働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 36704

離乳食に使いたい!赤ちゃんの舌を育てる「だし」6種類の作り方

和食には欠かせないおだし。実は離乳食にこそ良質なだしを使ってほしいのです。離乳食初期から使える野菜だし、中期から使えるささみだしなど、おすすめのだし6種類を紹介します。大人の食事にも使えますから、ぜひ取り入れてみてくださいね!

離乳食でも「だし」は大事です

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。
大人の食事にも離乳食づくりにも、おだしがあるととても便利ですね。おだしは、料理を美味しく豊かなものにしてくれます。

離乳食におすすめなだしと、そうでないだしはあるのでしょうか?今回は、離乳食に使えるだしについてお話しします。

離乳食にだしを使う理由

「だしを使わずに水から茹でてもいいですか?」と聞かれることがあります。
離乳食を作る際に、水からゆがくことで素材そのものの味を味わうこともいいことですね。もちろんそれでもOKです。ただ、ずっとそのままだと味気ない感じもします。

だしは素材の味を引き立ててくれます。赤ちゃんは、だしと素材そのものの味を知り、舌を育てていきます。ぜひ積極的にだしを使っていただきたいものです。

どんなだしがいいの?

(左上から)昆布だし・かつお昆布だし・煮干しだし
(左下から)干ししいたけだし・野菜だし・ささみだし

では、離乳食にはどんなおだしが使えるのでしょうか?
私がおすすめしているおだしは、「昆布だし」「かつお昆布だし」「煮干しだし」「干ししいたけだし」「野菜だし」「ささみだし」の6種類です。それぞれスタートに適した時期がありますので、後ほど作り方と一緒に詳しくご案内します。

顆粒だしはダメですか?

手軽で便利な顆粒だしですが、裏面表示を確認してください。塩分や添加物は入っていませんか?
塩分や添加物は、内臓が未熟な赤ちゃんにはあまり取ってほしくありません。使用する際は、できる限り良質なものを少量だけ使ってくださいね。

エビや牛・豚骨スープは?

エビにはアレルゲンがあります。牛、豚も動物性なので、あえて離乳食に使わなくてもいいかなと思います。
お肉の中でもささみは脂肪分が少なく、離乳食の最初に食べるお肉としておすすめなので、今回はささみを使ったおだしを紹介します。

いろいろなだしの作り方

それでは離乳食におすすめの6種類のだしの材料と作り方を紹介します。
特に昆布だし、干ししいたけだし、野菜だしの3つは離乳食初期から食べられるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

昆布だし

昆布だしは離乳食初期から。野菜に慣れたら食べられます。
材料
・水 1L
・昆布 8cm 
①昆布に汚れがある場合は、布巾で拭きとります。
②水に昆布を入れ、冷蔵庫で一晩寝かせます。
③火にかけて、鍋の内側にフツフツと泡が付きはじめめたら取り出します。

【おすすめの使い方】
昆布だしは、野菜のスープ、野菜煮にすることをおすすめします。
例えば、ほうれん草のお浸しを作るとき、ほうれん草を昆布だしで煮るだけでも旨みを感じますよ。

かつお昆布だし

かつお昆布だしは離乳食中期から。赤身の魚に慣れたら食べられます。
材料
・昆布だし 1L
・かつお節 20g
①昆布だしにかつお節を入れ、沸騰直前で火を止めます。
②こし網でこします。

【おすすめの使い方】
かつお昆布だしは、煮物、汁もの、お浸し、なににでも合うマルチなおだしです。私のおすすめメニューは、かぼちゃの煮物。かぼちゃの甘みを引き立ててくれるので、しょう油はほんの少しでもおいしくいただけますよ。

煮干しだし

煮干しだしは離乳食後期から。青背魚に慣れたら食べられます。
材料
・煮干し 20g
・水 1L
①煮干しの頭とはらわたを取っておきます。
②30分ほど水につけます。
③火にかけ、弱火で10分煮込みます。
④こし網でこします。

【おすすめの使い方】
煮干しのおだしは、お味噌汁に使うのがおすすめです。野菜や豆腐など好きな材料を入れてください。個人的に、煮干しだしと玉ねぎの相性が大好きです!煮干しの旨みがあるので、味噌は少しでOKですよ。

干ししいたけだし

干ししいたけだしは離乳食初期から。野菜に慣れたら食べられます。
材料
・干ししいたけ 6枚
・水 しいたけがかぶるくらい
①しいたけを半日水につけます。

【おすすめの使い方】
離乳食初期から使える干ししいたけだしですが、私のおすすめは離乳食後期から食べられる、ひじきとにんじんの煮物。干ししいたけだしとかつお昆布だしをミックスして煮ると、とってもおいしいですよ。

野菜だし

野菜だしは離乳食初期から使えます。
材料
・キャベツ 80g
・玉ねぎ  80g
・にんじん 80g
・水 1L
①野菜を適当な大きさに切ります。
②水と一緒に鍋に入れ火にかけます。
③沸騰したら弱火にして30分煮ます。
④こし網でこして完成です。

【おすすめの使い方】
野菜だしは、本当にシンプルな味です。スープに使うことをおすすめします。野菜だしに使った野菜をそのまま離乳食に使ってもいいですね。

ささみだし

離乳食中期から。ささみに慣れたら食べられます。
材料
・ささみ 2本
・キャベツ 30g
・玉ねぎ  30g
・にんじん 30g
・昆布 8cm
・水 1L
①水、昆布、ささみ、野菜を鍋に入れ、弱火で60分煮ます。
②こし網でこして完成です。

【おすすめの使い方】
昆布+ささみ+野菜のおいしい、ささみだし。私のおすすめはうどんです!ささみだしに使った食材を切って、片栗粉でとろみをつけ、トロトロうどんにしてみてはいかがでしょう。

大人の食事にも使えます

ご紹介した6種類のだしは離乳食だけでなく、大人の食事にも使えます。この機会に、お母さんお父さんも毎日の食事にだしを取り入れてみてはいかが?
ぜひ多めに作っておいて、離乳食づくりと大人のごはんづくりの両方を楽しんでくださいね!

次回予告

次回はひな祭りに食べたい、ひな祭り離乳食レシピをご紹介します。

提供元:macaroni[グルメニュース]

macaroni[グルメニュース]

最新のトレンド、スイーツ、レストラン、レシピ、お役立ち情報まで、グルメに関するおいしい情報を見つけて発信するニュースメディアです。新発売情報やイベント情報も簡単に見つけることができます。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事