働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 152536

【 まりげ 】第38話:ありのままを受け入れてくれた場所

こんにちは、まりげです。

児童館にうまく馴染めず小学校一年生で辞めることになりました。

今回はその後、ズン公に誘われて行った学童クラブでのエピソードです。

まとめ

その学童はアットホームな雰囲気で、1コマ目のスラッとした先生も生徒たちから" タコ "とニックネームで呼ばれていました。

" 無口さん "というあだ名がついてから喋ることが余計に恥ずかしくなってしまい、メモ帳を持参して筆談したりジェスチャーでコミュニケーションをとっていました。

今になって思えば、学童クラブの生徒でもないのにフラッと現れては一言も喋らずに居座るという不思議な子どもだったと思うのですが、そのことを追求してくる人は一人もいませんでした。

だいぶ時間が経ってから『…あれ?わたし月謝払ってない…! 』と気が付き、頻繁に遊びに行くことをやめたのですが、児童館での集団生活につまずいてしまったわたしにとって
「 喋らなくてもいいよ。いつでも来たかったらおいで 」と言ってくれる居場所が見つかったことはとても嬉しいことでした。

Instagram(@marige333)でクスッと笑えるわが家の日常を更新中です!

marige333

はじめまして。 まりげです。 ほぼ毎日Instagramに絵日記を投稿しています。 やんちゃな長男と、おっとりした次男の二人を育てています。 夫が昨年脱サラし、京都府舞鶴市に移住してきました。 慣れない田舎暮らし、初めての農業、そして義母との同居と、思うようにならない毎日ですが、家族と過ごす時間が心を和まし、海と山が感性を豊かにしてくれます。 読んでくれる人にホッとしてクスッと笑ってもらえるようなイラストエッセイを描く事が日々の楽しみです。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事