働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 21416

働くママ必見!朝のゆとりを生みだす、細かすぎる時短術5選

「Time is money」
働くママにとって、1分1秒がとっても貴重な朝の時間。
朝食の用意に後片付け、子供を起こして登校・登園の準備をし、自分の身支度も整えて…猫の手も借りたい!!という心の叫びが聞こえてきそうです。
ここでは、3歳と0歳の男の子を育児中、働くママである私が実践している、細かすぎる朝の時短術を5つご紹介します!

朝の時短術① 前夜にできる家事はすべて終わらせておく

子供たちが寝静まったあとに、できるかぎりの家事を終わらせています。
洗濯なら、あらかじめ洗濯機を回しておき、洗い上がったものを干す。掃除なら、音のうるさい掃除機ではなく、フローリングは水拭き、カーペットは粘着カーペットクリーナー(通称コロコロ)を使用。

また、夕飯で使用した食器もすべて食器棚にもどし、洗いかごは空にしておく。朝食のテーブルセッティングを済ませておく。ゴミをまとめておく。入浴のついでにお風呂を掃除する(パパが担当)などなど。

住宅事情によっては難しいこともあるかもしれませんが、朝の時短につながるだけでなく、家事がたまってしまうストレスからも解放されるおすすめの方法です。

朝の時短術② 朝食メニューは簡単なもので定番化

たとえば朝食のトーストに添えるメニュー。

ソーセージや目玉焼きなど調理が必要なメニューは避け、調理不要で食べられるハムやチーズをチョイス。ヨーグルトは大容量パックではなく、個装の商品を選べば盛りつけの手間もはぶけます。サラダ用の葉野菜は前夜のうちに洗って冷蔵庫に入れておくと便利です。

ごはんの日には、納豆や海苔、漬物などおかずになる食材を常備して。前夜にあらかじめ具沢山のお味噌汁を作っておけば、一汁一菜でも満足感がありますね。

食器も、できるだけワンプレートにおさめることで、食器を洗う時間も短縮できますよ。

朝の時短術③ 着るものはすべて準備してならべておく

幼稚園生の長男、保育園生の次男、そして私。朝着替えが必要なものはすべて前夜のうちに準備して、棚の上に並べておきます。

特に自分のものについては、洋服だけでなく、時計、アクセサリー、ストッキングに靴、バッグまで、身につけるものすべてを準備。朝になってコーディネートが決まらない!なんてストレスからも解放されます。

また、早めに着替えを済ませててしまうと、朝食を食べている最中に汚してしまった、おむつからうんちが漏れてしまった、などのトラブルも起こりがち。子供の着替えは出かける直前がおすすめです。

朝の時短術④ 消耗品はすべてプッシュタイプを選ぶ

基礎化粧品はオールインワンのアイテムを選ぶ、ということは、忙しいママの間ではもはや常識かもしれません。さらなる時短を目指すなら「プッシュタイプ」のアイテムを選んでみてはいかがでしょうか。

たとえば、洗顔料、オールインワン基礎化粧品、化粧下地、ヘアケア剤。食器用洗剤、手洗い石鹸、歯磨き粉など日常使用するありとあらゆるものすべてをプッシュタイプにすると、「ふたをあける→手に取って中身を出す→ふたをしめる」の工程がカットされ、1アイテムにつき、10秒程度の時短になるんです。
ひとつひとつはわずかな時間ではありますが、合計すると毎朝5分ほどの時短に。意外とバカにできません。

また、中身が少なくなった消耗品はすぐに補充。忙しいときにかぎって、中身が出てこない!!なんてストレスともさよならです。

朝の時短術⑤ 時短美容はフル活用

④で紹介したオールインワン基礎化粧品だけでなく、時短美容は積極的に活用しちゃいましょう!

たとえば、私が実践しているのは「まつげエクステ」と「縮毛矯正」。どちらもわざとらしくない程度の自然なものですが、朝のアイメイクとヘアセットの時間が劇的に短縮できます。

ほかにも、眉やアイラインのアートメイクをしている、コンタクトレンズを入れる時間を短縮するためレーシック手術をした、という先輩ママもいるようです。

まとめ

毎日忙しく過ごしている働くママへ、朝のゆとり時間を生みだす、こまかすぎる時短術を5つご紹介しました。
ほかにもこんなテクニックがあるよ!こんなこと実践しているよ!という素敵なアイディアがあれば、facebookやtwitterからぜひお寄せ下さいね!

宮森 渚朝

ベビーマッサージ講師、webライター。高知県在住。3歳・0歳の男の子ママ。 育児がもっとhappyになるベビーマッサージ教室「ハッピーアイスクリーム」を主宰。読者モデルとして活動中。 息子との毎日や、読者モデルとしての経験、ベビーマッサージ講師の活動などから、ママに嬉しい情報を発信していきます。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事