働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

1072

大人も楽しい!子連れで行きたい【上野動物園】の魅力

東京には子連れで遊びに行ける楽しいスポットがたくさんありますよね。今回は親子で楽しめて、何度行っても飽きないおでかけスポット【上野動物園】についてご紹介します。

一番人気のパンダを見るなら、狙い目の時間帯は?

image

【上野動物園】の名物といえば、愛くるしい2匹のパンダ。

パンダ舎は室内と屋外の放飼場に分かれていて、時間帯によってパンダがいるお部屋が変わります。
ごはんを食べているとき以外はお昼寝をしていることが多いので、動いているパンダを見るならごはんタイムが狙い目。

日によって異なりますが、パンダのごはんタイムはおよそ9時30分、11時30分、13時30分、15時、16時30分です。
大人気のパンダ。土日は何十分も列に並ばないといけないこともありますが、平日の午前中は自由にゆっくりと観賞できておすすめです。

パンダのオブジェの前で記念撮影を

image

パンダのオブジェと写真撮影できるコーナーが人気です。2種類の大きなパンダのオブジェの前で、パンダの耳や猿耳をつけて撮影できるコーナーです。

記念写真は一枚1,200円ですが、こちらを購入しなくても、手持ちのカメラやスマホでも無料で撮影してもらえます。

子供にはパンダシールがもらえるので、上野動物園に来た記念になると思います。パンダシールはいくつか種類があってどれがもらえるかはお楽しみです。

  • 土日は行列の日も多いのですが、平日は並ばずに撮影できることが多いですよ。

楽しいイベントがたくさんあります

image

【上野動物園】ではガイドツアーやイベントも盛りだくさん。
日によって内容は変わります。

休園日以外の火・水・木・金・土曜日の11:00には定期ガイドツアーが実施されていて、動物解説員が園内をじっくり案内してくれます。所要時間は約45分です。

また、【上野動物園】の中にある「こども動物園」ではヤギのエサやり体験やモルモット・うさぎとのふれあいコーナーもあり、両生爬虫類館ではヘビに触れられるイベントなども開催されています。

ホッキョクグマのいる水と氷の回廊もダイナミックに泳ぐしろくまが真近で見れておすすめです。

4回以上行くなら年間パスがおすすめです

image

【上野動物園】の通常入園料は、600円。

1年間有効のフリーパス、年間パスポートは2,400円。

4回以上行くならば年間パスがお得です。

年間パスは窓口で購入できます。年間パスの写真は、免許証やパスポートなど写真つきのものがあればその場でスキャンしてパウチ加工してもらえますし、家にある写真などを自分で貼り付けできます。後日パウチ加工してもらうことも可能です。

  1. また、お金をかけずに楽しみたいという方は無料開放日もおすすめです。

開園記念日(3月20日)
みどりの日(5月4日)
都民の日(10月1日)
は入場が無料ですよ。ただし、無料開放日にはとても混雑するので、覚悟して行ってくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大人も子供も一緒に楽しむことができる【上野動物園】。開園時間は9時30分~17時、休園日は原則月曜日と年末年始です。動物園内には授乳室も多く、赤ちゃん連れでも安心していくことができます。トイレにはおむつ替えの台もありますよ。有料(300円)ですが、ベビーカーの貸し出しもあります。ぜひ足を運んでみてくださいね。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事