働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

3680

「子育てしながら働きたい」と思い、この度自宅でプチ開業をしました

近年、社会的に話題にもなっている待機児童問題。働きたいけど預け先がないという話はよく耳にしますよね。実際、私もその1人。
また、保育園はまだ早いけどお小遣いや生活をより潤わせるためのお金を少し増やせたら…という意見もよく聞きます。

私は色々考えた末、自宅でプチ開業することにしました。
今回は、実際に自宅サロンを開いた私が、プチ開業の「メリットとデメリット」をお伝えします。

子育てしながら、自宅でプチ開業①自宅サロンは自分の趣味や資格が生かせる

image

自宅サロンといっても、難しく考える必要はありません。例えば手先が器用な方は教室など開いてみるのはどうでしょう。いわゆる「ワークショップ」です。最近では、ポーセラーツ教室やお料理教室なども人気ですよね。お料理教室の中でも、手作りパンやおもてなしのパーティーメニュー作りなども、非日常的で喜ばれると思います。

私が最近面白いなと感じたのは、手作りの「虫除けリーススプレー」のワークショップ。これからの季節に最適ですし、子供にも安全な材料を使うそうなのでママ達も興味深々でした。
私自身は「ネイル」と「エステサロン」を開業しました。自分の資格も十分に自宅で生かせるのが嬉しいですね。

子育てしながら、自宅でプチ開業②自宅で開業するために、何を準備すれば良いの?

image

自宅サロンなので、とりあえず物件探しは必要ありません。そうなると、お家の中のどのスペースを利用するのでしょうか。サロン内容にもよると思いますが、リビングやキッチン、空いている部屋を使用するなど、お客様が居心地が良いと感じる空間を想像するのが良いと思います。

場所が決まったら、次は必要な道具を揃えましょう。例えばエステサロンですと、ベッドやタオル、タオルウォーマーにガウン、マッサージクリーム、美容機器、スポンジなど揃えるものはたくさんありました。インテリアも重要です。

自分なりのコンセプトを決めて、それに合った小物などを揃えていくと統一感がでます。

子育てしながら、自宅でプチ開業③自宅サロンの集客の方法

saron

自宅サロンにしろ、街中の様々なお店にしろ、1番の悩みどころは集客です。

自宅サロンを開業するにあたっての最大のデメリットは、住所を公表出来ないということです。安全面などを考えると、広告やインターネットに自宅の住所を載せるのことはできません。やはり最初は友人知人の紹介などになってくるでしょう。

そして最近ではSNSやブログでの集客が主流ですよね。それでも限界が来てしまう、もっとたくさんの方に来てもらいたいと思います。その場合は、「プライベートサロン」「自宅サロン」「女性専用」というワードを用いて、ご予約いただいた方のみに住所をお伝えしますということを伝えて、例えば地域の掲示板やフェイスブックなどのコミュニティグループなどに書き込み宣伝をするのも良いかと思います。

チラシをパソコンや手書きで作ったり、今は安価で印刷してくれる業者さんもありますのでそういったところにお願いするのも良いかと思います。ママ達の口コミにも期待ですね。

子育てしながら、自宅でプチ開業③④子供を預けられない。そんな時はママと一緒にいられるサロンにしましょう

サロン

そもそも自宅サロンや教室を始めるメリットは、子供と一緒にいながら働けるというところ。
でもエステサロンやネイルサロンは、やはり自分の子供が側にいるとお客様に迷惑をかけてしまうケースもあります。それは、お客様がたとえお子様連れでいらっしゃったとしても、当然そこに非日常の癒しや、プロの技術・空間を求めるのでそこは壊したくありません。

そんな時は子連れでのグループイベントなどにして、お茶会でママ同士のおしゃべりをしてもらいながら順番にネイルなどをするのも良いですし、ポーセラーツやお料理などの教室であれば子供も一緒にみんなでわいわい進めることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ママになってから「何か手に職を持って自宅サロンを開業したい!」という声を本当に多く耳にします。
私も始まったばかり!自分だけの空間を作って、子供と楽しみながら働いていきたいと思います。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事