働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 11224

ママのイライラを食事で緩和!食べてストレス対策する方法

突然ですが、ストレス溜まっていませんか?ストレスを溜めやすい性格の方もいれば、ストレスとは無縁な方もいるでしょう。同じ事が起こっても感じ方や受け止め方も様々です。そんなストレスを日々の食事で手軽に緩和できたら嬉しいですよね。今回は、食事からできるストレスケアをお伝えします。

まずはチェック!そのストレスは食事が原因かも!?

ストレスと聞くと、仕事・育児・対人関係などの外因的要因や、ホルモンバランスの乱れなどを思い浮かべる方が多いと思います。しかしそのイライラ、実は日々の食事によって、自分自身で作り出しているかもしれません。

【ストレス要因食事チェック】
①甘いもの大好き!新作のお菓子や流行のスイーツなど、甘いものをよく口にする。
②菓子パンをよく口にする。パンにはジャムが欠かせない。
③清涼飲料水やコーヒーショップの甘い飲み物などをよく飲む。
④ファストフード・コンビニ・インスタント食品などの加工食品をよく口にする。

いくつ当てはまりましたか?これらのチェック項目、実は当てはまれば当てはまるほど、イライラの要因になる食事をしている可能性が高くなります。

①〜③に共通しているのは、血糖値への影響です。甘いものを食べると血糖値が急激に上昇し、その後下降します。この血糖値の急激な変化が日常的に繰り返されることで、精神的にもイライラしやすくなるのです。またダイエットや美容にも、血糖値の急激な変化はよくありません。

④は添加物やビタミン不足が関係しています。ファストフードやインスタント食品などには、さまざまな添加物が含まれています。加えてビタミン・ミネラルなどの栄養が不足しがちになります。高カロリーなので空腹は満たしてくれますが、肝心な栄養素が少ないと言えます。

食べてストレス対策!積極的に摂りたいものとは?

ストレスの要因になる食べ物もあれば、ストレスを軽減してくれる食べ物もあります。

①美白、美肌にも有効なビタミンC


美白・美肌・アンチエイジングなどに効果的で、美容効果が高いビタミンC。ストレス対策にも有効なビタミンの一つです。ストレスを感じると体内には活性酸素が増えます。活性酸素が増えると、老化や疾患の要因となり美容や健康にも大敵となります。そこで、活性酸素を除去するために活躍するのがビタミンCです。ビタミンCは、ストレスを感じると大量に消費されます。摂りだめできず排泄されやすいビタミンなので、日々の生活の中で意識的に摂りましょう。また、水に流れやすく加熱に弱い性質のため、サラダなどの生食の方が効果的です。

ビタミンCが多く含まれる食材
緑黄色野菜、ブロッコリー、パプリカ、ピーマン、モロヘイヤ、いちご、キウイフルーツなど

②糖質をエネルギーに変えるビタミンB1


ビタミンB1が不足すると、イライラするなどストレスに繋がります。糖質をエネルギーに変える際に必須なのもビタミンB1です。糖質のエネルギー変換に使われるため、パンやパスタ、インスタント食品の多い食生活だと、ビタミンB1が不足しやすくなります。炭水化物や加工食品をよく食べる方は、ストレス対策のためにも積極的に摂りたい栄養素の一つです。白米を玄米に変えるだけでも手軽に摂取できますよ。

ビタミンB1が多く含まれる食材
豚肉、牛ヒレ肉、鶏レバー、うなぎ、大豆製品、玄米など

③ストレス対策にはカルシウム


「ストレスにはカルシウム!」一度は耳にしたことがあるママも多いのではないでしょうか?カルシウムは脳の神経の興奮を抑える働きがあるため、ストレス対策に有効です。日本人が一番不足しがちな栄養素とも言われています。ファストフードや加工食品はイライラの要因になると紹介しましたが、加工食品に含まれる添加物(リン)の摂り過ぎはカルシウム吸収を阻害します。女性の場合、ホルモンバランスの関係で将来的に骨粗鬆症などにもなりやすいので、将来のためにも意識的にカルシウムをプラスするのがおすすめです。

カルシウムが多く含まれる食材
小魚(しらす、いわし、桜えびなど)、乳製品、チーズ(プロセスチーズ、パルメザンチーズ)、葉物野菜(モロヘイヤ、小松菜、大根の葉、かぶの葉など)

④幸せホルモンを増やすトリプトファン


「トリプトファン」は、あまり馴染みのない名前ですよね。アミノ酸の一種で、食べ物から摂取する必要がある必須アミノ酸の一つです。トリプトファンは、別名「幸せホルモン」と言われる「セロトニン」のもとになります。セロトニンは、精神を安定させ心のバランスを整えたり、ホルモンのバランスを整える働きがあります。ストレス対策にも有効です。過度のストレスによりセロトニンが不足すると、心身のバランスが崩れ不調をきたします。セロトニンは規則正しい生活や適度な運動で活性化されますが、トリプトファンも積極的に摂取しましょう。

トリプトファンが多く含まれる食材
大豆製品(納豆、豆乳など)、バナナ、アーモンド、乳製品(牛乳、ヨーグルトなど)

まとめ

いかがでしたか?
ストレス対策食材を積極的に食べるのはもちろん良いですが、よく噛んで食べることもストレス対策に有効です。イライラした時こそ、まずは一息ついてみましょう。ついつい甘いものやジャンクフードに手が伸びてしまう方も、自分の身体を労わり、普段からおすすめ食材を上手に生活に取り入れてみてください。

kazuyo

栄養士、ベジフルビューティーセルフアドバイザー、ジュニアファスティングコンシェルジュ。2児のママ。食事で美しく・健康になりたい女性をサポートすべく、美容・健康・妊活・育児などのコラム執筆、食提案など幅広く活躍中。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事