働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

1728

余裕の雰囲気が漂っているママの秘密は「フラットシューズ」にありました

街や会社や幼稚園で見かけるいつもふわっと余裕の雰囲気が漂っている"あのママ"。その秘訣って一体何?って思ったことはありませんか?
もちろん、収入とか家族構成とか余裕を左右するファクターがいろいろ存在するとは思いますが、自分で変えられるものではないことは一旦置いておいて。簡単に取り入れられて、効果テキメンな方法が一つあるんです!

それは、楽な「フラットシューズ」を上手に毎日に取り入れること!

勿論ヒールのシューズにしか出せない魅力は確かにありますし、私自身ヒールは女性らしく見せたい日に欠かせないアイテムであるとも思っています。ですが、子供と生活する中でヒールの高い靴を履いていると歩きにくいし疲れる、痛い、またそれがゆえに歩くのが遅くなって時間に追われて焦ってしまう…などと、ママの余裕を奪うリスクがなかなか高いのです。

もしも足元が快適だったら、公園遊びやお出かけ、通園、通勤の際に気持ちが穏やかになり、もっと笑顔でいられそうな気がしませんか?まずはベーシックなフラットシューズを3足揃えて、週6快適な足元を目指してみてはいかがでしょうか。
きっともっと毎日が楽になるはずです。

ママが揃えるべきベーシックフラットシューズ①シンプルなきれいめの「スニーカー」

スクリーンショット 2016-06-01 00.57.18

出典:https://www.instagram.com/p/BFT5MuBK14x/

フラットシューズ定番中の定番といえば、そう「スニーカー」ですよね。

「毎日のように履くことはないわ」という働くママであったとしても、運動会や親子遠足、公園遊び、アウトドアレジャー、アミューズメントパーク…スニーカーなしでは過ごせないはずだと思います。

そんなママのマストハブアイテムなのですが、モノトーン系色のシンプルデザインの「スニーカー」。”THE 運動靴”のようなものを選ぶとカジュアルな日だけのための1足になってしまい、着まわしが効かないので、きれいめにも履けるモノトーン系色のシンプルデザインのものを選んでみてください。

そうすることによって、デニムやショートパンツの日だけでなくチュールスカートやマキシスカートやフレアスカート、スーツのようなパンツにも合わせられるようになり、グッと登場回数が上がるはずです。

ママが揃えるべきベーシックフラットシューズ②オンナらしく履ける「ポインテッドトゥパンプス」

スクリーンショット 2016-06-01 01.22.53

出典:https://www.instagram.com/p/BEuon2dR7e0/

次に揃えておきたいのは、やっぱりハイヒールに変わるようなフェミニンな1足。
爪先の形はラウンドだとあどけなくナチュラルな印象になりやすいので、ヒールがなくてもググッと”オンナ”を感じさせるシルエットが手に入る「ポインテッドトゥパンプス」をおさえましょう。

スカートやワンピースと合わせればとびきりフェミニンな印象になりますし、真逆の太身ボーイフレンドデニムと合わせればこなれた甘辛MIXコーデの出来上がり。

こちらもシンプルな1色のフラットパンプスを選ぶことでより着まわし力がUPし、一層洗練された印象になります。ハイエンドのバッグと組み合わせれば、デニムコーデもママらしい上品な仕上がりになります。

ママが揃えるべきベーシックフラットシューズ③どんなコーデにも合う「スリッポン」

スクリーンショット 2016-06-01 01.48.26

出典:https://www.instagram.com/p/BF6i7IUqR3g/

最後におすすめするのは、持っていると何かと重宝する「スリッポン」。
コンサバなコーデのやりすぎ感を程よく消してくれたり、デニムやスエットなどのコーデのカジュアル具合を行き過ぎないところで留めておいてくれる救世主的なアイテムです。

服は無地などのうるさくないものでまとめることを前提に、柄やスタッズなどデザインで挑戦するなら是非スリッポン選んで!

今年も流行っているので、ファストファッションブランドからハイブランドまで各ブランドがこぞって展開しているので、お気に入りの1足を見つけてみてはいかがでしょうか。

アニマル柄?キラキラグリッター?ジュート?甘口レース?辛口レザー?はたまた、あえてシンプル?
運命の1足に出会えたなら、余裕だけでなく胸の高鳴りだって履く度に感じられることでしょう。

まとめ

この3種類のフラットシューズが揃えば、毎日のお出かけが、きっともう少し肩の力が抜けるはず。
足元ファッションをちょっと変えるだけで、もっとラクに、もっとおしゃれに。そしてママの"楽(ラク)"が子供達の"楽しい"につながることになります。

「あのママいつも余裕のある雰囲気でなんか素敵なのよね。」

そんな風に思われるママに、足下を変えるだけでなってしまいましょう!

RELATED POST

あなたにおすすめの記事