働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

【働くママ・株式会社ビザスク】ライフステージと共に働き方を変えたママの軌跡

INTERVIEW

Company株式会社ビザスク
Name井無田ゆりかさん
2752

【働くママ・株式会社ビザスク】ライフステージと共に働き方を変えたママの軌跡

産後、職場復帰する女性が増えています。育児と仕事の両立には悩みが尽きませんが、バランス良く両立している働くママがいるのも事実。今回は【株式会社ビザスク】のコンシェルジェ部で部長を務める井無田ゆりかさん(37歳)にお話を伺いました。自身のニューヨーク赴任に旦那さんがついてきてくれた転機もあれば、旦那さんの赴任にママとして帯同し、主婦業に専念した時期も。環境が変わることを恐れず、ライフステージと共にキャリアを描いてきた彼女のスタイルに迫ります。

入社4年目、仕事を辞めてニューヨーク赴任についてきてくれた彼との結婚

IMG_0001

現在、時短勤務で部長職を務める井無田ゆりかさん。
大学卒業後、2003年に入社した外資系証券会社で、監査部に配属されました。

入社時のキャリアビジョンを教えてください。

「今思うと、定年までいるイメージで就職したわけではありませんでした。私は沖縄出身だからか、人生は100歳まで続く長いものという感覚を持っていたんです。そのステージステージで、自分に必要な挑戦をして前に進んで、選択肢を広げていく。人と違う経験を積むことで自分の差別化、ユニークネスを図っていくのがいいのかなと思っていました」

監査の仕事はどうでしたか?

「学生時代は法学部で検察官という仕事を目指していた時期もあり、入社した証券会社でも監査部での採用でした。嫌われ役だけど全体を俯瞰して“正義を貫ける仕事”は自分の性格に合っていましたし、留学経験も生かせました。監査部で新卒採用は初めてだったんですよね。国内だとキャリアの長い人が配属されるので、同期も歳の近い先輩もいない環境。上司たちは教育熱心で、温かく見守ってくれました」

若手のいない部署への異例の配属で、新卒の醍醐味を享受した井無田さん。キャリアビジョンを聞かれた際に「海外で働いてみたい」と希望を伝えたところ、入社3年目にニューヨーク赴任を打診された。当時、交際3か月だった彼氏は証券会社3年目のエリート。別れるか、遠距離恋愛か。そんな月並みな選択肢には縛られず、ふたりは“ウルトラC”な答えを導き出します。

結婚、出産はどのタイミングでしたか?

「私の海外赴任が決まったことで、彼が会社を辞めてニューヨークについてきてくれたんです。2006年の5月に2人でニューヨークへ。夫は『向こうでMBAとるよ』とそこから大学受験を決めて、最終的にはMBAを取得しました。彼が2008年5月に卒業して日本で就職するタイミングで、2人で帰国しました。帰国後は経験を生かして大きなプロジェクトをマネジメントする、リーダーに近い立場に変わりましたね。子供はその4年後、結婚10年目に33歳で出産しました。キャリアを積んで、ある程度のポジションから出産できたので、良いタイミングだったと思います」

主婦業に専念した2年間で見えたもの「就労意欲のある女性は精神衛生上、働いたほうがいい

IMG_0002

子供を認可保育園に入れ、2013年4月に育休が明けて職場に復帰。しかし、その半年後には夫のアメリカ赴任が決まり、退職して家族で渡米します。

10年間勤めた会社を辞めることに不安はありましたか?

「なかったですね。外資は中途が多いですし、社内で長年築いた人脈もあるので、戻りたいと思えば元の業界に戻れると考えていました。
育休から復帰した半年間は8:45〜17:00までの勤務で、主人のご両親が送り迎えをしてくれる週3日は19時まで働いていました。それでも時間的な余裕はなく、業種的に情報管理が難しいので会社以外の場で仕事をするのが難しく、今後の働き方について考えている時期でもありました。」

アメリカでの生活について教えてください。

「家事育児がフルタイムになりました。仕事に比べて子育ては達成感の積み上げが見えづらいんですよね。ずっと働かないでいることには正直、辛さを感じてしまいました。就労意欲のある女性は精神衛生上、働いたほうが絶対にいいと思います。日本に帰ったら、何らかの形で仕事をしたいという決意を持っていました」

