働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 1304

綺麗な人は意識して食べている!美肌になる6つの食材

普段、肌の事を考えて食事をしていますか?
栄養バランスには気をつけていても、美肌を意識した食事を摂られている方は少ないのではないでしょうか?
そこで今回は、モデルさんや芸能人など綺麗な人が、美肌のために摂取している食材をまとめてご紹介したいと思います。

アボカド・ナッツ

【アボカド】
森のバターと呼ばれるアボカド!若返りのビタミンとも呼ばれるビタミンEが多く含まれており、血行促進に効果的です。性ホルモンの生成をサポートしてくれ、抗酸化作用も。食物繊維も豊富なので、便秘予防にもつながりますよ。肌のターンオーバーを助ける、ビタミンB2も多く含まれています。
「ビタミンE」と「ビタミンC」を同時に摂取すると相乗効果が生まれるので、ビタミンCと一緒に摂取することをおすすめします。

【ナッツ】
天然のポリフェノールと呼ばれる、エラグ酸が豊富に含まれています。エラグ酸には、メラニンの生成を抑える働きがあります。強い抗酸化作用があり紫外線やストレスにより過剰に分解発生する活性酸素を除去する働きがあるため、肌の老化予防の効果も。小腹が減った時のおやつ用に、持ち歩くモデルさんが多いようです。味が苦手という方は、シーズニングフレーバーなどを使うと、食べやすくなりますよ。

鮭・納豆

【鮭】
世界レベルのミスコンテストの合宿メニューにも度々登場し、スーパーフードとも呼ばれる鮭。鮭のオレンジの色素成分は「アスタキサンチン」という強力な抗酸化作用があるため、シミ、シワ、たるみ、くすみ、眼精疲労にも効果があります。エイジング対策に、効果抜群の食材です。

【納豆】
納豆の原料である大豆には、イソフラボンが豊富に含まれています。イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをし、肌のハリ、弾力、潤いを維持してくれます。そして抗酸化作用も。乳酸菌も含まれているため腸の老化予防にも効果的です。

鶏モモ肉・ブルーベリー

【鶏モモ肉】
食事で摂取したタンパク質が分解されてできたアミノ酸が、ビタミンCと合成され、コラーゲンの主成分ヒドロキシプロリンが作られます。そのためコラーゲンの直接的な要素になるヒドロキシプロリンが豊富な鶏もも肉は、美肌作りにはマストな食材です。

【ブルーベリー】
トップクラスの抗酸化作用があり、食物繊維もたっぷり含まれているので腸内環境を整えてくれます。ブルーベリーの紫色の成分アントシアニンとビタミンC.Eが血行を良くし、肌の老化を防ぐ効果もあります。ブルーベリーを摂取する場合、ジャムなどは大量の砂糖も含まれるため、ぜひ生のものを召し上がって下さい。

まとめ

いかがでしたか?
スキンケアだけでなく、食生活からも肌を変える事は可能です。
体は食べたもので作られているので、食べるものを見直すことはとても大切です。
今回は特におすすめの食材をご紹介しています。
肌に良いとされる栄養素は沢山ありますが、バランスよく栄養素を摂取する事を心がけてください。さらに美肌に効果的な食材を、普段から意識して取り入れていただければと思います。

近藤 さやか

メイクアップアーティスト。アジアで2万人以上の女性を綺麗にし、メディアやイベント、CMなど多数出演経験をもつ。また2000冊以上の本やセミナーから脳科学・心理学、行動心理学などを学び女性を内面、外見共に輝かせるトータルビューティクリエイターとして多方面で活動中。https://ameblo.jp/sayaka-beautyblog