働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 13656

【パパ芸人タケト】第3話:娘の名前の由来

どうも、よしもとパパ芸人のタケトです。私、妻、娘5歳の3人家族です。
第3話の今回は「子どもの名付け方」です。皆さんはお子さんの名前、どのように考えましたか?
うちの場合は…

妻、妊娠6ヶ月

赤ちゃんの性別が分かった頃、妻に「考えといてよ」と言われました。
私の仕事は芸人、言葉を扱う仕事。
(そりゃ俺が最高の名前決めるでしょ!)とカッコつけて「任せとけ!」と言いました。
しかし、考えれば考えるほど難しい。

先輩芸人に相談したら、こう言われました。

「子供の名前は、芸人にとって人生最大の大喜利のお題。この大喜利の答えは絶対に滑れないし、しかも笑われたらダメだからウケてもいけない。一生背負うものだから、本当に丁度良い答え出さないと。芸人のセンスが問われるで〜」

こんな事言われたら、より迷ってしまって全く決められない。もはや、決める以前に浮かばない。

そうこうしていたら妻、妊娠8ヶ月

ある日家に帰ると…ウソだろ!!
妻が勝手に決めてお腹に話しかけてたのです。
しかも、良い名前!

名前の由来を妻に聞くと

「出産予定日が春の4月、心の晴れた明るい子に育って欲しいから、心晴(こはる)」

春にも掛かってるし、娘への思いも入ってる!
反論の余地なし。ただ何も返せないのは悔しかったので、「姓名判断したの!?」と聞くと、「女の子なんだから結婚したら名字変わるでしょ。姓名判断の意味ないよ」と正論過ぎる返しが。

相談した先輩に名前を報告したら「最高にセンス良い名前やん」と言われたので、咄嗟に私が全て考えたとその時に答えてしまいました。

▲今はこんなに大きくなりました。

まとめ

娘ちゃんへ

あなたが気に入っているあなたの名前は、ママが考えてくれました。でも、パパは取材など受けた時、パパが全て考えたと答えてます。芸人としてセンス良い奴と思われたいからです。
もしかしてネットで検索したら、パパが全て決めたという記事が出てくるかもしれません。
ウソを答えてしまい、ごめんなさい。
ただパパが言いたいことは「ネットの情報は全てが本当とは限らないから注意してね」という事です。

パパより

タケト家の日々の絵日記Instagram( @taketofamily )で書いてます。是非フォローして下さい。

タケト

よしもとパパ芸人のタケトです。5歳の娘がいます。ただ今保育士免許取得に向けて勉強中!宜しくお願いします! 【取得資格】 ベビーダンス、ベビーサイン、ベビーマッサージ、プリネイタルのアドバイザー、ベビー&キッズヨガ講師、おひるねアート認定講師、こどもバートナー

RELATED POST

あなたにおすすめの記事