働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 8368

時短orフルタイム?ママの選択どうしたの?

時短勤務制度を活用しているママも多いと思います。「改正育児・介護休業法」では、「3歳に満たない子を育てていること」を条件に、原則1日6時間の短時間勤務をすることが可能です。
小学生まで、もしくはそれ以上でも時短勤務が可能な企業もあります。しかし正直なところ、なかなか時短勤務は難しいことが多いですよね。実際に働くママはどうしているのでしょうか?ママ達のリアルな声を集めてみました。

現役ママに聞く!何歳まで時短勤務をしましたか?

出典:http://weheartit.com

現役ママに時短勤務について聞いてみたところ、そこにはたくさんのドラマがありました。

「仕事上私がいないと回らない部分もあり、部下もいたので最初からフルタイムで復帰。そもそも子供を産んでいる人が少ない部署で、先輩ママも時短勤務をしても早々にフルタイムに戻っていたので、産休の段階でフルタイムで復帰しますと宣言しました。」
「10時〜16時の時短勤務。営業職のため残業が多く出張も頻繁だったので、妊娠が発覚した時に上司に相談し、部署移動をしました。出世は遠のきましたが、かなり融通をきかせてもらっています。子供が小学校にあがるタイミングで部署移動し、フルタイムに戻りたいと思っています。」
「子供が3歳になるまでは、9時〜16時で時短勤務をしていました。会社の制度では小学生まで時短勤務が可能でしたが、3歳になるとやっぱりプレッシャーが凄かったです。「フルタイムに戻れるよね?出張行けるよね?」と上司に言われ続け、結局退職しましたが…」
「子供が生後半年で職場復帰し、10時〜16時30分で時短勤務をしていました。仕事量が多く、子供が寝た後も仕事をしなければならなかったので、2歳になった時に思い切ってフルタイムに戻ることに。その分一緒にいる時間を増やすために、会社まで電車で15分のところに引っ越しました。」
「9時〜15時(フレックスあり)で時短勤務。第2子が産まれた時に部署移動させてもらい、会社も温かい目で見てくれています。子供が小学生になったら(会社は小学生にあがるまで時短勤務可能)元の部署に移動するつもりだけど、それまでは時短勤務でないと回りません。」
「9時〜17時で時短勤務をしていました。時短勤務は3歳までの会社なので、泣く泣くフルタイムに復帰。皆そうだから仕方ないけど、もう少し子供との時間を持ちたかったというのが本音。」

育休の間に考えておきたいこと

部署を変更したり退社して子供と過ごすことを優先した人、フルタイム勤務で環境を整える選択をした人。本当に様々です。
「自分にとってのベストな選択」を、産休中に考えてみるといいかもしれません。仕事復帰後は、そんな時間も精神的余裕もなくなってしまいます。時間にもゆとりがあるうちに、産後の働き方についてじっくり考えておくことをおすすめします。

まとめ

ママのリアルな声、いかがでしたか?時短勤務の幅は、会社によって様々です。3歳までか小学校入学までのケースが多く、小学3年生まで時短勤務可能としている会社が今回聞いた中では最長でした。
女性の多い職場や、子供に関連するビジネスを行っている会社は比較的長く取れるところが多いようです。
子供とは出来るだけ長く一緒にいたいけれど、時短分は給料カットの会社も多い…となると、時短かフルタイムかは悩むところですよね。これから時短かフルタイムか検討されるママの、お役に立てば嬉しいです。

近藤 さやか

メイクアップアーティスト。アジアで2万人以上の女性を綺麗にし、メディアやイベント、CMなど多数出演経験をもつ。また2000冊以上の本やセミナーから脳科学・心理学、行動心理学などを学び女性を内面、外見共に輝かせるトータルビューティクリエイターとして多方面で活動中。https://ameblo.jp/sayaka-beautyblog