働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 18696

保育園の選び方について知っておくべきポイント

保育園は毎日行くものだから、子供には安心して楽しい生活の場となって欲しいですよね。育児休暇中、ずっと一緒に過ごした我が子を初めて預けるのはとても心配なこと。保育園の生活はどんな様子なのか、先生や園の雰囲気はどんな様子なのか、といった実際子供が体験すること以外に、保育料はどのくらいで、何時まで預かってもらえるのかといった働くママ目線で知らなくてはならないことも出てきます。預けることが決まったなら、一体どんなことに注意して保育園を選べば良いでしょうか。

保育園の種類は?


保育園といっても、いくつか選択肢があります。いわゆる「保育園」として認知されているのが認可保育園になりますが、待機児童の多い地域にとっては激戦です。もしも認可保育園に入れなくても、無認可保育園、認証保育園、地域によって保育室や保育ママという方法があります。

認可・無認可・認証などがある

それぞれの特徴として、認可保育園は国や自治体が運営し、無認可保育園は各施設が運営、認証保育所も同様各施設が運営し、民間企業や個人、NOP法人などが主になります。
認証保育所の補足としては、全施設が0歳児保育をし、13時間以上の開所が定められていることです。
東京都における認可保育園に対し待機児童の増加が背景にあり、それを解消するために認証保育所が設けられるようになりました。
無認可保育園、認証保育所は認可保育園のように施設や園庭が広くはありませんが、0歳児保育、延長保育といった早期復帰型、キャリア型のママにとっては助かる面も多くあります。
また、認可保育園の場合は住民票のある地域が有利になりますが、無認可や認証保育所の場合、仕事場のそばへエントリーできるので、生活スタイルや働き方によって選べるという利点もあります。
※認証保育所は東京都の独自の取り組みとなります。

保育園の選び方で重要なことは?


数ある中から我が子にぴったりの保育園を選ぶには、見学をおススメします。
どんなところで子供が過ごすのか、給食はどんなものを食べているのか、といったことも知ることができます。区立私立によっても園の雰囲気や活動内容が変わり、体操、リトミック、英語など独自のカリキュラムを取り入れるところもあります。
しかし、忘れてはならないのが「通いやすさ」です。どんなに気に入った園でも毎日の送迎はつきもの。雨の日も雪の日も通えるかどうか、ということも重要なポイントです。

入園枠の把握

もう1つ気にかけなければならない点が「入園枠の人数」です。
希望園が0歳児を受け入れていない場合もありますし、1歳児から申し込む場合も0歳児の持ち上がりを想定して空きがあるかどうかを必ずチェックしましょう。0歳児もしくは新設園であれば定員枠いっぱいで受け入れが可能ということです。お住いの市や区役所の保育課へ問い合わせると申し込み期間外でも現在の状況を知ることができます。

保育料はどのくらい?

保育料については、認可、無認可、認証など通う場所によって変わってきます。
認可保育園の場合、月齢と世帯収入により定められ、0歳児が最も高く月齢が上がるごとに保育料は減っていきます。
実際にかかる1月の保育料は1万未満〜7万以上。各家庭の世帯収入でシミュレーションを立てたい場合は、市や区役所の保育課へ問い合わせてみましょう。
また2人目以上は半額、無料という地域もあるので今後兄弟を考えているご家庭は何歳差まで保育料が安くなるのかリサーチしておくのもおススメです。無認可、認証は各施設によって定められていて、認可保育園にはない入園金がかかります。その上で毎月の保育料がかかり、認可保育園より高い金額です。相場は7万〜10万円ほどで、給食なしのお弁当という場合もあります。
ただし、認証の場合は金額の上限があり、それ以上の保育料の場合は自治体から補助金がでることもあります。
認可保育園へ入れなかった補欠として考えている人も多く、無認可、認証へ預けながら認可保育園の入園活動をする人も少なくありません。

先生と子供の人数で大切なこと

大切な我が子を預けるのですから、安全第一は言わずとも知れたこと。それでも園児における心痛むニュースは時折流れてくるものです。
本当に子供が安全に過ごせるかどうか、先生の目は行き届いているのか、それを知るにも園児の数や先生の数です。認可保育園は園児に対する先生の数が定められています。認証保育所も同様ですが、無認可保育園には規定がありません。先生自身の教育や生活態度は園を訪れるだけでもおのずと見えてくるものがあります。先生の数が足りているのか、園の先生同士のコミュニケーションがとれているのかも、事前に知っておくことは安心材料になるものです。

まとめ

保育園に預けるためにしておきたいことは、情報を集めることから。
自宅と会社の間で通いやすさ、保育料、預け先の条件などをまずは調べましょう。認可保育園に入れなかった場合も想定し、無認可保育園、認証保育所のリサーチもしておき、認可保育園に落ち場合でも復帰できるよう預け先を確保しておきたいものです。
ただし、認可保育園と違い、広さ、先生の数、お弁当あり、高い保育料といった少々負担が増えることも念頭におき、各家庭の状況とお子さんに合った保育園を選びましょう。また、実際の様子を肌で感じることも大切です。保育園への見学は先延ばしにせず、気になったら足を運んでみましょう。自宅近辺はどんな保育園があるのか、どのくらい空き状況があるのか、そういったことは各役所の保育課へ相談すると知ることができます。遠くて通うのに大変、近いけれど保育料が高くて大変、といった問題を復帰後抱えないためにも、早めに条件をリサーチし、保活に挑みましょう。

(文・森 初世)

提供元:camily(キャミリー)

camily(キャミリー)

キャミリーは、働くママとパパ、家族の気持ちをラクにする情報サイト。仕事と子育ての両立、育休からの仕事復帰、働くママの育児、生活・家事の時短テクニック、育児マンガなどを多数掲載。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事