働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 45344

共働き夫婦の家計は4パターン。リアルお財布事情を公開!

共働き夫婦の家計ってどうなってるの?
なかなか聞けないリアルな「お金事情」。共働きで収入が2ヶ所あるからこその悩みやメリット。
ワーママたちの実情を聞き、夫婦のお金の家計への出し方によって、4パターン別にまとめました。
それぞれの長所・短所、満足度、夫婦のお小遣い、そのパターンに決まった経緯など、あふれる本音をご覧ください。

①夫婦で費目によって担当を分けているパターン

夫婦それぞれの収入から、夫は住居費と教育費、妻は食費と光熱費など、費目によって分けているのがこのパターンで、取材ではこのパターンが最多でした。

費目別に引き落としの口座を分けて管理しやすいのと、担当している費用以外は全額自己管理=お小遣いというのが特徴。

一方、貯金額が見えづらい&貯まりにくいという悩みも…。

「夫の毎月の給料がどのくらいか、はっきりとした金額は知りません。夫はマイホームのローン返済と光熱費私は手取り16~17万円で食費と雑費と子供の保育園料を払っています。夫のボーナスは基本貯金です。小遣いがいくらとは決めていません。必要な時に必要な金額をそれぞれで出しています。ある程度自分で自由に使えるお金があるので満足していますが、あまりお互いの貯金を把握していないので、貯金の計画が立てにくいのがデメリットですね」(30代・契約社員)
住宅ローン、光熱費、外食費などは夫が担当。毎日の食費や病院、雑貨、貯金は妻が担当しています。
保険も各自支払いで娘の保険は夫が出しています。ボーナスや臨時収入はすべて貯金。余ったお金は、貯金優先で各自やりくり。
お互いのお金の使い方について、干渉しないで済んでいます。夫婦である程度自由にしている分、仕事のやりがいや個人の尊重にもつながっていると思います。役割分担が明確なので、お金でもめないのがメリットですね。ただ、本当にその貯金額で大丈夫なのか?本当はもっと投資に回せるのではないか?など漠然と不安があります。そして、子供が増えた時には、このままで大丈夫なのかな?とも思っています。」(30代・正社員)
「夫は会社員で、妻は自営業。夫は、貯金+保険で約10万円と、住居費、光熱費などの固定費担当。妻は貯金+保険で約6万円と、生活費、外食費、遊興費担当(3~5万円)。
最近マンション購入したので、ローンは夫が担当。ボーナスや妻の収入で繰り上げ返済をしていきたいです。
担当費用以外は各自やりくりですが、病気、怪我は自己管理なので、治療費はお小遣いから。服、コンタクト、シャンプー等美容代もお小遣いから。このパターンだと、相手の収入頼りにイライラすることがない。
ただし、あくまで相手を信用してのことだから、実際しっかり貯金できてるかや、お小遣いのやりくりについては不透明。自営業の妻はハードワークで収入も波があるので、サラリーマンの夫には理解しきれてるか怪しいです。共働きでお互いの通帳を把握するのはなかなか面倒。通帳も夫婦名義では作れないし、カードを使ってしまえばもう別会計みたいなところもあるので、これが本当にいいカタチかどうかは分からない。」(30代・自営業)

②夫婦が収入の一部を入れ、一つの家計として管理するパターン

毎月決まった額を、夫婦の収入から家計に入れ、家計としてすべての支出を管理しているのが、こちらのパターン。2番目に多いパターンでした。

収入によって、家計に入れる金額は違いますが、きっちりと予算を立て、家計全体を管理している人が多い印象。家計に入れる以外のお金は各自の自由なので、家計管理と個人の自由のバランスが取れた形かもしれません。

