働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 4520

恥ずかしくて誘えない…そんなときは“夫婦生活のヒミツのサイン”を決めてみて!

“いつまでも新婚の頃みたいにラブラブでいたい”そう願うママは少なくないはず。

夫婦にとってセックスはコミュニケーションであり、心の潤いです。でも、子どもがいると、「セックスしたいな」と思っても、なかなかそういう雰囲気にならなかったり、タイミングがつかめなかったりしませんか?

そんなパパママはぜひ“夫婦生活の秘密のサイン”を決めておいて! お互いスムーズに“今夜OK”のサインを送りあえるので、より夫婦生活が活発になるかも…!

夫婦生活のサインを決めるメリットって?

「一緒にいるのになんでわざわざサインを?」と思う方もいるでしょう。

直接「今夜セックスしよう」と言ってしまうのが一番楽なのですが、口に出すのが恥ずかしい方もいるでしょうし、何より「今日はムリ!」なんて断られた日には、もう二度と誘わない!という気持ちになってしまいますよね。

一方、サインの場合は、それほど恥ずかしくもなく、断られてもダメージが比較的少ないというメリットがあります。

また、お子さんのいる家庭の場合は、子どもの目の前でそんな会話はさすがにできませんよね。サインなら簡単に思いを伝えることができます。お子さんにバレないようにサインを送りあうことで、忘れてしまいがちな“ドキドキ感”を取り戻せるかも♪

では、いったいどんなサインでパートナーに伝えればよいのでしょうか? さっそく見ていきましょう。

やっぱりコレ!ハグやキスなどのスキンシップ

“今夜OK”の気持ちをわかりやすくスキンシップで示してみてはどうでしょうか?

例えば、キスしてみたり抱きしめてみたり…普段そんなことをしない方なら、これがサインとなることがあります。お風呂上がりに抱きついてみたりするのも良さそうですね。

子どもの前でのスキンシップが恥ずかしい場合は、寝ているときに手をつないでみるというのもおすすめです。

他人には解読不能?夫婦だけの暗号!

サインもスキンシップもなんだかピンとこないという方は、夫婦間で暗号を作ってみてはどうでしょうか?

例えば「抱っこして」や「待っててね」という言葉を、セックスしたいときの暗号に使っている人もいるようです。ほかにも、朝出かけるときに「今日は早く帰ってきてね」と言うのもよく使われているみたい。

直接が恥ずかしいなら、『空(から)メール』を打つなんて意見もありました。

ムードでうったえる!雰囲気を作って察してもらう

意外と多い夫婦生活のサインが“雰囲気作り”。きちんとセックスできるようなムードを作ってパートナーに察してもらうのです。

ママなら、いつもよりセクシーな下着をつけたり、パパならママのパジャマのポケットにコンドームを入れる…などです。

また、子どもが寝てから2人で映画を見て雰囲気をつくるという方も。やはり夫婦生活においても努力が大事なのですね。

LINEやメールでダイレクトに!

直接言うのは恥ずかしいし、暗号もまどろっこしい! そんな方はLINEやメールを使って誘ってみてはいかがでしょうか?

「今日ラブラブしよ?」「今夜がんばれ!」など、わかりやすい文でサクッと聞いてみましょう。ポイントは思いつめた感じではなく、明るくスタンプや絵文字などを用いて誘うこと。万が一、断られても明るくOK!と返すと今後も誘いやすくなりますね。

カップルのときが嘘のように、夫婦となるとセックスするタイミングが急に難しくなるんですよね…。

「このままセックスレスになってしまうのでは…」と不安なママは“夫婦のヒミツのサイン”をパパと話し合ってみてはいかがでしょうか。

参照/
離婚を決める前に知っておきたい男女の違い★夫の本音妻の本音がよくわかるカウンセリング「夜の営み…夫婦の秘密のサイン」

提供元:mamaPRESS -ママプレス-

mamaPRESS -ママプレス-

「ママになっても楽しみたい!輝きたい!」という方たちのためのWEBサイト、それがmamaPRESSです。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事