働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

848

ダイエットにも美肌にも!ママが知っておきたい簡単万能調味料「甘麹」

「甘麹(あまこうじ)」をご存知ですか?甘麹とは「米麴」か「酒かす」から作る、いわば“甘酒のもと”といえるものです。「甘麹」をお湯で割ると甘酒になるのですが、甘麹を調味料として使うことで簡単にダイエットや美肌効果が期待できる万能調味料として使えます。
今回は米麹を使った、ママが知っておきたい簡単活用術をお伝えします。

ママ必見!「甘麹」に期待できる効果とは?

image

先述の通り「甘麹」は“甘酒のもと”です。甘酒は飲む点滴と言われるほど栄養価が高いと注目されており、「甘麹」にも同様の働きがあります。
その栄養価とは
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB6
・葉酸
・食物繊維
・オリゴ糖
・アミノ酸
・ブドウ糖
・コハク酸など
様々な栄養素が含まれており、江戸時代には夏バテ予防に飲まれていたと言われています。
夏バテ予防としてはもちろん「甘麹」には美肌効果・美白効果・便秘解消・疲労回復効果など、さまざまな効果が期待されています。
「甘麹」は“甘酒のもと”なので自然な甘みがあり、砂糖の代わりとして料理に使えます。つまり、その「甘麹」を砂糖の代用で使うことでダイエット効果も期待できるスーパー調味料になるのです。

不器用ママでも簡単に作れる「甘麹」の作り方

image

用意する材料は
・米   1
・米麴   200g
のみと、なんともシンプル!!

「甘麹」を作る際には温度管理が重要なので、温度計・布巾を用意します。温度計がない場合は100円均一でも売っていますよ。今回は作りやすいように、ご家庭にある普通の炊飯器を使った簡単な作り方をご紹介します。

~作り方~
①米を研ぎ、米1合に対し水は2合分まで入れ、お粥を炊く。
②お粥が炊けたら冷まします。ここで温度計の登場です!お粥を60度位まで冷まします。蓋を開けたままかき混ぜ、炊飯器の保温スイッチを一度切るのがおすすめです。
③お粥が適温になったら炊飯器の保温スイッチを再び入れ、ほぐした米麴を全て入れます。袋を開ける前に袋の上からほぐすと便利ですよ。
④お粥に「米麴」を入れたら全体をよくかき混ぜ、55〜60度位を保ちます。釜の上に布巾をかぶせ、炊飯器の蓋を開けたまま保温し続けます。
※開けたままというのがポイント。閉めると温度が上がってしまうので、必ず開けたまま布巾をかぶせ、保温しましょう。温度が高すぎても低すぎても失敗の原因となってしまいます。
8〜10時間放置したら完成です。その間、23回ほど全体を混ぜ、馴染ませましょう。

55〜60度を保つという温度管理が難しく感じますが、60度で「米麹」を加え、保温スイッチ+布巾+蓋を開けたままにする、というポイントを守れば放置したままでもその温度帯をキープできるので、失敗せずに作れます。
保存は冷蔵庫で2週間。冷凍保存なら、さらに長期保存も可能です。

ママにうれしい美肌・ダイエット効果!万能「甘麹」活用術

image

「甘麹」は砂糖代わりにも使えるので、普段の料理に使う砂糖を「甘麹」に変えてみてください。本来、砂糖には含まれない栄養素が「甘麹」には豊富に含まれているので、いつものメニューも栄養価が高まり、美肌や整腸効果が高まるはず。

例①グリーンスムージー×「甘麹」
朝食の定番にしている方も多いであろうグリーンスムージーに甘麹を小さじ1杯。自然な甘味なので、どんなスムージーに合わせても味の邪魔をせず、美肌効果・整腸効果が期待できます。整腸効果が高いとされるヨーグルトをスムージーに加えると、甘糀に含まれるオリゴ糖の働きで、さらなる整腸効果が期待できるかもしれません。便秘を解消することは、美肌やダイエットにも繋がります。

例②煮物×「甘麹」
煮物を作る際に砂糖代わりに使うのもおすすめ。和食は洋食に比べるとヘルシーですが、調理にはよく砂糖を使いますよね。『かぼちゃの煮物』、『肉じゃが』など、普段の煮物に使う砂糖を「甘麹」にすることで、砂糖よりヘルシーで優しい甘味の煮物に仕上がりますよ。

例③肉・魚×「甘麹」
を通しすぎるとパサつきがちなお肉も、事前に「甘麹」に漬けておくことで、パサつかずにしっとり仕上がります。生姜焼きなら、漬け込んだ後に醤油と生姜をプラス。砂糖は不要です。パサつきがちな鶏胸肉の漬け込み調理もおすすめですよ。
魚には「甘麹」味噌を事前に漬け込んでおくと、簡単に西京焼きになります。
「甘麹」味噌のダブルパワーで、こちらもしっとり仕上がります。
肉や魚を多く買ってしまった時には冷凍庫のストックに。事前に漬け込んで保存しておくと、調理の際簡単に使えます。
どちらも焼く際は焦げやすいので注意してください。

そのほか、写真のようなミルクプリンやホットケーキなどのお菓子を作る際に砂糖の代わりに使うのもおすすめです。優しい甘みなので、離乳食から使えますよ。

まとめ

いかがでしたか?
美肌・整腸・ダイエット効果が期待できて、ママに嬉しい効果を兼ね揃えた「甘麹」。作るのに時間はかかりますが、ご家庭の炊飯器でも簡単に作ることができます。一度にたくさんできるので買うよりも経済的。飲むだけじゃもったいない、料理にも使える万能な「甘麹」、是非お試しくださいね。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事