働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 10472

働くママも息抜きしたい!子どもが小さいママは夜遊びしちゃいけないの?

ママになっても、子どもが生まれる前と同じように残業したり、夜の街に出かけたりしたい、という人は少なくありません。
でも実行すると「母親なのに」というバッシングを受けてしまいそう…

母親が小さい子どもを置いて出かけるのって、そんなに悪いことなんでしょうか。考えてみました。

世間はそれほど気にしていない

あるワーキングマザーから「子供がまだ小さいうちは、飲みにでかけたりしちゃだめですか?」と聞かれたことがあります。
小さい子を置いて母親が夜に出かけることを悪いことだと考える人が少なくないようです。
お母さんは家にいるもの、家事をしながら子どもの面倒を見て夫の帰りを待つもの、というイメージがあるのでしょうね。

でもね、世間からの声は、ほとんどが気にすることはないのです。
「お子さん大丈夫?」と聞く人も、ちょっと心配になっちゃっただけ(善意)、あるいは世間話の延長で聞いているだけ、ということがほとんど。
「ウチは夫が面倒見てくれるんです」「姑が会いたがって」など適当に返事をしておけばいいでしょう。

なかには「母親は子どもを置いて夜は一切出かけてはいけない」と持論を押しつけてくる人もいます。
お説教してくる人がいたとしても、それは「余計な干渉」です。他人の問題に土足で踏み込む相手の言葉を正面から受け取ることはありません。心の中で線を引いて、笑顔でスルーすればいいのです。

自分の心にあるハードル

世間や他人の目よりも、母親自身の心の中にもっと高いハードルがあるのだろうと思います。
私自身、母親が夜出かけること自体は問題ないだろうと考えていながら、子どもが小さい頃は、仕事で遅くなったらダッシュで帰宅していましたし、遅くなるたび、チクリと胸が痛みました(逆に「お子さんが小さいから」と配慮され誘われないのも寂しいものですが)。

今振り返ると。一晩でも自由に夜出かけたら子どもを放置するダメな親になってしまうのではないか、一晩でも自由な時間ができたらもう子どもを忘れてしまうんじゃないか、という恐れがあったのかも知れないと思います。
今では、そういう方向に考えるお母さんは、子どもを放置したり忘れたりできないものだとわかっていますが。

一般的に毎晩のように遅くなるのは好ましくないでしょうが、月1〜2回とか週1回とか、信頼できる方に子どもを託すのが、悪いことだとは思えません。
出産や病気入院など、母親が夜に子どもと一緒にいない事態はそう珍しくないし、子ども自身が納得して、母親以外の周囲の人が、きちんとケアしていれば、子どもに悪影響を及ぼす、というほどでもないでしょう。むしろ少し離れることで子どもの自立を促すというメリットがあると私は思います。

息抜きは無理しないで

心の中に夜出かけることに関する後ろめたさがあるのなら、無理に外出しても心からは楽しめません。家にいながら、あるいは子どもと一緒にできる息抜きを考えましょう。

たとえば
・自宅にいながらSkypeなどを活用して、バーチャル飲み会を開催する
・親戚や仲良し家族と交代で子どもだけをお泊まりさせ、その間に大人だけの時間を作る
・数家族がまとまってお泊まり会をする(子どもも大喜びです)
など、さまざまな方法があるはずです。

いまは子どもに縛り付けられるようで苦しいかも知れません。
でも子どもが寂しがってくれるのは期間限定です。数年後には「いってらっしゃい!」と子どもが送り出してくれるようになります。そのときまで何とか工夫して乗り切りましょう。

(文・曽田 照子)

提供元:camily(キャミリー)

camily(キャミリー)

キャミリーは、働くママとパパ、家族の気持ちをラクにする情報サイト。仕事と子育ての両立、育休からの仕事復帰、働くママの育児、生活・家事の時短テクニック、育児マンガなどを多数掲載。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事