働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 9120

お金、時間、体力、イヤイヤ期…子育ての壁はこうして乗り切ろう

ワーママに立ちはだかるたくさんの「子育ての壁」。
まともにぶち当たると心身に大きなダメージを受けてしまいます。
では、どう対処すべきなのか?
経験をもとに考えてみました。

壁その1:お金の壁は「あわせ技」で乗りこえる

子育てよりずっと前の段階、子どもを作ろうかどうしようかと考えるとき、すでに目の前に立ちはだかっているのが「お金の壁」
生まれる前から、出産準備や検診……とかかるお金は結構大きいですよね。出産後も何かとお金が出ていくし、産休・育休や時短勤務で収入は減ってしまいがち。

そんなお金の壁をどうやって乗り切るかというと、普通は「働く」か「節約する」の二択です。
働いて入ってくるお金を増やす。
節約して出ていくお金を減らす。
まあ、これが常道ですね。

でもね、仕事ばっかりで家族の時間を犠牲にしたり、節約に命をかけて心の余裕を失ってしまったり……というのでは幸せ度が下がってしまいます。
私がおすすめしたいのは、働きつつ節約しつつ、さらにお金の知識を身につけること。

お金に関しては「知らないと損」がとにかく多いのです。妊娠出産で自治体や会社からもらえるお金はないかリサーチしたり、将来教育費でいついくら出て行くのか、長期的な視点で計算してみましょう。
案ずるより産むが易し。
頑張りすぎなくても何とかなることは多いのです!
お金の壁は、労働、節約、知識(リサーチ&長期計画)の合わせ技で乗りこえられます。

壁その2:時間の壁は「余裕ごっこ」で回避する

仕事に復帰すると時間の壁にぶち当たりますね。
朝、保育園に遅刻しそう。
会社にぎりぎり駆け込んで、昼休み返上で働いても仕事が終わらない。
夕方はダッシュで保育園のお迎えにすべり込み。
夜は夕食とお風呂と寝かしつけ。
と、一日中時間に追われっぱなし。
バタバタしながらあちこちで「すみません」と頭を下げる毎日が、私もとても辛かった。

さてこんな時間の壁を乗り越えるにはどうしたらいいでしょう。
一般的にはタイムマネジメント、つまり上手に時間を使うことにつきるという答えになるわけですが、ワーママは子どもの病気など突発事項が多いので、いくら既存のタイムマネジメント術をマスターしたところでムダ。
どうしたってうまくやりくりできません。
そこで提案したいのが、一定のマネジメントはしつつ、あえて無駄な時間を作ってみるという逆転の発想。

例えばトイレに入った時など、気持ちが焦って急いで出てしまいがちですが、あえて30秒ぐらいぼーっとしてみる。
保育園からの帰り道、あえて子どもと遠回りして歩いてみるなど、いつも時間に追いかけられている立場から抜け出して、贅沢に時間を使ってみることで、気持ちの余裕を取り戻すという作戦です。


壁その3:体力の限界の壁は越えなくていい

子育てと仕事の両立で削られていく体力。
限界を感じたら頑張りすぎは禁物!
この壁を越えないように注意してください。

体力の限界の壁が見えたら、子どもと一緒に寝ること。
ゆっくり回復して、また明日から頑張ればいいんです。

壁その4:イヤイヤの壁は消えるのを待つ

1歳後半から3歳半くらいにかけてのイヤイヤ期。
この壁は大きいですよね。
でも、イヤイヤ期というのは成長の過程です。
子どもが自分の意思で「こうしたい」とメージを抱けるようになった証拠。それがイヤイヤというカタチで現れるんですね。

成長過程ですから、一年か半年くらいで終わります。
「どうしたの?」
「そうだね」
「いやなんだね」
なんてできるだけ子どもの気持ちを言葉にするよう働きかけていると、自分の言葉で自分の気持ちが説明できるようになり、イヤイヤの終わりも少し早いかも知れません。


対処のバリエーションを増やそう

とりあえずイヤイヤ期の壁まで見てきましたが、子育ての壁はその後も次々と立ちはだかります。
小1の壁、思春期の壁、第二次反抗期の壁、受験の壁、更年期の壁…子育てが終わるまで、いや終わってからも嫁姑とか色々ありそうですから、女の人生、壁は立ちはだかり続けると言っていいでしょう。

そんな壁を答えはひとつではありません。
壁を迂回する、壁が崩れるのをただ待つ、壁にドアをつける、壁に穴を開ける、というだけではありません。
壁に寄りかかってみたり、壁紙を貼ってインテリアにしたり、壁に絵でも描こうかな…、などなど、さまざまな方法があります。
対処のバリエーションの多さが、すなわち人間力なのでしょうね。

(文・曽田 照子)

提供元:camily(キャミリー)

camily(キャミリー)

キャミリーは、働くママとパパ、家族の気持ちをラクにする情報サイト。仕事と子育ての両立、育休からの仕事復帰、働くママの育児、生活・家事の時短テクニック、育児マンガなどを多数掲載。