デメリットは、夫婦どちらかが家計を管理しないといけないので、その管理が面倒ということでした。

毎月の家計の予算が決まっていて(貯金も予算化)、収入から各自の負担額を計算して家計に入れ、その残りを各自お小遣いにしています。ボーナスは欲しいものを相談してお互いに出し合い、残ったら自分のもの。また、昼食、服、携帯代はお小遣いの範囲で。この方法は、自分が頑張って給料が上がると、自分のお小遣いに連動するし、相手のお小遣いにも連動するので、自分も頑張るし、相手のことも応援できます。
計算がやや煩雑なのと、何か家庭で使うもので欲しいものがあった時に、合意を取り合わないといけないのは時間がかかります。また、一方の給料が極端に減った場合に、生活できないレベルのお小遣いになることがあるので、そのときは金額を調整しています。」(30代・正社員 ※パパからの回答でした)
お互いの年収を開示し、年収をベースにした按分比率を算出。共通にかかった費用に按分比率をかけた金額を算出し、のちほど精算する。年収に変更があったら按分比率もアップデートしています。
住宅ローンは完全折半し、それぞれ控除の恩恵を受けています。財布が別のため、お小遣いを何にどう使うかは自由。夫婦のどちらかに年収にかなりの変動があっても、フェアであるところがメリットですね。
デメリットは、精算が面倒な点。ですが、夫がシステム開発可能なため、精算を簡単にできるLINE-botを開発してくれて、精算の手間はあまりありません」(30代・自営業)

③夫婦の収入を全額家計に入れているパターン

夫婦の収入をすべて一つの口座にまとめ、家計の管理をしているのがこちらのパターン。

お小遣いもそこから支出するので、全体のお金の出入りが透明化されるのが最大のメリット。貯金も計画的に貯めやすいです。お金の面で、不透明な部分があるのが苦手な人にはスッキリするので、おすすめかもしれません。

各自の自由度は低いですが、そんなにお金を使うタイプではない夫婦には合っているようで、満足度も高かったのが意外でした。

家計の項目を細分化していて、毎月の予算が項目別にあります。さらにお互いがその項目でどれくらい使ったか見える化。基本的にお小遣いなしで、欲しいものはお互い稟議を通してから! 貯金が貯まるのが良いところで、見える化しているので見通しを持って予算管理もできます。毎月家計簿をつけないといけないところが、かなり面倒です。」(30代・正社員)
収入を夫婦合算で妻が管理し、夫は小遣い制。夫の小遣いは月5万円、ボーナス時15万円、妻は随時です。夫の小遣い以外は、全部妻管理なので、貯蓄、支出の管理がしやすいのがメリット。新婚時に、夫はあれば使ってしまうタイプだし、私は金銭管理が好きなので、この方法に落ち着きました」(30代・公務員)
「口座情報をマネーフォーワードで一元化して自動家計簿、上限は決めず必要な分だけ利用。なるべく履歴が残るように意識してクレジットカードを使っています。
小遣制いではなく必要ベースで。お互い5万円ずつくらい。ストレスフリーだし見える化されている。ただ、貯金用の口座がないので、貯金してる感がない。ある程度貯まったら、株や投信に移行して貯金代わりにしているが、なかなか現金が貯まらない。家計簿も小遣い管理も面倒なので、私たちにはこの方法が合っています」(30代・自営業)

④夫の収入を家計に入れ、妻の収入は貯金しているパターン

夫の収入を全額家計に回し、妻の収入は全額貯金。夫婦共働きならではのパターンです。

一方の収入だけで生活できているので、気持ち的な余裕があり、貯金が着実に貯まるのがメリット。片輪走行なので、比較的引き締まったお金の使い方ができている、堅実な印象です。

