働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 21768

子供の寝顔に涙した経験をもつ全てのママに贈る「魔法の言葉」

仕事をして、家事もこなして育児もして、働くママって本当に頑張っています。頑張りすぎて、くたくたに疲れて落ち込む夜もありますよね。
忙しくて余裕がなくて、子供の寝顔に涙する日も…働くママなら、一度は経験があったりするのではないでしょうか?

そんな時に、自分にかけてほしい魔法の言葉があります。

「大丈夫。私はよく頑張ってる。」

仕事・家事・育児と、やらなくてはいけない事は山ほどありますが、出来ないことにフォーカスしてしまうと、どんどん苦しくなる一方です。

「どうしてうまくこなせないんだろう」
「もっと頑張らなきゃ」

働くママは、何でもこなそうとしてしまうんですね…。

でも、働くママは十分頑張っているはず。

独身の時と比べてみてください。自分の事だけに時間を使えた日々と比べて、子供のため、夫のため、自分以外の誰かのために頑張っているのです。

それってすごい事ですよ。もっと自分を褒めてあげてください。

「大丈夫、私はよく頑張っているね」

と、自分自身を褒めてあげること。
そして、自分を抱きしめてあげてください。

こんなに頑張っているのに認めてくれない。

そんな気持ちになることもあります。

人は誰もが褒められたいもの。
でも、その気持ちを他人に求めると、「褒められない=自分が認められていない」と認識してしまうのです。

だから自分で自分をほめてあげる事。
自分にかける言葉を、もっと大切にしてあげてくださいね。

「そんな時もあるよね!!」

やるべきことがいっぱいあって、育児も家事も仕事もと大変な時に限って、「何でこんな忙しいときに…」と思うほど沢山の事が重なったりしますよね。

「お迎えの時間が来てるのに仕事が終わらない!」とパニックになりかけながら急いでお迎えに行って。帰宅しても、「あぁ忙しくて洗濯物たまっちゃってる!」「お米買うの忘れた!」など、いつもバタバタ。夜中に起きて、洗濯機の音で子供が起きないかとひやひやしながら洗濯をしたり…。

そんな時「私はなんてダメなママなんだろう…」とついつい思いがちですが、自分を責めるのはやめましょう。

「そんな時もあるよね!」

その魔法の言葉で、心がふっと軽くなります。

人間なので忘れることもありますし、何でも完璧に出来るわけがないのだから。

「思い出して夜中に洗濯してる私って偉い!!」と思いながらやっていると、同じことでも気持ちが軽くなります。

忙しい毎日をこなすには、自分で自分を苦しくさせない事が絶対に必要です。
それがないと、つぶれてしまいますから。

完璧に頑張らなくてもいい。

「そんなときもあるよね。」

そう自分に言ってあげてください。

「私は沢山の幸せを持っている。」

今、自分の幸せをきちんと把握していますか?

愛する子供がいて、家族がいて、友人がいて、仕事があってごはんが食べられる…。

これって、当たり前の事でしょうか?
いいえ。決して当たり前ではありません。

この世界には、明日食べるものにも困る人が大勢います。
今日を生きたくても生きられない人も沢山います。

今、自分の手にある幸せを再確認してみてください。

忙しいと、自分が幸せな事にもなかなか気がつく事ができません。

出来ないことや、持っていないものにフォーカスせず、今自分の中にある幸せを感じて見てください。

「私は沢山の幸せを持っている」
そう感じる事が出来るはずです。

まとめ

働くママは、仕事も育児も家事もと大忙しです。でも、なんでも完璧にやろうと思わなくていいのです。頑張りすぎて、疲れてしまったり、体を壊しては元も子もありません。

家庭も仕事も、やっぱりいつも笑顔でいたいですよね。あなたが笑顔な事が、周りを幸せにするから。
子供の寝顔に涙する夜は、もう卒業しましょう。

苦しくなった時は、「魔法の言葉」を自分にかけてあげてください。心がふっと軽くなり、また元気なママに戻れますよ。

近藤 さやか

インターナショナルメイクアップアーティスト/トータルビューティクリエイター/女性起業支援家/など多彩な顔を持つ二歳児の母。夢を叶える方法やメンタルマネージメントを脳科学、心理学から伝え内面のマインド面から・外見共にプロデュースし女性を輝かせる活動をしています。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事