主婦業に専念した2年間は、結果として自身の就労意欲、仕事観を見つめ直す時間になりました。2015年7月の帰国後、井無田さんは働くママとして新たなキャリアを描きます。ご主人の紹介が縁で【株式会社ビザスク】に入社します。

働きたいママ”へのアドバイス「好きな仕事をするためにも、夫とのパートナーシップは大切

unnamed (1)

【株式会社ビザスク】での仕事について教えてください。

「ビザスク」は日本最大級の知見のシェアリングサービスで、課題を持つビジネスパーソンと専門的な経験を持つアドバイザーが出会う機会を提供しています。私はクライアントとアドバイザーのマッチングをサポートするコンシェルジェ部のマネージャーとして9時〜17時で働いています。スタッフは、旦那さんの海外赴任についていった女性や離島に嫁いだ女性などリモートスタッフが4名、パートタイムで働いています。
私自身も海外から受注した案件をマッチングする業務も行っていて、前職で監査をした経験も生かされています。スタッフのマッチング状況について1件1件確認していて、通勤途中や帰宅後もメールを確認している時間は長いです。
働き方に柔軟性が許される会社で、場所を選ばず対応できるのが生活に合っていますね。」

時間に制約がある中、また、リモートでマネジメントをするにあたって、気をつけていることはありますか?

みんなが頑張っていることを理解することに重きを置いています。部下が持つ不安や不満は『自分の働きぶりを理解してもらえていない』という悔しさ、悲しさからくる感情だと思うんです。会社にいる時間が短くても、メールのやり取りにはしっかりと目を通します。発言や判断の仕方から、精神状態やレベル感は見えてくるもの。そして、それをフィードバックする。フィードバックはタイムリーであるほど効果的です。その瞬間に、みんなにも私がどういう考えで仕事をしているのかを分かってほしい。細かく私の判断基準を伝え、次に生かしてもらうことを意識しています。」

働くママ、働きたいと考えているママにアドバイスをお願いします。

「働くことが好きな女性は、好きな仕事をやったほうがいいと思います。会社に縛られずに、場所を変えても働けるキャリアを作れるのが理想ですね。
ただし、仕事をするためには家庭で理解を得なければなりません。家族に愛情を注いで理解される環境を作ること、また夫とパートナーシップを築くことは大切です。私は夫が帰ってきたら、なるべく仕事をしないように意識しています。
『スタートアップもいいよ』と教えてくれたのは主人でした。夫の勧めどおり、ベンチャーは結果を出すための「働き方」に対してフレキシビリティーがあると感じています。」

定時退社の部長職で育児を両立する、1日のスケジュール

井無田ゆりかさんの1日のスケジュール

  1. 6:30

     起床
    「自分の身支度をして、朝食を作ります」

  2. 7:30

    朝食

  3. 8:00

    出社
    「会社には9時に到着します」

  4. 9:00~17:00

    仕事
    「週2でベビーシッターを頼んでいるので、その日は19時半まで働きます」

  5. 19:30

    夕飯

  6. 22:00

    寝かしつけ
    「子供が寝落ちしたくらいで、携帯で仕事のメールをチェックします」

  7. 0:00〜0:30

     就寝

井無田ゆりかさんのお気に入り

アイテム

Oisixの献立kit

主人が買ってきてくれました。こういうものが増えると便利でいいなと思います。

スポット

家事代行の【casy

週1で3時間、家事をアウトソースしています。週末の掃除のストレスから解放される。特に働くママは、不得意なこと、ストレスを解決するためにお金を使うという発想を持っていいと思います。

サービス

お仕事体験テーマパーク【kandu

子供も楽しそうにしてくれますよ。


お互いの転機に寄り添い、パートナーの可能性を尊重し合う、ドラマティックなお話を取材することができました。ライフステージごとにキャリアをどう描くかは、働くママにつきまとう永遠の課題。家事や育児が得意なママもいれば、それ以上に「仕事が好き」というママもいます。
働くママの活躍の場は閉ざされていません。井無田さんの言葉は、就労意欲を眠らせている“働きたいママ”の背中を押してくれるはず。
くすぶっているママがいたら、生活に合った働き方を模索してみてはいかがでしょうか。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事