デメリットは、夫が働けなくなったときへの不安や、妻が自由に使えるお金が少ないことのようでした。

基本的には夫の給料35万円で生活費をまかない、妻の給料48万円、ボーナスは貯蓄、余暇、大きな支出(電化製品や家具など)にあてています。5~7万円のお小遣いはそれぞれの給料から。
服飾関係は物によって、小遣いから出すか、家族共有のカードで支払うか決めています。
妻である自分が仕事を辞めたとしても、生活レベルを変えずに生活できるし、夫も自分が家計を支えているというプライドを立てられる(妻の方が収入が高いので)。それぞれ家計を負担して残りを使うより、貯蓄しやすいと思う。もっと洋服など好きに使えるお金を増やしたいが、将来の学費や老後のための貯蓄を思って我慢しているところも。」(30代・会社員)
妻の収入、毎月20万円を貯金。お小遣いは5~10万円。一定の金額を貯めることで将来の貯金を安定的にできるので、安心感があります。ただ、夫が働けなくなった場合に、家計と貯金を続けることが難しくなるかもしれないという不安がぬぐえません」(30代・会社員)
「夫が家計の全て+レジャー費+妻の小遣い4万円を支払い。妻の給料は全額貯蓄。貯蓄額が分かりやすい。」(30代・会社員)

家計パターンの決め方やお金について、ワーママたちの独り言

最後に、今までご紹介したそれぞれの家計パターン、いったいどのように決まったのかを見てみましょう。

一番多かったのが、「新婚当時に話し合って、そのまま」という形。

「結婚したときにこれでいこう、と話し合った」
「家計を一つにしようと結婚時話をしたきり、どうしてよいかわからず今の状況のまま。」
「妻がいつまで働けるか分からないので、夫収入で基本暮らすことの妻案をだし合意。」

「流れでこうなった」「なんとなく」「今から変えるのが面倒」というママもいる一方、お金のことだからこそしっかり考えているママも。

「共働きを志向していたので、そんな夫婦に最適な方法は何か、書籍を読んだり、試行錯誤して考えました。」
「結婚前から家計については話し合っていた。当時はサラリーマンで安定収入があったが、起業することを見据えていたため、どうすれば年収変動を吸収できるかを予め考えており、合意してもらった。」

そして、ワーママたちのお金にまつわる独り言。
ここが一番の本音かもしれません。

漠然とした将来への不安、貯金ができないことへの悩み、実感のこもった、重みのあるコメントに、共感する方も多いのでは?

「妻側(場合によっては夫側も)が永続的に働いていくか、どういうキャリアを描いていくか(年収をキープする努力をするか)、に覚悟を持つことにより家計の方針は変わると思う。」
「一般より高コスト家計であることは理解しているものの、共働きで仕事がハードなため、ある程度の出費は仕方がないと思っている。」
「一番重要な部分なので、お互いの今の気持ちを、定期的に話し合った方がいいと思います。」
「独身の際はお互い考えなかったが、子供が22歳になるまでの費用と、自分たちの年金などの不安があるため、妻の収入から毎月20万円という金額を貯金していますが、もっと独身の時にライフプランをきちんと考えておけば良かったと、後悔しています。」
「我が家のように10年近く家計を別にしてきてしまっている家庭では、どのように家計をまとめればよいか、悩んでいます。」
「世のスタンダードがわからない!」
「価値観より、金銭感覚が異なる配偶者と結婚すると大変。結婚前の人はそこをしっかり見極めて!」
「合算型の人も、貯蓄の名義は夫婦半々にした方が絶対いい!どちらかが認知症などになった時に、後見人などが選任されてしまうと夫婦でも使えなくなります。」

まとめ

結婚して共働きを選択した時点から、ついてまわる「家計の問題」。
様々な個別の事情に加えて、お金の使い方や細かい方が好き、束縛されたくないなど、夫婦の性格が出るのが家計の面白いところ。
実は、収入や支出ではなく、夫婦の性格に合ったパターンにするのが、ストレスフリーなのかもしれませんね。
なかなか動かしづらい家計の形ですが、これをきっかけに夫婦で話し合ってみるのはいかがでしょうか。

YUKIMA

お出かけと美味しいもの好きなライター。4歳男子と0歳女子のママです。 お出かけは、もっぱら息子と私の共通の趣味「電車」がらみ。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事