働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 46480

【piyo_pon】第34話:「ママ任せ」をやめてみよう!

最近は、育児に積極的に参加しているお父さんをよく見かけます。

公園で遊んだり、抱っこひもを装着しつつ更に上の子の手を繋ぎ散歩していたり。
ショッピングモールのオムツ替えコーナーでオムツを替えたり、病院に付き添ったりするお父さんも10年前よりも増えたように思います。

でも、このようなイクメンが増えた一方で、まだまだ面倒なお世話は「ママ任せ」のお父さんもたくさんいることでしょう。

まとめ

夫が小児科へ行き始めた頃は、毎回愚痴ばかり言っていました。

「先生が怖い」、「予約のはずなのに待ち時間が長い」、「何でお父さんのくせに知らないんだ?みたいな顔をされる」、「今はお子さんに聞いてるんです!と怒られた」・・等々。他にも薬局や駐車場に至るまで、文句たらたらでした。

でも、徐々に【小児科とはこういうものなんだ】ということがわかってくると、今度は持ち前の負けず嫌い精神で、どうすれば嫌な気分にならずに済むように通えるか?を追求し、気づいた頃には病院へ行っても風邪もインフルエンザもうつらないような、看病に適した強靭な体を手に入れていました。

お父さん達が面倒なことを「ママ任せ」にしてしまうのは、【よくわからないから、やりたくない】というのもあるかもしれません。
そして、ママの側も【1から教えるのは大変だし、自分がやった方が気が楽】と思って自らやってしまいがちですが、いざとなったらお父さんを信頼して、任せてしまうのもアリだと思います。

…とは言え、初めて夫と息子とで行ってもらった美容院。
その間、私は自宅で休ませてもらっていたので文句を言える立場ではありませんが、予想以上に髪が短くなって帰宅したタマの姿は、数日経った今でも見慣れずにいます。

まあ、こんな誤算もありますが、髪はまたすぐに伸びるし、楽しいことも大変なことも、どちらかに任せっきりにするのではなく、二人で協力しながら子育てしていこうと思います!

こんな我が家の日常はInstagramで更新中です→piyo_pon

piyo_pon

2児の母です。娘(11歳)、息子(2歳)、夫との平凡だけど毎日いろいろな発見がある日常を、インスタグラムに描いています。https://www.instagram.com/piyo_pon

RELATED POST

あなたにおすすめの記事