働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 19792

コウノドリの自称イクメン夫に世のママが怒った!『#うちのインティライミ』に共感しすぎる

毎回大人気のドラマ、『コウノドリ』。その10月27日の放送回で、口先だけの“自称イクメン夫”をナオト・インティライミさんが演じていました。

その無神経な態度に共感した視聴者ママたちがTwitter上で『#うちのインティライミ』というタグを誕生させ、自称イクメン夫のあるあるを呟いていたのです!

その中から、「それうちの夫だ!」と言いたくなるようなツイートをご紹介します!


私のご飯は?

妻は夕食をどうしたと思ったんでしょうか…?夫たちは具体的に、きちんと指示をしないと、察してくれないようです。


パパ、娘見てた?

こうなったら、影分身でもしないと家事と育児をこなすことは無理なのでは…?夫よ、スマホよりも娘を見て!!


優しさって何?

自称イクメンあるある!!優しさのつもりで言っているんでしょうか? ここまでくると、もはやホラーです。


教育は子どもだけにあらず

出産をしたら、子どもだけではなく、父親の教育もしなければいけないのかもしれません。


育児ってなんだっけ…?

見ているだけで部屋が片づくなら、それは魔法使いです。その汚れた服を洗うのも、食器を洗うのも、おもちゃを片づけるのも、やってから言ってみて。


無視してやろうか?

子どものお腹空いたという泣き声を無視していいなら、旦那さんの「お腹空いた」も無視OKになっちゃいますね! これを言えたらスッキリなんですけどね~。


育児も家事も労働です

楽なはずありません。育児と仕事を“両立”というように、育児だって立派な労働ですよ!


みなさんの家にも、インティライミ夫はいますか?または、いましたか?

子どものためを思うとがんばれちゃう育児ですが、子どもよりも手のかかる存在が増えることもあるんですよね。コウノドリのように、自称イクメン夫が“父親”に変わるときがくるかもしれません。

インティライミ夫を持つママたち、もしダメ夫にイラッ!としたら、『#うちのインティライミ』タグをのぞいてみてください。世の夫たちのあるあるっぷりに励まされるかもしれませんよ。

TOP PHOTO/Photographee.eu/shutterstock
参照/
TBS金曜ドラマ コウノドリ第3話

提供元:mamaPRESS -ママプレス-

mamaPRESS -ママプレス-

「ママになっても楽しみたい!輝きたい!」という方たちのためのWEBサイト、それがmamaPRESSです。