働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 19416

ママたちが注目する生き方「パラレルキャリア」って何?

ママたちの間で、「パラレルキャリア」という生き方が気になるキーワードにあがってきた様子。自分で複数キャリアを作る「パラレルキャリア」こそ、これからの時代を切り開くママたちの生き方に合いそうな予感です。

本業とは別の世界を持つことこそが、「パラレルキャリア」

JHJH4PS68Lパラレルキャリアとは、経営学者のピーター・ドラッカーが著書の中で紹介したことがきっかけに広まったこれからの社会の生き方のひとつ。簡単にいうと、本業のほかに、もうひとつ別の世界を持つことです。つまり、本業とは別の仕事やボランティアなどの社会活動を両立する働き方、生き方です。
2枚目以降の名刺を持つ、という表現で言うと少しわかりやすくなるでしょうか。人によっては、2枚目以降の活動はそれぞれ全く関係のない分野の活動に複数関わる人もいます。

別の活動というのは、とにかく何でもOK! PTAの役員をしているとか、地域の活動に参加している、というのも立派なパラレルキャリアのひとつです。「本業×社会活動」、「本業×働く」、「本業×学ぶ」、「本業×趣味」なども、パラレルキャリアと考えることができます。本業とは別の世界を持つことで、人生が充実し、本業と別の世界での活動をする中で、双方に生かせそうな出会いや経験を積むことができたり、相乗効果を生むことが期待されます。

キャリアとは、とにかくあなたが辿ってきた道筋すべてのこと

Z6FEXUCKLD

ママの中でよく言われるのが、長期の育児休暇などに入ると「キャリアが途絶える」などという言葉。私もこの言葉に違和感を覚えていた1人でした。
しかし、そもそもキャリアの語源は英語で、馬車が走った後にできるcarriage=轍(わだち)だと言われています。そう考えると、キャリアというのは仕事だけではなく、広義の意味では、今までの人生での経験すべてがキャリアと言えるということになります。人生の道のりを考えると、様々な趣味を経験したり、社会活動に関わったり、社会人としても、家族の一員としても生きてきましたよね。そういう意味では、すべてキャリアなんだと捉えると、今までの経験に無意味なことなどないことがわかります。

本業=育児のママも立派なひとつのキャリアを築いています

QFU7787FCM

本業というと、企業に勤めていたり、雇われていたり、賃金が発生したりする活動のイメージがありがちですが、パラレルキャリアではそうではありません。

本業は、本人がそれを本業と考えていればOK。雇われていてもいなくても、自営業でも、いろいろな人生の選択の末に賃金の発生していない家事、育児、勉学、社会貢献に専念していても、本人が中心的に取り組んでいると考えていればそれは本業と考えられます。そういう意味では、育児をしているママは全員、「キャリア」と呼べるものをすでに持っていると言えるのです!例えばもしかしたら、何気なく始めた育児ブログがきっかけに出会いが広がったり、有名になり本の出版などが実現することもあるかもしれません。賃金が発生していなくても、好きなことや、大変なことでも一生懸命続けていることで、何かがきっかけで収入を得るチャンスが訪れることもあります。

専業主婦で育児に専念しているママも「私は何もキャリアがない」と考えるのではなく、1つ育児というすでに立派な本業のキャリアがあるうえで何かやりたい活動はないか探してみましょう!きっと新しい世界が開けるはずです。

ママだからこそ、パラレルキャリアを楽しもう!

「パラレルキャリア」を築くにあたり、自分の人生を振り返ってみることが大切。育児に忙しくて、今までやりたかったけどできなかったこと、ずっと好きだったけど少し遠ざかっていたことなどはないでしょうか。企業に属しながら働いているママも、本業である仕事や育児が忙しくて、本当にやりたかったことができていないのであれば、休日や隙間時間に少しだけそれを実現する時間をとってみてはいかがでしょうか。

同じママでもあり、パラレルキャリアで頑張る人達が、動きながら、考えながら やりたいことをカタチにするオンラインサロン【Think in Move】のサロンオーナーである浜本晴菜さんからコメントをいただきました。

「私は、ちょうど妊娠している時にオンラインサロンを立ち上げたのですが、この活動のおかげで妊娠、出産で自由に動き回れなかった時も、スマホ一つでサロンのメンバーと繋がっていられることが励みになりました。

産後は孤独を感じたり、育児だけの生活に疲れきってしまうママも多いと思います。育児の合間に自分の好きなことや得意なことを活かして何かをやってみることもパラレルキャリアのひとつ。ママ自身のリフレッシュにもなりますし、育児以外の何かをすることで社会との繋がりを感じられ、もしかしたらそこから新たなキャリアに発展するかもしれません。ママになってもやりたいことを諦めずに、チャレンジし続けられる選択肢のひとつがパラレルキャリアだと思います」

まとめ

いかがでしたか。明日からでも始められる「パラレルキャリア」。忙しい育児や仕事にお疲れのママも自分の好きなことを見つけて、育児や仕事だけでなく自分の「好き」楽しむ時間を作り、毎日を楽しんでくださいね。

脇若 明美

新卒でヤフーに企画職として入社。Yahoo! BEAUTY、TRILLなどのディレクターを経て、現在はウーマンメディアプランナーとして多くの女性向けメディアの企画や執筆に携わる。子供との時間を優先しながら時間や場所に捉われない新しいパラレルキャリアを構築中の1歳の男の子ママ。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事