働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

664

働くママなら知っておきたい!育児休暇のポイントを紹介

働くママは仕事だけでなく、育児もしなければなりません。子供がある程度大きくなったら仕事の比率を大きくできますが、子供が生まれたばかりの頃はそうはいきません。仕事熱心な人でも、しばらくの間は育児に専念したいと思うのではないでしょうか。そこで役立つのが、育児休暇の制度です。

今回は女性が働くうえで知っておきたい、育児休暇の制度について紹介します。

ママの疑問。育児休暇って堂々と取得していいの?

ママ 育児休暇

出典:https://pixabay.com/

育児休暇を取得したいけれど、堂々と申請して良いのかと疑問に思う人もいるでしょう。前提として、知っておいてほしい言葉があります。それは、「育児休業」です。育児休業は育児介護休業法という法律で認められているものです。条件を満たしていれば、勤務先に申し出ることで誰でも休業できます。

一方で、「育児休暇」は、法律と関係なく会社が独自に定めたものです。そのため、厳密には法律で認められているとはいえません。たとえば妻が育児休業を取得する一方で、夫も3日だけ育児休暇が取得できる場合などがあります。また、育児休業が終わった後に、年に5回だけ育児のために休むことが認められている場合などもあります。

しかし実際は、育児休暇という言葉を育児休業と同じ意味で使用している会社が多いです。また、育児休業の期間を長くするなど、育児休業の制度を拡張する形で、育児休暇の規則を定めている企業も少なくありません。このように法律で認められている育児休業と同様に考えてよい会社が多く、その場合は堂々と取得して構いません。

育児休暇を取得するための条件とは?

ママ 育児休暇2

出典:https://pixabay.com/

育児休暇を育児休業とは別に設けている会社の場合、就業規則などで定めている条件を満たすことで取得できます。

育児休暇が育児休業と同じ意味である会社の場合は、法律で定められている条件を満たさなければなりません。条件を満たせば、派遣社員やパートなど正社員以外でも取得する権利があります。1人の子供につき1度しか取得できませんが、祖父母など育児を頼める家族と同居している場合でも取得可能です。

基本的に条件は2つです。1つ目の条件は働いた期間であり、1年以上働いた実績が必要です。異なる職場は合算しないので、1年未満の間に転職してきた場合は取得できないことになります。また、子供が1歳になった後も雇用が継続すると見込まれていることも条件です。契約が1年以内に切れることが明白な場合は取得できないので注意しましょう。

育児休暇はどれぐらいの期間なの?

ママ 育児休暇4

出典:https://pixabay.com/

育児介護休業法では、子供が1歳になる誕生日の前日まで取得できることになっています。その期間中であれば、夫婦の間で取得者を変更できます。子供を保育所に入所させようとしたけど待機児童になってしまった場合など、やむを得ない事情がある場合は半年延長することも可能です。

ただし、これらはあくまでも法律で定められた期間です。大企業など福祉が充実している会社では、より長く期間を定めているところも多いです。3年間や小学校入学まで取得できる企業も増えてきました。

育児休暇を取得することを決めたら

ママ 育児休暇5

出典:https://pixabay.com/

育児休暇を取得する場合は、なるべく早く勤務先に申し出ましょう。育児介護休業法では、1カ月前までに申請することが義務付けられています。しかし、早産などで出産予定日は前倒しになることがあります。その場合は、1週間前までに申請すれば認めてもらえます。

申請のための事務手続きを始めたら、同時に進めなければならないことがあります。それは業務の引継ぎです。不在中の業務は他の社員が引き継ぐこともありますし、派遣社員などの代替要員を雇用する場合もあります。誰にどのように引き継ぐのか、上司としっかり相談しましょう。

ポイントはできるだけ早く引き継ぐことです。出産が早まったり、出産前に体調を崩したりして、予定より早く休み始める恐れがあるからです。そうなると、十分な引継ぎを行えず、職場に迷惑をかけることになるので気を付けてください。

まとめ

女性の社会進出が盛んな現代において、育児休暇は非常に重要な制度といえます。制度の内容について知っておかないと、いざというときに困ってしまうかもしれません。今回は一般的な内容を紹介しましたが、具体的な申請方法などは会社によって異なります。出産予定がなくても、事前に調べておいた方がよいでしょう。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事