働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

832

子供の発達に合わせたおもちゃの選び方・遊び方の親子イベント開催

株式会社ネクストの100%子会社である株式会社Lifull FaMでは、2016年5月14日(土)におもちゃ美術館学芸員を務める佐藤達矢氏を講師に、親子でおもちゃで遊ぶイベントを開催します。

イベント開催の背景と概要

main

子供にとっておもちゃは毎日触れるものです。また、子供はおもちゃと遊ぶことで、感性や想像力、体力、知力など、様々分野を成長させています。世の中に様々なおもちゃが売られていますが、子供の発達の観点で、どのおもちゃを選んだら良いのかは、なかなか教えてもらえる機会がありません。そこで、「パパとママでチームなろう」というコンセプトでパパとママのコミュニケーションアプリを運営するLifull FaMでは、子育てを楽しんでほしいという想いから、「おもちゃメッセンジャー」の佐藤達矢氏を招いて、子供の発達に合わせたおもちゃの選び方や、おもちゃを使ってどのように子供の感覚を育てたらよいのかをレクチャーしていただきます。また、佐藤氏おすすめのおもちゃを使って実際に親子で遊びながら、子供の感覚を楽しく育てていきます。

■日時
2016年5月14日(土)14:00~15:30(開場13:45~)

■場所
東京都港区港南2-3-13 品川フロントビル3階 (株式会社Lifull FaM)
JR・京急本線 品川駅(港南口より徒歩3分)

■プログラム
13:45 開場
14:00 おもちゃの選び方とは?
14:30 おもちゃで遊ぼう!おもちゃを通した子育て
15:30 終了

■参加費
当日、受付で現金でのお支払いになります。
大人 2,000円
子供 無料(12歳未満)

■申込方法
下記イベントページよりお申し込みください。
http://lifull-fam.com/article/details/id/188/

■特典
Lifull FaMのアプリダウンロードで参加費500円割引!
パパとママのコミュニケーションアプリ「Lifull FaM」をダウンロードしてお使いいただいている方は500円割引させていただきます。当日、受付でアプリ画面をご提示ください。
※アプリのダウンロードは無料。

パパとママのコミュニケーションアプリ Lifull FaMとは
「Lifull FaM」は、毎日忙しいパパとママを応援する連絡帳アプリです。コンセプトは「パパとママでチームになろう」。このアプリひとつで、子どもの写真やスケジュールの共有、夫婦間のコミュニケーションができます。子どものこと、夫婦のこと、どちらも大切に、パパとママがより良い関係で子育てしていけるよう応援する家族向けクローズドSNSです。

講師プロフィール 

子連れイベント 
佐藤 達矢

現在、おもちゃメッセンジャーとして、おもちゃの良さを広めたり、おもちゃを使ってのコミュニケーションの場を作ることで、 親子間、子ども同士、大人同士をつなげる活動をしている。学生時代は心理学を学びつつ、NPO法人にて障がい児向けのプログラムを考える団体に所属。年間の代表を務めることも。現在は心理学とおもちゃを掛けあわせたカフェ会や大人が楽しめるおもちゃを使ったおもちゃBARなどを開催。 また、自身が管理するお母さんのコミュニティにて、【さをり織り】や【お坊さんへの子育て相談会】などのイベントを開催。

株式会社Lifull FaMについて

代表自身が新卒1年目で出産し、その後時短勤務を続けながら管理職になった経験から、「子育てと仕事を両立したいパパとママを支援し、笑顔あふれる家族を増やしたい」というビジョンのもと、2014年10月に設立。
「パパとママでチームになろう」をコンセプトに、子育てに関しての夫婦の連絡帳アプリ【Lifull FaM】を2015年2月にリリース。2015年4月にアジアで初の開催となったSlush AsiaピッチングコンテストではUNIQLO賞を受賞。2015年8月には【子育てを楽しむパパとママのためのポータルサイトLifull FaM】をリリース。
映画【夫婦フーフー日記】のコラボ試写会イベントや不動産情報サイトHOME’Sと子育てファミリー向けマンション探しのイベントを開催するなど、アプリ・WEBに限らず、子育てファミリーを支援するサービスを展開中。

■代表プロフィール
sub2
秋庭 麻衣
2003年に新卒1期生として入社し、不動産・住宅情報サイト『HOME’S』の営業を経験。社内第1号となる産休・育休を取得するが、育児をしながら働くには会社のサポート体制が不足していると感じ、経営陣に自ら新たな施策を提案。子どもが病気等になった時に取得できる看護休暇や、働く時間を短縮できる短時間勤務など、複数のサポートをまとめた「ワーキングマザー・ファザー支援施策」は現在子どもを持つ多くの社員に活用されている。育休から復帰後は、時短勤務を続けながら人事部で新卒採用や人材育成を担当。通常業務の傍ら、仕事と子育ての両立で直面する問題を解決したい、という強い想いから社内の新規事業提案制度にて、子育てコミュニケーションアプリを提案。新規事業として承認され、2014年10月に子会社「株式会社Lifull FaM」を設立。社長としてサービスの立ち上げを行う。新卒1年目で出産し、その後時短勤務を続けながら管理職・子会社社長となったキャリアを評価され、2015年12月にはパワーママプロジェクトの「ワーママ・オブ・ザ・イヤー2015」大賞を受賞。1児の母。

まとめ

■お問い合わせ先
株式会社Lifull FaM(ライフルファム)
東京都港区港南2-3-13 品川フロントビル
TEL:03-6890-3819 FAX:03-5783-3729
MAIL:lifullfam-info@lifull-fam.com

RELATED POST

あなたにおすすめの記事