働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 1952

ガーゼでふんわり布マスクを手作りしてエコ生活

風邪の時や給食当番、災害の時も活躍するマスク。
洗濯して繰り返し使える布マスクを手作りすれば、エコにもつながります。子供の好きなキャラクターなどを使ったデザインのマスクを作れば、子供も喜んで使ってくれそうです。
今回は直線縫いで簡単に出来る、布マスクの作り方をご紹介します。

用意するもの

用意するもの

・Wガーゼ 
・綿100%生地
・マスク用ゴム

サイズ表(縫い代含む)

子供用
出来上がりサイズ 8.5cm(縦)×12cm(横)

表生地:17cm(縦)×17cm(横)
Wガーゼ:17cm(縦)×11cm(横)
マスクゴム:25cm~30cm 2本

大人用
出来上がりサイズ 9.5cm(縦)×13.5cm(横)

表生地:19cm(縦)×18.5cm(横)
Wガーゼ:19cm(縦)×12.5cm(横)
マスクゴム:25cm~30cm 2本

布マスクの作り方

1.表生地とWガーゼを中表に合わせ、縫い代1cmで直線縫いをします。

2.反対側も同じく縫い代1cmで直線縫いをします。表生地のサイズを大きくとっているので重なり合いません。


両端を縫い合わせたら中心を合わせ、筒状になるようにします。

3.そのまま上部を中心まで折り返します。


4.下部も同じように中心まで折り返します。


5.裏返して形を整えたらアイロンを掛けます。

6.サイドはゴムを通すスペースを残すようにして、ぐるりと一周、直線縫いをします。

7.両サイドにゴムを通して完成です。


作品例

女の子用

男の子用

マスクに適した柄
マスク自体が小さいものなので、柄も小さめのもの選ぶといいでしょう。
ドット柄やチェック、迷彩や小花柄など同じパターンが並ぶ柄なら、生地のどこをとっても綺麗に柄が出ます。

まとめ

いかがでしたか?
とても簡単で、15分ほどで出来上がるガーゼの布マスク。一度作り方を覚えてしまえば、何度でも作り直し出来ます。
給食当番や避難訓練などマスクの出番は多く、すぐに無くしたりも…。
使い捨てマスクを卒業して、今年は手作りマスクに挑戦してみませんか?ママの手作りマスクなら、マスクの忘れ物防止にもなって一石なん鳥にもなりそうです。

ayako nakatani

ハンドメイド作家。7歳男の子、4歳女の子のママ。ハンドメイドの作品はインスタグラムからご覧いただけます。 https://www.instagram.com/somecozy

RELATED POST

あなたにおすすめの記事