働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

640

‟アイテムから入る”は綺麗になる絶対のコツ

お料理でも、勉強でも、ビジネスでも、同じように綺麗になるのだってコツがある。
ただ、授業として習ってきていないだけ。
本日は綺麗になる、最初の一歩。絶対的なコツをお教えいたします。

large (78)

わたし達は、わかりやすい生き物です。

たとえば、学生のころ、

‟嫌いな勉強を楽しむコツ”として、

可愛いボールペンを買ってやる気を出してみたり

お料理がどうしても好きじゃなかった頃

まずは素敵なお皿を揃えることから始めた。

そしたら

料理の腕前とともに、盛り付けのセンスまで上がった。

こんな風に

人生には、アイテムからやる気や気力をもらう場面って実は結構ある。

だから

『道具から入る』なんて言葉があるのだと思います。

この言葉には

まだ、技術が伴わないうちから道具にばかり頼っているという揶揄するニュアンスも

ふくまれることもありますが、

逆に、道具から楽しみを知り、奥深さを知ることができるのなら

それは‟あり”ってこと。

特に綺麗になるってことに関しては

なりたいいイメージが具体的になればなるほど、

その距離はグッと縮まってゆきます。

けれど、どうしても具体化することが難しい、

なにも湧いてこない、

何から始めればいいの?なんて方は、

やっぱり

道具から入るのが番の近道。

大人の綺麗を目指すなら この1本から

キャプチャ

出典:http://mery.jp/42403

今回は、戸田愛用のこちらをご紹介。

todasatomi6

品の中にも、艶やかな色っぽさを漂わせ、

大人の魅力を作り出してくれる

イブサンローラン No.8

NO.8のピンクインコンフィデンス 通称“THE モテ色ヌーディピンク”

大人の綺麗を目指すなら

この1本から初めてみるのもいいと思う。

母親としての品格や上品さ、落ち着いた大人の女性を

演出するにはぴったりです。

大人の綺麗には1本持っておきたいアイテムでした。

まとめ

綺麗になるには、まずは自分のなりたいイメージを具体化することが大切です。
昔のハリウッド女優でも、日本の女優でも、タレントでも、アイドルでもなんでもいいです。

憧れる人をイメージ、その人をよく観察し、まずは、その人の真似から始めてみましょう。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事