働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 16056

ママ栄養士が教える!忙しい朝にもぴったりなおしゃれレシピ

子供用の朝ごはん。毎日何にしようかと頭を悩ませているママも多いのではないでしょうか?朝ごはんを食べると、脳が活発になり、身体を動かすエネルギーにもなります。頭を使うにしても身体を動かすにしても、エネルギーが必要不可欠。今回は、忙しい朝でも簡単に作れる、おしゃれで栄養バランスもいい朝ごはんメニューをご紹介します。

簡単なのにおしゃれ!朝食の新定番にケークサレ

ケークサレをご存知ですか?ケークサレとは、フランスでよく食べられている、甘くない塩味のケーキです。お食事系のケーキで、野菜、ベーコン、ウインナーなどの具材を入れて作る、キッシュのようなものです。お食事系のケークサレは、アレンジ次第で簡単おしゃれな朝食の強い味方になってくれますよ。

簡単基本のケークサレレシピ

【材料】シリコンカップ(中サイズ)4個分

・小麦粉 1/2カップ
・ベーキングパウダー 小さじ1/2
・卵 1個
・粉チーズ 大さじ1
・オリーブオイル 大さじ1
・牛乳(豆乳) 50cc
・塩こしょう 少々
・お好みの具材 下記具材例参照

【レシピ】

①ボールに小麦粉・ベーキングパウダーを入れ、ホイッパーでよくかき混ぜます。(ホイッパーでかき混ぜることで、ふるう手間が省けます)

②別のボールで卵・粉チーズ・オリーブオイル・牛乳(豆乳)をよく混ぜ合わせてから、①を加えます。
※①にそのまま②の材料を加えてもできますが、ダマになりやすいので注意してください。

③お好みの具材を加え、さっくりと混ぜ合わせます。きれいに形を見せたいものは、生地をカップに流した後、上に飾るようにしましょう。

【写真の具材】
・プチトマト×コーン×輪切りウインナー
・角切り蒸しかぼちゃ(離乳食の余り)×輪切りウインナー
・冷凍枝豆×冷凍人参×コーン×輪切りウインナー

④シリコンカップや耐熱容器に、生地をカップの1/2程度まで流し入れます。

⑤電子レンジ(600w)で1分30秒加熱すれば完成です。(お弁当用カップの場合)真ん中に楊枝などを指し、中まで火が入っているか確認しましょう。
カップの大きさにより加熱時間は異なるので、つまようじに生地がつくようであれば、10秒ずつ再加熱して下さい。

【具材例】
■たんぱく質
ウインナー・ベーコン・ハム・ゆで卵・クリームチーズ・しらす・桜えび・魚肉ソーセージなど

■野菜
コーン・プチトマト(ドライトマト)・ベジタブルミックス・冷凍枝豆・茹でたブロッコリー・玉ねぎ(みじん切り)・なす・菜の花・きのこ類・オリーブ・かぼちゃの煮物・肉じゃが・きんぴらごぼうなどおかずの余り

栄養バランスもばっちり!

ケークサレは、三大栄養素と言われる炭水化物・たんぱく質・脂質を同時にとることができます。さらに野菜を加えることで、ビタミンやミネラルも補えるお手軽レシピです。

本来はオーブンで焼きますが、電子レンジ調理にすれば忙しい朝でも時短で作れます。お弁当に使うカップやシリコンスチーマーなどを使うと、容器から取り出しやすいのでおすすめですよ。

ベーコン、ウインナー、玉ねぎなどは、一度フライパンでソテーしてから生地に加えると美味しさがアップしますが、そのまま入れても問題ありません。余ったかぼちゃの煮物や肉じゃがを小さめに切り、具材として混ぜても美味しく仕上がります。

お弁当用のカップを使えば、そのままお弁当のおかずとしても使えますよ。

アレンジ自由自在!応用ケークサレ

①米粉を使ってグルテンフリーなケークサレ

基本のケークサレで使用した小麦粉を、米粉50gに変更します。小麦粉を使用したものよりもちもちとした食感になります。米粉の方が消化のスピードが緩やかなので、腹持ちも良いです。グルテンフリーなので、美容や健康に気を使うママにもおすすめです。

②オーブンを使っておもてなし料理

基本のケークサレでは、電子レンジを使う簡単ですぐに作れるレシピを紹介しましたが、オーブンを使えば焼き色がついて見た目もよくなります。
基本の材料を倍量にし、パウンド型に流し入れて作ります。オーブンは180度で予熱し、35〜40分焼きます。焼くのに時間はかかりますが、前日のうちに作っておけば、朝は切るだけで楽に朝食の準備ができますよ。おもてなしにもおすすめです。

③ホットケーキミックスを使うとさらに手軽に

ホットケーキミックスは、小麦粉・ベーキングパウダーがもともと混ざっているので、さらに時短調理ができます。小麦粉の代わりに、ホットケーキミックス50gを使用します。市販のホットケーキミックスには、砂糖も含まれているので、少し甘めの仕上がりに。砂糖が含まれないパンケーキミックスを使えば、より本格的な食事系のケークサレが作れますよ。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、手軽に作れる朝食レシピとしてケークサレを紹介させていただきました。ケークサレに合わせて、フルーツやヨーグルト、スープなどを合わせれば、簡単でおしゃれな朝食の出来上がり。是非、いろいろな具材を入れてお試し下さい。

kazuyo

栄養士、ベジフルビューティーセルフアドバイザー、ジュニアファスティングコンシェルジュ。2児のママ。食事で美しく・健康になりたい女性をサポートすべく、美容・健康・妊活・育児などのコラム執筆、食提案など幅広く活躍中。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事