働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 1624

苦手な人との会話が途切れない魔法の話し方

苦手な人と会話はスムーズに続きますか?
うまく話せないという方が多いのではないでしょうか?苦手な人と会話するのは苦痛ですが、沈黙も苦痛ですよね。

今回は、そんな時に役立つ、苦手な人とも会話が途切れない魔法の話し方をご紹介します。

共感で初対面でも盛り上がる。

相手と共感できるポイントがあると、苦手な人や初対面の人とでも会話がスムーズに進みます。

例えば、初対面の場合、出身地が同じだったりすると、
「えー!嘘ー!嬉しい!じゃあ○○とかわかる?」
などと話が盛り上がり、すっかり身近に感じたことがある人も多いのではないでしょうか?

出身地、血液型、星座などが一般的に挙げられますが、ママの場合、子供の服のブランドや、行ったことのある公園、子供の好きなアニメ、保育園や学校の先生など共通の話題から入るのがいいでしょう。

共通の話題の中に、いくつか驚くようなネタを持っておくと、会話がより盛り上がります。

例えば
「こないだアンパンマンのTVを子供とみていたんだけど、知ってた??ジャムおじさんは、人間じゃなくて、妖精なんだよ….」
というような感じで、共通の話題に、驚くようなネタをいくつか持っておくと、話に花が咲き、スムーズに会話が進みます。

言葉やペースを相手に合わせる。

丁寧な言葉遣いをする人には、自分も丁寧な言葉遣いを。ゆっくりとした喋り方の人には、こちらもゆっくりとした喋り方で話しましょう。

そして言葉を合わせることを意識してみて下さい。

例えば
「お昼ご飯行かない?」
と誘われているのに対して
「そうだね!ランチ行こう」ではなく、
「そうだね!お昼ご飯行こう」
と同じ言葉で返すことを意識するだけで、ずっと会話がしやすくなります。

同じ言葉を使い、同じテンポとトーンで話すようにすると、相手は心地良く感じます。好印象を抱きやすくなり、安心感も生まれてくるので、会話が続けやすくなります。

ネタを見つける習慣をつける。

会話が途切れた時や盛り上がらない時のために、誰かに話したいと思うことをメモしたネタ帳を作っておくと便利ですよ。

「あ!これ面白いなー!役に立つなぁ」というような、誰かに話したくなる話を10個くらいまとめて書いておきましょう。会話が途切れた時などに「あ、あの話をしよう!」と話題が見つかるので、沈黙が怖くなくなります。

ママだと、料理のお役立ち話や、子供あるある。働いているママなら時短に関する話や、働くママあるあるなどがいいでしょう。
「仕事が忙しい時に限って子供が熱を出す」など、いくつかネタ帳に書いておくと、共感もできさらに盛り上がると思います。

こんなポイントが面白かったのと身振り手振りを入れたり、笑顔を忘れずに話すことも、相手に面白いと思ってもらうために効果的です。会話が苦手な方には、とくにおすすめですよ。

まとめ

いかがでしたか?
年末に向けて、ハロウィンやクリスマスパーティなど人が集まる行事が沢山ありますね。
初対面の人や苦手な人と接する機会も、増えそうです。
簡単にできることばかりなので、ぜひ取り入れてみてください。

近藤 さやか

メイクアップアーティスト。アジアで2万人以上の女性を綺麗にし、メディアやイベント、CMなど多数出演経験をもつ。また2000冊以上の本やセミナーから脳科学・心理学、行動心理学などを学び女性を内面、外見共に輝かせるトータルビューティクリエイターとして多方面で活動中。https://ameblo.jp/sayaka-beautyblog