ですが、天然木、プラスチック、金属などのベビーガードがあり、選ぶ際には壁の素材や取り付ける場所の素材などで選びます。

最後に機能性ですが、片手て開けられるのか、扉は前に開くのかそれともスライドするのか。ロックがかけられるのかなど使用するシーンに合わせて選びます。

赤ちゃんが何歳になるまで使うのかも選ぶポイントです。自分で勝手に扉を開け閉めできるようになるかもしれませんし、またげる年頃になるまで設置するわけにはいきません。いつからいつまで使いたいかも頭に入れて選ぶと失敗しません。

横にスライド!スルする~とゲイト!

ベビーガード1

出典:http://item.rakuten.co.jp/niwababy/10009279/#100092799279

ベビーガードには種類があります。大きく分けると3つの種類に分けられますが、「扉があるかないか」「素材」「機能性」で分けることができます。

扉があるかないかは、大人が通る時にどうするかで決まります。扉を開けて通るのか、それともまたいで通るのか。この2つのタイプはお部屋のレイアウトによって選び分けます。

次に素材ですが、天然木、プラスチック、金属などのベビーガードがあり、選ぶ際には壁の素材や取り付ける場所の素材などで選びます。

最後に機能性ですが、片手て開けられるのか、扉は前に開くのかそれともスライドするのか。ロックがかけられるのかなど使用するシーンに合わせて選びます。

赤ちゃんが何歳になるまで使うのかも選ぶポイントです。自分で勝手に扉を開け閉めできるようになるかもしれませんし、またげる年頃になるまで設置するわけにはいきません。いつからいつまで使いたいかも頭に入れて選ぶと失敗しません。

扉開閉タイプ!ベビーズゲイトホワイト!

ベビーゲート2

出典:http://item.rakuten.co.jp/netbaby/10005791/

とても取り付けやすい扉開閉タイプのベビーガードです!ベビーズゲイトホワイトは、赤ちゃんがいる明るいお部屋にぴったりなホワイトカラー。そして余計な素材を使っていないスチール製のベビーガードです。

開けた後は自動で閉まるオートゲートタイプなので、赤ちゃんを抱っこしたまま通り抜けると勝手にしまってくれます。片手で扉は簡単に操作ができます。それだけ簡単に開いたら赤ちゃんも簡単に開けてしまうのではないかと心配される方もいますが、ダブルロックシステムが装備されているのでご安心ください!

ペット用として使われている方も多く、リビングとキッチンの扉を外して使われているママさんもいます。いろんなシーンで活躍するでしょう♪

自動で閉まる!オートバックウッドベビーゲート123!

ゲート123

出典:http://item.rakuten.co.jp/netbaby/10005044/

オートバックウッドベビーゲート123は、安心安全便利の3つを基準として作られたベビーガードです。オートクローズ機能で簡単に扉がしまり、ワンタッチで開閉できます。前後に開くので、通り抜けに手間はかかりません。

左右は突っ張り棒で、壁や柱が傷つきにくいタイプになっています。別売りの拡張フレームがあるので、お部屋のインテリアを選ばず設置場所に合わせることも可能です。

定番の茶色カラーから、ホワイト×ブラック、ブラック×ブラックなどシンプルでかっこいいデザインもあるので、おしゃれな赤ちゃんとの部屋にしたいと考えている方におすすめです。

自立タイプ!おくだけとおせんぼスマートワイド!

ベビーゲート4

出典:http://item.rakuten.co.jp/ebaby-select/5011020001/

おくだけとおせんぼのスマートワイドタイプです。テレビボードの周りや危険なものの周りにガードを置くことで、テレビや観葉植物など触ってはいけない物を守ることができます。

最大90度まで曲がるジョイントロックで、3つのガードの角度を自由に決めて、囲いたいところだけ囲うことができます。新しく登場したこのスマートワイドにはサイドスタンドが追加されているので、安定感もあります!

カラーはブラウンドットとライトグレードットがあります。中央はメッシュ生地が張られており、通気性が良く中を見やすいタイプになっています。

自立タイプ!持ち運び可能なおくだけとおせんぼM自立式

おくだけ

出典:http://item.rakuten.co.jp/netbaby/1600135-mn0/

「おくだけとおせんぼ」は自立タイプのベビーガードでいろんな種類があります。こちらのタイプは持ち運びが可能で、自立してガードしてくれるタイプです。生活シーンに合わせてちょっと置くだけで使えます。もちろん持ち運んで、赤ちゃんの危険に寄り添うこともできます。

主な機能は、使いたい場所に設置できること、折りたたみができて収納が簡単なこと、そして中央のネットがメッシュ生地になっていて、見通しが良く通気性も良いことです。

子供が自分でガードを自立させているところに立つことで、ベビーガードが倒れる心配もいりません。重さで安定するので、特に生後8か月頃のつかまり立ちをし始めた子にもおすすめです。

幅調整タイプ!スマートゲイトⅡ!両開き扉

ベビーゲート0000

出典:http://item.rakuten.co.jp/ebaby-select/5011020001/

スマートゲイトⅡは、両開きの扉で出入りがとても楽だと人気です。扉を開けたままにできますし、拡張フレームが2本ついているのでお部屋の取り付けたいサイズに合わせることができます。取り付けは幅木にも対応しており、2段階の仕組み。

ダブルロックで赤ちゃんが勝手に開けることもなく、ステップカバーがついていてつまづきを防止します。扉の開け閉めはとても簡単で、ロックスイッチをスライドして解錠したら扉があきます。扉をしめたらカチっとロックがかかるので、ロックスイッチをしめたら終わりです。いずれも片手で開閉できます。

落ち着いた茶色とベージュカラーなので、お部屋のインテリアを選びません。扉の前、キッチンまでの間に、廊下に、階段の登り口に。どんな場所でも使えます!

広々ガード!木製ワイドゲイトウッドピア

ベビーガード1111

出典:http://item.rakuten.co.jp/saikosha/295300203/

木製ワイドゲイトウッドピアは、しっかり取り付けられるソケット付きの頑丈なベビーガード。ダブルロックシステムが上下についているので、赤ちゃんが勝手に開け閉めをすることはできません。また、扉をあけたままにできるドアなので出入りも楽々です。

「キッズパーテーション」という、ちょっとカラフルなプラスチックタイプの似ているベビーガードもあります。お部屋に合わせてデザインが選べるので、しっかり頑丈に設置して安全性を高くしたいという方におすすめです。

ベビーサークルになる!自立型スーパーワイドゲイト

ゲート最後

出典:http://item.rakuten.co.jp/ebaby-select/ni-457/

木製ワイドゲイトウッドピアは、しっかり取り付けられるソケット付きの頑丈なベビーガード。ダブルロックシステムが上下についているので、赤ちゃんが勝手に開け閉めをすることはできません。また、扉をあけたままにできるドアなので出入りも楽々です。

「キッズパーテーション」という、ちょっとカラフルなプラスチックタイプの似ているベビーガードもあります。お部屋に合わせてデザインが選べるので、しっかり頑丈に設置して安全性を高くしたいという方におすすめです。

まとめ

いろんなベビーガードがありましたが、赤ちゃんが過ごす部屋、そしてママが家事をする部屋、赤ちゃんを入れたくない部屋などを実際に見て、ガードを置いたイメージを想像して選ぶと失敗しないベビーガードが選べるはずです。まずは赤ちゃんと過ごしている様子を想像してどういった危険があるのかをイメージしましょう。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事