働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 1632

簡単手軽な紙刺繍でHolidayラッピング

色鮮やかで一針一針丁寧に根気よく刺された刺繍は、繊細で温もりを感じます。今回は、刺繍初心者さんでも、手軽に簡単に始められる紙刺繍をご紹介します。紙刺繍をしたラッピングで、プレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか?

用意するもの

・刺繍糸
 今回はDAISOの刺繍糸を使用しました
・刺繍針
 刺繍糸が通る針の穴であればOKです
・包装紙

準備
刺繍糸は6本がよられて1本の糸になっています。今回は2本取りで仕上げるので、6本のうち2本を引き抜いて使います。

紙刺繍を刺してみよう

1. 刺繍を刺す場所確認のため、包装紙で仮包みをします。
  ※折り目を付けずにふんわりと包んでください。

2. 包装紙に直接、刺したいデザインを描きます。

3. 包みをはがし、裏側から刺繍を開始します。
  ※糸を戻す場合は、必ず同じ場所から刺してください。

4. 刺繍の裏側が気になる場合は、縫い目を隠すようにフェルトを貼り付けてもOKです。

5. リボンなどで装飾をして完成です。

まとめ

いかがでしたか?本格的な刺繍はハードルが高そうで手が出しずらい…そんな方も多いかと思います。今回のクリスマスツリーデザインの刺繍で使った糸色は4色です。紙に直接描いて、なぞるように糸を刺すだけで、立体的で季節感のある包装紙が完成。受け取った人が笑顔になるようなオリジナルのラッピングで、クリスマスギフトを贈るのもいいですよね。ラッピングの他に、ブックカバーや手帳、栞にイニシャルを刺繍したり、季節ごとのデザインでハガキに刺繍をするのもおすすめです。紙刺繍に興味を持たれた方は、ぜひ楽しんでみてくださいね。

ayako nakatani

ハンドメイド作家。7歳男の子、4歳女の子のママ。ハンドメイドの作品はインスタグラムからご覧いただけます。 https://www.instagram.com/somecozy

RELATED POST

あなたにおすすめの記事