働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 6320

保育現場で活躍できる「子育て支援員」とは?

保育士の人材不足を解消するために、育児経験を持つ女性に活躍してもらいたいという声から生まれたのが、「子育て支援員」という職種です。主な仕事は、保育士の補助を行うものであり、自分の育児経験を活かしたそのワークスタイルは、子育てが一段落したママからも注目を集めています。

子育て支援員とは

子育て支援員とは、育児経験を持つ女性が、保育現場で活躍できる全く新しい職業です。

その大きな特徴は、保育士の資格を持っていなくても、保育の現場で働けるということ。

子育て支援員は、2015年に国が定めた制度であり、その主な業務内容は、保育現場での保育士の補助です。

子育て支援員として保育現場で働くためには、国の規定に基づいた全国共通の研修を受講することが必要になります。

研修はおよそ20時間程度で修了できるように設定されており、子育て支援に関する基礎知識や技術を学ぶ基本コースと、自分が希望する保育分野の専門的な知識を学ぶ、専門コースに分かれています。

子育て支援員の研修体制

子育て支援員の研修は、各地方自治体によって実施されています。

研修は、2つの種類に分けられており、まずは「基本コース」の受講が必要です。

子育て支援員を目指す方全員が共通して受講する基本コースを、およそ10時間程度受講した後、自分が希望する保育分野の専門的な知識を学ぶ「専門コース」を同じく10時間程度受講することになります。

保育の現場と一口に言っても、保育現場には、保育所や子育て相談窓口、学童クラブなど様々な種類が存在します。

自分が働きたいと考える現場の、専門的な知識を身に着けることができる専門コースは、保育の現場で働いたことのない方にとっては心強いサポートですね。

子育て支援員の専門研修、その内容とは

専門研修は4つの種類に分かれています。

「学童保育コース」では、学童クラブで、支援員として働くための知識を身に着けることができます。

保護者が共働きで、家に大人がいないなどの理由持つ児童に対し、放課後に児童館を開放する「学童クラブ」は、各自治体でもニーズの高い保育事業です。

「社会的養護コース」では、保護者のいない児童を支援する施設で、支援員として働くための知識を身に着けます。

親子交流や、育児相談窓口など地域が運営を行う子育て支援施設で、支援員として働くことを希望する方は、「地域子育て支援コース」、地域が運営している小規模な保育所などでの支援員を希望するなら「地域保育コース」を受講することになります。

子育て支援員として働くことのメリット

子育て支援員として働くことのメリットとして、「資格を取得するまでの期間が短い」ことが挙げられます。

保育現場で働きたいと考えていても、保育に関係する学校に通ったりすることは難しいという方もいます。

また、勉強をするための時間や金銭的な猶予がない、という方であっても、保育の現場に携わることが可能です。

「20時間の研修で、専門的な保育知識が身につくのか」という意見があることも事実ですが、子育て支援員の仕事はあくまで保育士の補助です。

困った際には、資格を持つ保育士の知識を借りることができます。仕事に対してブランクがある方でも、自分が持つ育児経験を活かして社会復帰することが可能です。

自分の経験や知識を活用しやすい環境が整っていることは、仕事のやりがいにも繋がりやすいもの。

また給与面でも、平日フルタイムで働いた場合は、年収200万円が保証されています。

働くからにはしっかり稼ぎたい、というママでも安心してお仕事がスタートできますね。

まとめ

子育て支援員は、自分の知識や経験を活かし仕事復帰したいというママの強い味方になってくれる新制度です。興味のあるママは一度調べてみてはいかがでしょうか。

ママプラ編集部

ママプラ編集部は全員ママとパパ。子供たちと過ごす日常をより面白くしたいと日々考えています。