働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 24744

【ママが実践中】忙しいママのためのハッピー家事時短術

育児、家事、仕事、他にもやる事がいっぱい。忙しいママ達はどこで時間を節約しているのでしょうか?
今回は、実際に私がしている家事の時短方法をご紹介したいと思います。

常備菜やカット野菜で料理時間を短縮

食事はなるべく栄養バランスよく子供に食べさせたいので、出来れば5~7品は出したい。
そこで、常備菜は2品。ナムルや自家製のお漬物など、パッと出せるものを常に用意しています。冷凍出来るものは、土日にまとめて作っておきます。

便利だなと感じるのは、キノコや野菜をあらかじめ調理しやすいようにカットし、そのまま1週間分冷凍しておく方法。例えばシチュー用など、ニンジン・ブロッコリー・玉ねぎ・ジャガイモなどをまとめて一つの袋に入れて冷凍しておくと時短になります。レタスなどの葉物は冷凍すると美味しさが半減するため、避けた方がいいでしょう。から揚げやソテー用にお肉にあらかじめ下味をつけておいたものを冷凍しておけば、あとは火を通すだけなので大幅な時短になります。

便利器具で調理時間も時短

私が愛用しているのが、「タクック」というごはんと一品料理がまとめて作れる製品。お米を炊きながら一品作れるので、重宝しています。
また、パスタを湯がく際に一緒に添え物のブロッコリーをゆでたり、シュウマイを蒸している脇で温野菜を蒸すなど、できるものは同時に調理を行うようにしています。慣れると2品同時じゃないと、時間がもったいないと思うようになりますよ。

人の手や道具をフル活用するのもあり!

最近は、家事代行サービスを取り入れるママも増えています。家事代行サービスは高いというイメージがあるかもしれませんが、実は1時間2000円程度で利用できます。帰宅して部屋が汚いと気持ちも余裕がなくなりますよね。時間の節約と、きれいな部屋で過ごしたいという気持ちから利用するケースが多いそうです。
時間内であれば、お掃除だけでなく洗濯や窓ふきなど家事の事ならなんでも対応してくれるそうなので、選択肢の一つとして考えてみるのもありだと思います。また自動で掃除をしてくれるルンバや窓ふきをしてくれる家電も沢山出ているので取り入れてみるのもいいでしょう。

まとめ

仕事、家事、育児とママはやる事がいっぱい。疲れて帰ってきて、やる事が多い時ほど、子供がぐずったりなんて事もよくありますよね。出来れば子供が起きている間は、しっかり向き合ってあげたい。けれど、やらなきゃいけない事も山積みで、子供の寝顔を見ながら「ゴメンね…」と呟いたり。本当に大切な事を忘れないように出来れば、毎日はもっとハッピーになるはずです。ぜひ時短のコツを活用してみて下さい!

近藤 さやか

インターナショナルメイクアップアーティスト/トータルビューティクリエイター/女性起業支援家/など多彩な顔を持つ二歳児の母。夢を叶える方法やメンタルマネージメントを脳科学、心理学から伝え内面のマインド面から・外見共にプロデュースし女性を輝かせる活動をしています。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事