働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 7992

お正月太りを解消!炊飯器で作るデトックスレシピ

「今年こそ痩せるぞ!」と、ダイエットを新年の目標にしたママも多いのではないでしょうか?ダイエットしたくても三日坊主になってしまったりなかなか続かないという方もいるでしょう。今年は、食事を整えて身体の中から綺麗になりませんか?今回は、インナービューティーやデトックスを意識した、炊飯器で作る簡単レシピをお伝えします。

そもそもインナービューティーとは?

インナービューティーとは、「食生活を整えることで、身体の内側から綺麗になり、心身共に健康的に美しくなることを目指す」というもの。私達の身体は、食べたものから作られています。健康な身体、美しい肌や髪の毛、疲れやストレスに負けない身体作りには、毎日の食事が重要なポイントとなります。健康的で美しい身体を手に入れるためにも、まずは食事を見直してみましょう

食べるスープ!具沢山デトックスミネストローネ

【材料】

・人参(中) 1/2本
・玉ねぎ(中) 1個
・キャベツ 大きめの葉2・3枚
・セロリ 1本
・トマト缶(400g) 1缶
・水 300cc
・塩麹 大さじ2
・ローリエ(あれば) 1枚
・お好みで粉チーズ 適量

【作り方】

①材料を全て1cm角に切り、炊飯器に入れる。
②トマト缶、水、塩麹、ローリエを加え、全体を混ぜて通常通り炊飯する。
※トマト缶はカットタイプを使う場合はそのまま、ホールタイプの場合は潰して加えて下さい。
③完成後に、全体をもう一度よく混ぜる。器に盛り、お好みで粉チーズをトッピング。

デトックス効果が高い野菜を、たっぷりと盛り込んだミネストローネです。

ミネストローネは、コンソメスープの素で味付けする方が多いと思いますが、今回の調味料は塩麹のみ。万能調味料として人気の塩麹。お肉やお魚をしっとり柔らかくしたり、腸内環境を整えるのに優れた調味料です。塩と麹に水を加え発酵させて作る、納豆や味噌などと同じ発酵食品の一種。腸内環境を改善し、便通を良くしてくれるので、老廃物を排出しやすくなり、ダイエットや美肌効果などが期待できます

そして、ミネストローネにたっぷりと入った野菜は、デトックスや美肌効果をサポートしてくれるポリフェノールやビタミンが豊富。トマトベースで作ることで、シンプルな野菜スープより抗酸化作用が高くなり、美肌効果も高まりますよ

グルテンフリーのヘルシーおからりんごケーキ

【材料】

炊飯器5.5合炊き使用
・生おから 110g
・卵 2個
・無調整豆乳(調整豆乳・牛乳) 50ml
・甜菜糖(砂糖) 大さじ2
・ベーキングパウダー 小さじ1
・オリーブオイル 大さじ1
・りんご(中) 1個
・シナモンパウダー (お好みで)

【作り方】

①りんごは、8等分にし皮を剥いたら薄切りにする。
②炊飯器に上から順に材料を加え、ホイッパーでよく混ぜ合わせる。
③りんごを全体に、バランスよく配置す加える。
④通常通り炊飯する。
⑤炊き上がったら、竹串などで真ん中を指し、しっかり火が通っているか確認する。
生焼けの場合は、再度炊飯して様子を見る。
⑥お皿に開け半日ほど放置する。
※すぐにでも食べられますが、半日ほど寝かせることで生地が落ち着き、よりしっとりします。お好みでシナモンパウダーを振りかけても美味しく頂けます。

小麦粉や乳製品を使わずに、炊飯器で作れるヘルシーなりんごケーキです。

低カロリー・低糖質・高タンパクで、ダイエット中の強い味方となる「おから」
おからには、食物繊維が豊富に含まれています。腸内環境を改善するだけでなく、お腹の中で膨らむため満腹感が得られるという効果も。

りんごには、活性酸素を除去する働きをするポリフェノールが豊富。カリウムも多く含まれており、むくみ対策にも有効です。

砂糖の量が大さじ2と少なめですが、加熱することでりんごの甘みが引き出されるので、優しい甘みを感じることができますよ。ダイエット中に甘いものが食べたくなった時には、果物のもつ自然の甘みを味方にしてみましょう。フルーツにはポリフェノールやビタミン、ミネラルも多く含まれており、美肌・アンチエイジング効果も高いですよ。

まとめ

いかがでしたか?
お正月太りを解消したい方におすすめしたい、炊飯器1つで簡単に作ることのできるヘルシーレシピをご紹介させていただきました。どちらも身体の中から調子を整えてくれるレシピなので、是非試してみて下さい。

kazuyo

栄養士、ベジフルビューティーセルフアドバイザー、ジュニアファスティングコンシェルジュ。2児のママ。食事で美しく・健康になりたい女性をサポートすべく、美容・健康・妊活・育児などのコラム執筆、食提案など幅広く活躍中。