働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 784

「そのママ割」に「子育て割」…『UR賃貸』の割引制度がママにとってもお得なんです!

なにかとお金がかかる子育て世代。できれば家賃も安く抑えたいものですよね。かといって住環境や間取りなどもできることならあまり妥協したくはないし…。

それなら『UR賃貸住宅』“子育て支援制度”を利用するのが正解です! 知れば絶対住みたくなる? 今回はそんなUR賃貸住宅の魅力をご紹介します!

UR賃貸住宅って?

URの子育て世帯割引制度

▲地優賃導入団地例(ひばりが丘パークヒルズ団地)

UR賃貸住宅とは、独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)が所有している賃貸住宅で、全国に約74万戸あります。そのスタイルはさまざまで、オーソドックスな団地もあれば、タワーマンションやMUJIとコラボしたリノベ物件など、おしゃれなデザイン住宅もあります。

大きなメリットは礼金・仲介手数料・更新料・保証人などが必要なしという点。引っ越しの際の出費や手間を大きく抑えられるのがありがたいですね。さらに家賃の支払いでPontaポイントも貯まるなどの嬉しい特典もあります。

入居は基本的には先着順受け付け(一部抽選もあり)ですが、入居資格には一定額以上の月収があるなどの条件があります。

UR子育て割で家計の負担減

子育て世代が注目すべきなのが、URが行っている“子育て支援”の割引制度。これは、対象の物件に入居している子育て中の世帯に対して、最大で20%の家賃値引き(上限2万5千円)を行ってくれる制度です。

新婚なら最大3年、18歳未満の子どもがいる家庭では最大6年の合計最大9年間受けられるサポートで、所得要件を満たしていることが条件となります。(例:4人家族で年収598万円以下)。

最大で9年も割引となれば、トータルで考えるとかなりの額ですよね! 

詳しくはこちら
UR賃貸住宅 子育て割

UR賃貸住宅は子育てにもピッタリ!?

子どもを育てるなら環境も重視したいところ。UR賃貸住宅は、子育て世帯が暮らしやすいような工夫もされています。

例えば、周りには公園や広場など子どもが緑と触れ合いながらのびのびと遊べるような場所があったり、子どもの急な病気や発熱にもすぐに対応できるように病院が敷地内や近隣にあったりと、子育てファミリーが安心して生活を送れるような環境が整っているところが多くあります。

さらには学童保育や子どもの一時預かり、病児保育を行っている団地もあるのでママには本当に心強いですね!(一部対象の団地のみ)。

他にもうれしい割引あり

先に紹介した割引制度が対象外になってしまった場合などでも諦めないで! ほかにも『そのママ割』という割引制度があります。これは、妊娠中も含め18歳未満の子どもを扶養している家族が対象。3年間、家賃がお得になる制度です。ちなみに、孫や甥・姪などもその対象になります。

詳しくはこちら
UR賃貸住宅 そのママ割

子育て中のファミリーがその恩恵を受けられるUR賃貸住宅の割引制度。ライフステージの変化などで引っ越しを考えている家庭は要チェックですね!

HPでは割引制度の詳細やエリアごとの物件情報を掲載中です。気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

TOP PHOTO/VOJTa Herout/shutterstock
参照/
UR賃貸住宅
PR TIMES「子育て世帯向けに家賃を最大2割減額」
LIFULL HOME’S PRESS「団地再生のキーワードは子育て世帯!?子育て世代に嬉しいURの制度に迫る」
赤すぐみんなの体験記「子育て世代にうれしい制度がいっぱい!UR賃貸住宅ってどんなところ?安めぐみさんが見学してきました!」

提供元:mamaPRESS -ママプレス-

mamaPRESS -ママプレス-

「ママになっても楽しみたい!輝きたい!」という方たちのためのWEBサイト、それがmamaPRESSです。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事