働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 8792

仕事ばかりで妻に無関心な夫。興味を持ってもらえるようにする3つのステップ

一家の大黒柱として毎日仕事に励んでくれている夫。しかし、休みの日も休日出勤や接待ゴルフで出かけてしまうなど夫婦(家族)の時間がなく不満に思う妻も多いのではないでしょうか。仕事ばかりで自分に無関心な夫に興味を持ってもらえるようにするにはどうしたら良いのでしょうか。
もっと構ってほしい、夫婦の時間が欲しいと思っている妻はこの3つのステップを実行してみましょう。

ステップ①自分をアップデートする

私達は新しいものには関心が向きがちです。
例えば、アイドルは常に新曲を披露し、芸人は飽きないよう新しいネタを披露し、アップデートしていますよね。

夫婦関係も同じです。残念ながら無関心ということは多少なりとも、いつもの妻に飽きを感じていたり、妻は自分を理解してくれるからと安心しきっているため二の次になることが多いようです。

最近、自分磨きに力を入れていますか?
ヘアスタイルやメイクを変えてみたり、部屋の模様替えをしてアップデートし、新鮮さを出してみましょう。まずは夫の「関心」をあなたに寄せることが大切です。

ステップ②「おもてなし」をしてみる

おもてなしをするためには、まずは夫に関心を持ち、夫が癒えることを探ります。自分に興味を持ってもらうためにはまずは自分から興味を示しましょう。

考えたくはないですが「夫が構ってくれない、自分に無関心…」と感じているときは、無意識に夫の潜在意識が【仕事>妻】になっていることが多いです。
ですので、夫が比較的ゆっくり過ごせる週末や休みの日は夫の好物を作ったり、夫の趣味を共有したりと妻なりのおもてなしをしてみましょう。
そこで「妻との時間は楽しい」と思ってもらうことが大切です。

そうすることで徐々に【仕事<妻】のバランスに変わっていき、あなたとの時間を考えるようになるでしょう。

ステップ③気持ちを素直に伝える

さて、ここまでステップを踏んだら夫も妻との時間に意識をし始めているはずです。小悪魔テクニックを使うより、手で転がすカカア天下になるより、気持ちを素直に伝えることが1番大切だと思っています。
ただし「仕事ばかりしていないで私との時間も作ってよ!」なんて言い方をするのはタブーです。「いつもお仕事大変だね、お疲れ様」と仕事の大変さを理解し感謝を伝えた上で、「でも夫婦の時間が欲しい」「もっとあなたと一緒に過ごす時間が欲しい」と素直に伝えるのです。

誰でもこんなことを言われて嫌な気持ちになる人はいないでしょう。むしろ、嬉しく思い、妻に寂しい想いをさせて悪かったと反省するのではないでしょうか。

素直になることは男性が喜ぶ1番の甘え方です。

まとめ

興味を持ってもらえるだけでなく夫婦仲までよくなる3つのステップをお伝えしました。
無関心をいきなり関心深くすることは難しいですが、こうしたステップを踏めばスムーズにあなたが思い描く夫婦の時間が手に入るはず!
自分に興味がないのかな…と不満に感じている以上、初めは妻の方から歩み寄る姿勢が大切です。

岸川菜月

美力アップセラピーサロンPrincess N主宰 / 愛妻コンサルタント / 美容アドバイザー / 毎日幸せがモットーで、ママとして妻としてはもちろん、1人の女性としての魅力を惹き出す記事を執筆。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事