働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 8928

離したくない女性になるために!夫の愚痴を上手に聞く妻になろう

夫が帰宅してから夫の愚痴を聞いてあげられていますか?
仕事の愚痴があるときは会社で自分が認められなかったときです。
だからこそ、妻であるあなたが認めてあげましょう。
特に男は認められたい生き物なので、聞き上手になるだけで夫婦仲が自然と深まることはよくあることなのです。よく浮気夫が言い訳に使う言葉が「妻が構ってくれないから」です。ということはこうした日々の不満を妻が聞くだけで夫婦円満に…さらに浮気予防にもなるのです。

うなずく仕草が重要!

夫に限らず、人の話を聞く上であいづちを打つことはとても大切です。
それは「うんうん」と相手の目をみて親身になってうなずくだけで「あなたの話をちゃんと聞いています・理解しています・味方です」という意味合いになるからです。
ということは、夫の愚痴に対してうなずくだけで、夫は「妻は自分の気持ちを受け入れてくれた」と思うので、愚痴をこぼし終わった時にはスッキリして「妻に相談して・話してよかった」と感謝され、自然と夫婦仲が良好になります。
そして聞く姿勢は、椅子やソファーの背もたれに寄りかからない!
目の前に座っているのであれば前のめり、隣に座っているのであれば体を傾けて顔を覗き込むようにするのが絶対です。

否定の言葉を使わないこと

「心」を「受」け止めると書いて「愛」という言葉になります。夫の気持ちを受け止めてこそ愛情ではないでしょうか。
そして、愚痴を聞いているときは否定の言葉を使わないということが大切です。
「でもこうじゃない?」「私はこう思うけど…」と夫の愚痴に対して否定してしまうと倍に不満が溜まります。最初から最後まで否定せずに話を聞いてあげましょう。きっと話すだけでも楽になり話し終わった後は「妻に話してよかった」と聞くだけで感謝される存在になるでしょう。
否定の言葉を言われ続けると、他の女性に癒されたい・聞いてほしいと思う男性も少なくないのでこれは浮気予防にも効果的です。

最後に「褒める」

愚痴を言い終わったからスッキリしただろう…と終わらせてはNGです。男性は一番最後が一番印象に残ります。
例えばデートでもはじめに喧嘩をしてしまったとしても別れ際に「あなたと過ごせてすごく素敵な一日だった」と伝えれば、帰ってからも彼の中でその印象が深く残ります。
それと同じく、夫も最後の感想が気になるのです。
最後に「大変だったね、でも(味方だから)大丈夫だよ」「いつも家族のためにありがとう」など褒める言葉を伝えると、満足度が上がり、妻を離したくなくなる存在に。
また毎日のように愚痴を言う夫である場合、これをすることで毎日ぐちぐち言うこともなくなります。

まとめ

聞き上手な女性はモテ要素ランキングにも上位に入るほど、男性にとって重要なポイントです。特に家族を持つ男性は玄関から一歩出ると戦場に向かう気持ちで家族のために頑張ります。その気持ちを妻が受け止めてあげるのが愛ではないでしょうか。

岸川菜月

美力アップセラピーサロンPrincess N主宰 / 愛妻コンサルタント / 美容アドバイザー / 毎日幸せがモットーで、ママとして妻としてはもちろん、1人の女性としての魅力を惹き出す記事を執筆。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事