働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 664

精油を使ったアロマテラピーで心からリフレッシュ!

日々の生活ではストレスが溜まったり、イライラすることもありますよね。そんな時はアロマテラピーを使って、リフレッシュしてみてはどうでしょう?鼻から入った香りの刺激はストレートに脳に届くき、リフレッシュや気持ちを落ち着かせる効果があります。手軽に気分転換ができるアロマテラピーは、忙しいママにもぴったり。お気に入りの香りを見つけてリフレッシュすれば、気持ちもスッキリして前向きになれるはず。
今回はご自宅でも簡単に使用できる方法とおすすめのリフレッシュ・リラックス精油をご紹介します。

簡単に自宅でアロマテラピーを楽しむ方法

家庭用の芳香機器も販売されていますが、家庭にあるもので香りを楽しむことができます。

【ハンカチでリフレッシュ】
ハンカチに1滴精油を落とし、鼻を近づけ深呼吸します。ハンカチの素材によってはシミになる場合もあるので、木綿素材のハンカチを使用するのがおすすめです。

【マグカップでリフレッシュ】
熱湯を注いだマグカップに精油を数滴垂らし、蒸気とともに立ち上る香りを吸い込みます。

【湯船に入れてリフレッシュする】
精油はお湯に解けないため、湯船に入れる場合には、植物オイルや塩にまぜることをおすすめします。精油1〜5滴に対して塩大さじ1、オイルなら小さじ1の割合で使用してください。リフレッシュしたい時は、40度〜42度くらいの少し熱めのお湯で。38度くらいのぬるめのお湯だとリラックスできます。

リフレッシュにおすすめの精油

ペパーミント
心への働き:脳を刺激し意識をクリアにする。興奮を鎮める。
体への働き:頭痛、歯痛、筋肉痛を和らげる。吐き気や乗り物酔いを和らげる。

ユーカリ
心への働き:イライラした気持ちをリフレッシュさせてくれる。脳を刺激し集中力を高める。
体への働き:免疫を高める。風邪などの症状を和らげる。

グレープフルーツ
心への働き:気持ちを高揚させ幸福感を与える。沈みがちな気持ちをリフレッシュさせる。
体への働き:汗の匂いを抑えたり、脂肪の燃焼を促す。

カモミール
心への働き:落ち込んだ気持ちを緩和させる。
体への働き:頭痛、歯痛、生理痛や関節痛などを和らげる。

以上がリフレッシュしたい時におすすめの精油です。実際に香りを嗅いでみて、お好みのものを見つけてみてください。

リラックスにおすすめの精油

パチュリ
心への働き:意識をクリアにし、判断力を高める。気持ちを穏やかに安定させる。
体への働き:筋肉痛、腰痛を和らげる

イランイラン
心への働き:不安や心配事などから解放し、元気づける。
体への働き:血圧を整える。官能滴な感度を高める

サンダルウッド
心への働き:鎮静作用で心を穏やかにする
体への働き:血行を促進する。 気管支系の不調を改善する。

ラベンダー
心への働き:緊張やストレスを和らげる。睡眠を促す。
体への働き:血行を促進する。頭痛、筋肉痛、生理痛の痛みを和らげる。

リラックスしたい時は38度くらいのぬるま湯に入れたり、照明を落としてソファーなどに座ってお部屋で楽しむようにするとよりリラックス効果が高まります。

まとめ

いかがでしたか?アロマテラピーは特別な道具がなくても、自宅で簡単に楽しむことができます。忙しい時にも簡単にできるリフレッシュ方法なので、お好みの精油を使って気分転換をしていつも笑顔の素敵なママでいてくださいね。
精油はバラエティストアやドラッグストアなどでも気軽に手に入るので、ぜひお好みの精油を見つけてみてください。
※妊娠中は使用ができない精油もあるため、医師に確認してください。

近藤 さやか

メイクアップアーティスト。アジアで2万人以上の女性を綺麗にし、メディアやイベント、CMなど多数出演経験をもつ。また2000冊以上の本やセミナーから脳科学・心理学、行動心理学などを学び女性を内面、外見共に輝かせるトータルビューティクリエイターとして多方面で活動中。https://ameblo.jp/sayaka-beautyblog