働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 11200

夫の帰りが遅い、土日も仕事…すれ違い夫婦の円満方法を教えて!

仕事が忙しく帰りが遅い、土日も仕事のため家族で過ごす時間がない。女性の社会進出が進み、共働き世帯が増えたことで生活がすれ違ってしまう”すれ違い夫婦”も増えています。
放置すると離婚原因にもなえいかねない夫婦のすれ違いですが、夫婦円満でいるためにはどうしたら良いのでしょうか?

すれ違い夫婦生活真っ最中である私が行っている、円満方法のヒントを3つご紹介します。

趣味の子育て日記(ブログ)が会話の糸口に!

結婚8年目、4歳と0歳の男の子を育児中の私たち夫婦。夫は企業勤めのサラリーマン、私は時間が不規則なフリーランスの仕事をしています。すれ違い夫婦である私たちの円満方法、最初に紹介するのは日記(ブログ)を活用したコミュニケーションです。

仕事で疲れて帰ってきたときに、妻のとりとめのない話を聞くのは正直疲れる…なんて話を聞いたことはありませんか?長男が生まれたばかりのころの私はそんな世間の声を気にして、夫にも日々の育児のことや何気ない出来事を打ち明けられずにいました。

そんな状況を変えてくれたのが、趣味でつづけていた日記(ブログ)。子供との何気ないエピソード、ちょっとした幸せ、少し悲しかったことを綴った日記(ブログ)を、休憩時間や帰宅途中に夫がチェック。帰宅後に、「そういえば、あれどうだった?」など、日記(ブログ)に書いたことを気にして質問をしてくれるようになったのです。

このことをきっかけに、産後のマタニティブルーからも解放され、些細なことでもきちんとコミュニケーションを取れるようになりました。ママが産休・育休中でもパパは忙しいというご家庭にもおすすめの方法です。

Googleカレンダーを共有し、すきま時間を活用!

すれ違い夫婦である私たちの円満方法、つづいて紹介するのはGoogleカレンダーでお互いのスケジュールを共有し、すきま時間を有効活用する方法です。

Googleカレンダーとは、Googleが提供するスケジュール管理アプリのこと。同じカレンダーを複数人で共有することができます。私たち夫婦はふたりでひとつのGoogleカレンダーを利用し、お互いのスケジュールは細かい部分まで把握しています。

スケジュールの共有を始めてから、こんなにいいことが。

「明日の朝2時間だけなら家族で出かけられるから、ちょっと公園に行ってみよう」
「今夜は夫が早く帰れるかもしれないから、私も絶対残業しなくてすむように頑張ろう!」
「お昼休み一緒にランチできるかな?」

ぽっかり空いていたすきま時間を家族、夫婦の時間として活かせるようになりました。

出勤時間を合わせて、移動中に情報共有!

すれ違い夫婦である私たちの円満方法、最後に紹介するのは、出勤時間を合わせて、移動中に情報共有するという方法です。

すきま時間を活用する方法には、子供と一緒に家族で過ごす時間を優先するため大人同士の会話ができなかったり、デイリーな情報交換ができなかったりという悩みがありました。

その悩みを埋めてくれるのが、お互いの出勤時間を合わせて、移動中に情報共有するという方法。朝型の夫の出勤時間に合わせるため、早起きしなくてはならなかったり、子供の送迎でバタバタしたりという大変さはあるものの、夫婦でしっかり話ができる時間を確保できるというのは重要なことです。

以前は時間のすれ違いが気持ちのすれ違いにつながってしまうこともありましたが、夫婦で顔を合わせて、大人同士の会話をする時間を毎日設けることで、小さな不満やモヤモヤもその日のうちに共有し、しっかり解決できるようになりました。

まとめ

帰りが遅い、土日も仕事などで生活の時間帯が合わない、すれ違い夫婦の円満方法について私が実際に行っている3つの方法をご紹介しました。みなさまが実践している素敵な方法についても、Twitterやfacebookのコメントからお寄せいただけたら嬉しいです。

宮森 渚朝

ベビーマッサージ講師、webライター。高知県在住。3歳・0歳の男の子ママ。 育児がもっとhappyになるベビーマッサージ教室「ハッピーアイスクリーム」を主宰。読者モデルとして活動中。 息子との毎日や、読者モデルとしての経験、ベビーマッサージ講師の活動などから、ママに嬉しい情報を発信していきます。